So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

地味でも地元が良いのです。 [徒然]

9日は宵えびすへ。
神戸へ行けば、屋台もいっぱい出てとっても賑わってるんですが、毎年明石の岩屋神社へ。
屋台少ないし、地味なんですが...
なんだかココじゃないと落ち着かない(≧▽≦)

岩屋神社

毎年門の外までズラーッとならんでるんですが、この日は寒かったからか、すっごく空いててスイスイっとお詣り出来ました。

地味だけど、西宮とかと同じように鮪だって奉納されてますよん。

マグロさん

そして、これも毎年お楽しみ。

今年も生姜湯頂きました

生姜湯頂きました[るんるん]



ブルーキャットさんへお詣りのあとは ブルーキャット さんへ。



軽めなお料理とシードルからスタートして...

シードルからスタートして


ガッツリした物も頼みつつ、ワインを飲んで...

白ワイン飲んで

最後は日本酒最後は日本酒。

奈良萬。
奈良だけど、福島のお酒です。
甘味が強いけど、後味すっきり。


シメは粕汁で。

シメは粕汁

蓋付きのお椀って、ご馳走感あって良いですよね。
具沢山で美味しかったです。^^


今年もよろしくお願いします。家に帰って早速玄関に。

今年もよろしくお願いします。
m(__)m





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北八ヶ岳最高峰へ【おまけ】 ‐完‐ [100名山制覇してみる?]

渋御殿湯に到着して、帰り支度。
車はガチガチに凍ってました[たらーっ(汗)]

色々脱ぎすてて、楽ちんスタイルになって、荷物を積み込んで山道を下山[車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]
除雪もしっかりしてあって、来た時より道もツルツルしてなくて、チェーンなしのスタッドレスだけでも大丈夫でした。^^


お腹空いたので、とりあえず腹ごしらえ。
そばきり吉成 でお蕎麦を頂きました。

霜ふり十割そば

寒いので、温かいのを。
蕎麦の種を霜にあてて甘味を引き出したと言う、珍しい 「霜ふり蕎麦」 なるものの十割を頂きました。
天ぷらも追加して[るんるん]

長野で食べるお蕎麦はお出汁が関東風な事が多いのですが、こちらは関西風の美味しいお出汁でした。
蕎麦は細くてキリッとしてて、つるつる。
めちゃうまでした[ぴかぴか(新しい)]
天ぷら別添えなのも◎。
このあと蕎麦湯も頂いて、ほっこり。


食後は諏訪湖畔まで行き、温泉へ。

片倉館

国指定重要文化財、財団法人片倉館 です。

片倉館は昭和4年、生糸で成功して 「シルクエンペラー」 なんて言われていた片倉財閥によって作られたそうです。
こんなに立派な建物ですが、出来た時からお風呂だったみたい。
地域住民のための社交の場だったそうな。

中は外光がいっぱい入るようになっていて、明るくって広々。
浴槽は深め。
底には黒い玉砂利が敷き詰めてあって、なんだかとっても気持ち良かったです。
ステンドグラスもいっぱいはめてあって、ステキ温泉。
近所に欲しい!

八ヶ岳乳業

お風呂上りは八ヶ岳乳業のコーヒー牛乳をぐいっと飲み干し、スッピンのまま次の目的地へ。


せっかくココまで来たので、諏訪大社に初詣。

諏訪大社

御柱、初めて見た!

御柱でっかい

よくこんなの滑らせるわ[あせあせ(飛び散る汗)]


と、お詣りして、参道のお店で味噌や漬物を買いこんで、帰路につきました。


2019年初遠征、天候にも恵まれ、山の中でもですが、山の下でも色々盛りだくさんで、楽しい旅となりました。
この調子で、良い一年になりますように [揺れるハート]


今回の収穫。

バッジ

【左】
まだ残ってた!
2018年、第64回八ヶ岳開山祭のバッジ。
毎年作ってるみたいだけど、去年のはなんだかカワイイ[揺れるハート]
で、見つけたら買うと決めてたのです。^^

【右】
黒百合ヒュッテオリジナル、天狗岳ピンバッジ。
カモシカさんがついてますよん。



さて、2019年はどの山へ行きましょうか。
akko、がんばっぺーーー


--- おわり ---



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

北八ヶ岳最高峰へ【3】 [100名山制覇してみる?]

