So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

西穂高岳リベンジ![2] [山活]

ロープウェイの駅から30分くらい?
旧ボッカ道の分岐あたりまで来ました。
ちょっと視界が開けます。

小屋が見えてます

小屋が見えてますね!
この辺りから徐々に上りが急になって行きます。

ここから一気に登ります

案内の看板をいっぱいつけてつれてます。
しかも、とっても目立つ蛍光オレンジ。
時々残りの距離とかも書いてくれてます。

案内がいっぱい出てます

後半は結構キツイ上りなんですが...

結構な登り

写真じゃあんまりわからないですよね。
下から見上げるより、見下ろした方が何となくわかる?

上から2
上から1

あんまり変わらないか。^^;


小屋に到着!

小屋に着きました.jpg

なんか、アルプスの少女ハイジっぽい、可愛い小屋です。

なんか可愛い

標高2,367m、西穂山荘です。

西穂山荘

今夜はこちらでお世話になります。
とりあえず受付。

カウンターの端にライチョウさんを発見[揺れるハート]

雷鳥さん

押すと鳴くらしいですよ。うふふ


受付済ませて、寝床やその他諸々を案内してもらったら、不要な荷物を棚に置かせてもらって、再び出発です!
夕飯までに独標までピストンしますよー

独標へ向けて出発

アイゼン付けて出ましたが、上の方は結構雪もなくなっていて、岩場がかなり歩きにくい。
と言う事で、早々にはずしてしまいました。

最初の上りを過ぎると、上はハイマツばやし。

ハイマツばやし

雪の白とハイマツの緑、空の青、なんか、良い感じです[グッド(上向き矢印)]

丸山山頂手前は結構雪が残ってました。
でも、ツルツルではなく、サクサクした感じで歩きやすいです。

丸山は雪が乗ってます


東側の斜面はなんだかこんもりして、ケーキの表面のクリームみたい...[バースデー]

なんか、こんもり.jpg


丸山山頂に到着しましたー

丸山に到着

後ろには笠ヶ岳が。
更に先を目指します!

先に進みます


後ろを振り返ると焼岳が見えます。

後ろを振り返る


右手を覗きこんだら上高地。

上高地をながめる

行きたいトコだらけ[るんるん]


雪が無くなったら、今度はガレ場。
歩きにくいです。

ちょっと休憩で空を見上げたら...

あっ.jpg

あっ

拡大!
↓↓↓
グライダー発見!

グライダーが飛んでます!
キレイ[ぴかぴか(新しい)]

帰ってから調べたら、飛騨エアパーク から飛んで来たみたい。


今度は轟音が聞こえて来ました。

おっ
ヘリコプタでした

県警のヘリかな?
頭の上を飛んで行きましたよ。


お天気は良いものの、風がとっても強い。
風の当たるところにはこんな立派なエビの尾も。

エビ尾さん


独標まで来ました。

独標まで来ました

この辺りの岩場が一番強風でした。
油断するとバランス崩しちゃう感じ。
風速20mだったそうです。
慎重に歩いて、独標下へ。

威圧感...

下から見上げると、結構な威圧感です。

岩場を登って行きますが、〇×が丁寧に書いてあって、危ないルートに行かないようにしてありました。
下から見るよりは距離も短く、集中して登ってると、もう着いちゃったと言う感じでした。

西穂独標登頂!

西穂独標、登頂!
標高 2,701m。

私のヘルメットが傾いているのは、下にかぶってる毛糸の帽子のてっぺんにモフモフがついているから...
耳が寒かったんだもん。^^;


先へ進めば西穂高岳。
あそこまで行きたいところですが...
タイムオーバーで、今日はココまで。

西穂高岳

▼パノラマ写真、クリックで別画面に拡大表示します。
パノラマ


小腹も空いたし、ティータイム。

おやつ

出発前にひらゆの森の朝市で買った草餅とコーヒー。
あまりの強風に、ジェットボイルが3度ほど消えました...


さっ 夕飯の時間までに小屋まで戻りますよ[ダッシュ(走り出すさま)]



--- つづく ---


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 2

akko

middrinnさん、nice! ありがとうございます!
by akko (2018-05-17 11:19) 

akko

空楽さま、nice! ありがとうございます!
by akko (2018-05-18 17:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。