17:30から、夕飯です。
小屋の中には結構いらっしゃいましたが、皆さん自炊、もしくはテント泊だったのか、夕飯をご一緒したのは半数くらいでした。

夕飯

黒豆や伊達巻など、ちょっとお正月仕様なメニューです。
豚の角煮っぽいのも乗ってました。
おうどんとごはんはおかわりOKでした。

冬場は水不足だから、洗い物を削減のためか、お湯のみは無し。
空いた食器でお茶を頂きます。


まんぷくになったので、この後2階へ上がってしばしうたた寝。
(大部屋も個室も、寝床は全部2階にあります)

19:30、再び1階に集合
この日は年末年始フォルクローレ・ミニコンサートの最終日。
実は私、このコンサートは元日で終わったと思い込んでおりまして、ラッキーでした[ぴかぴか(新しい)]

フォルクローレコンサート

ケーナ奏者の 長岡竜介さん、学生時代からもう三十数年、ずっとここで年末年始コンサートをされているのだとか。
とっても楽しい30分でした。
CDakko、すっかり南米音楽のリズムにやられ、テンション[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
CD買ってしまいました(≧▽≦)

なかなか良いですよ[るんるん]

記念撮影
しっかり記念撮影まで。

ありがとうございました[揺れるハート]


と、ひとりではしゃいでいると、星がキレイと呼ばれまして...

マイナス16度外へ出ると、マイナス16度!
極寒ですけど、意外と大丈夫?

オリオン座がドドーンとデッカク見えました。
満天の星空ですが...
他の星座はわかんない[あせあせ(飛び散る汗)]
ちょっと勉強するかな。



[1月4日]

朝6時から朝ごはん。
前日の夕飯時にお願いしていると、ごはんをお粥に、生卵を納豆にチェンジしてもらえると言う事で、ごはんだけお粥にしてもらいました。
お粥大好き[るんるん]

朝ごはん

写真ありませんが、かまぼこや伊達巻、ごまめなんかが盛ってある大皿がテーブルごとに置いてありました。
お魚はブリ。
お揚げさんに詰め物して炊いてあるのが、すっごく美味しかったです。^^


外が薄明るくなって来たので、支度して、いざ出発!

マイナス19.5度マイナス19.5度。
なんだかだんだんマヒして来ちゃった。
しっかり着込んでるし、無的な気分になっちゃうのかな。

出発しますよー

とりあえず、日の出を見に行きますよん。

中山峠を左へ。

中山峠の夜明け前

この峠を直進すると、しらびそ小屋や稲子湯へ行けます。
ここを越える東西の道は、縄文人も歩いてたらしいです。
縄文人ってば、そんなに歩いて移動してたんですね。


見晴らし台に到着。
日の出を待とうと荷物をおろすなり...

見晴らし台

出ました!
天狗岳も朝日に染まって、ほんのりピンク色。

天狗岳の朝焼け

今日はとっても良い天気ですよー

おはようございます

ピンク色に包まれながら、中山に向けて出発です[ダッシュ(走り出すさま)]

ピンクの世界


ニュウへの分岐を通過。

ニュウへの分岐


中山山頂の手前、ちょっと見晴らしの良い場所がありました。

中山山頂手前より
天狗岳も見えた

北の方に見える山は... 浅間山???
天狗岳が見えるのもこの辺りまでかな?

中山山頂に到着。

中山山頂

森の中にポツーンと立ってて、見逃しそう[あせあせ(飛び散る汗)]


ここからはずっと森の中。

森の中を進む


途中にある展望台。
ぐるっと絶景を見渡せます!

展望台
▲クリックで別画面に拡大表示

槍ヶ岳が見えたから、槍さまのポーズしてみたけど...

槍さまポーズ

写真じゃ山があんまり写ってないね。^^;


オコジョの森を通って...

オコジョの森を通過


高見石小屋に到着!

高見石小屋に到着

ここで、この小屋名物の揚げパンを頂いてティータイムする予定だったのですが...
この日は水汲みのため休業とのこと。
残念!
仕方ないので自分たちでコーヒー沸かして、ちょっと休憩。

その後、小屋の裏手にある高見石へ。

高見石

上に上ると、...

白駒池が凍ってる

白駒池が見えました!
真っ白。
凍ってるのかな...


渋の湯へ下山する分岐に荷物をデポして、丸山へ寄り道。

丸山へ寄り道

ここはそんなに景色は良くないですねー


分岐までもどって、下山開始。

賽の河原を渋の湯方面へ

賽の河原、ちょっと歩きにくいです。
でも...

振り返ると真っ青

絶景ですよん。
空が真っ青[グッド(上向き矢印)]

途中にあるお地蔵さま。

お地蔵さま

寒いから、お地蔵さまもしっかり着込んで、ニット帽をかぶっておられました。


途中の川もガチガチに凍ってた。

川が凍ってる


登山口まで帰って来ました。

登山口に帰って来ました。


橋を渡ると...

雪だるま

ん?
こんなヒト、昨日から居たっけ???



--- 今回のコース ---

【東天狗岳~中山~丸山】
→ ヤマレコの記録はこちら

[1日目]
渋御殿湯 (8:13) 出発 → 八方台方面・渋の湯方面分岐 → 渋の湯・唐沢鉱泉分岐 → 黒百合ヒュッテ → 中山峠 → 東天狗岳 → 天狗の奥庭 → 黒百合ヒュッテ
所用時間 : 約7時間39分 (休憩時間2時間含む)

[2日目]
黒百合ヒュッテ (6:42) 出発 → 中山峠 → 見晴らし台 → 中山 → 中山展望台 → 高見石小屋 → 高見石 → 高見石小屋 → 丸山 → 賽の河原地蔵 → 渋御殿湯 (11:26) 到着
所用時間 : 約4時間44分 (休憩時間1時間02分含む)


--- つづく ---



nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

北八ヶ岳最高峰へ【2】 [100名山制覇してみる?]

黒百合ヒュッテもお正月仕様です。

お正月飾り

気温マイナス6度
気温はマイナス6度。


中に入って、宿泊受付。

上村直己の書

受付横に、上村直美の書が。
同県人、なんだかすっごく親近感が。

泊まりのお客さん、もっといっぱいかと思いきや、意外と空いてた!
個室も空いてたので、お正月スペシャルで個室にしてみた。
と言っても、大部屋と板戸一枚で仕切ってあるだけなのでそう違わないけど... ^^;
着替えや荷物の扱いが楽なのが利点かな。

お部屋の名前が全部動物の巣になってました。
私たちは偶然にも 「おこじょの巣」(≧▽≦)


で、この後ランチの注文を。

メニューがすごい!

山小屋とは思えぬ豊富なメニューで、迷う迷う[あせあせ(飛び散る汗)]
注文を済ませたら、お支払いして食堂で待機。

食堂

お茶とかりんとうのサービスありました。
ごはん前なのに、美味しくって、ついつい食べちゃう。

お茶とかりんとうのサービスあり

行く前から気になってたビーフシチューセットにしてみた[るんるん]

ビーフシチューセット(ごはん小盛)

お肉も野菜もゴロゴロ入ってる!
すっごく美味しいです。
下界のレストランにも勝ってる!!!


腹ごしらえもしっかり出来たので、余計な荷物を置かせてもらって、いざ天狗岳へ。

晴れて来たよ

天気はそんなに悪くないけど、この日の山頂予報は風速20m...
ちょっとドキドキ。

いざっ

完全防備で、出発だっ[ダッシュ(走り出すさま)]

中山峠

中山峠まで来ました。
この分岐を右へ。
ここから稜線歩きです。


雲がすごい勢いで流れてる

山の方、スッゴイ勢いで雲が流れてます。
そして、稜線に出た途端、冷たい風の攻撃が[あせあせ(飛び散る汗)]

来た方を振り返ると...

来た方を振り返る

なんだかハリネズミみたい。

天狗岳のガスもかなり晴れて来て、良い感じ[グッド(上向き矢印)]

天狗岳

風が強いのはツライけど、こんな風紋が見れるのは良いですね[ぴかぴか(新しい)]

風紋がキレイ

あとひと踏ん張り!

風がすごいよー

東天狗岳、登頂!

東天狗岳登頂

標高、2640m。


ダレ?

ダレ???
いやいや、油断したらカラダが吹っ飛ぶくらいの強風で、写真のためにこのフードを脱ぐ余裕はありませんでした[たらーっ(汗)]

ちなみに、フードの下にはバラクラバ付けてますが、ほっぺがはみ出てたらしく、若干しもやけ風になりました。
あと、ゴーグルを用意してなかったので、サングラスかけてたら…
バッキバキに凍って、前が見えず。
やっぱりゴーグル要りますねー。


山頂より赤岳方面を。

赤岳方面

南側もまた行きたいなー


などと悠長な事を言ってる余裕もなく、今回は東より6m高い西天狗岳は断念して、早々に下山する事に。

木もモンスター化しつつありますよ。

モンスターになりかけ

帰りは尾根道の途中から左へ入り、天狗の奥庭経由で。

天狗の奥庭上

だがしかし!
こっちのルート、強風でトレースが消えてる所があったり、岩の間に雪が乗ってて踏み抜きそうになる所がいっぱいで、かなり歩きにくかったです[ふらふら]

歩きにくい!

この日は視界が良かったので、地図とGPSで確認しながら問題なく下りられましたが、ガスの出てる時はちょっと危ないかも?


と言う事で、無事下山しておつかれさま[揺れるハート]

おつかれさま

モンベルカード提示で、500円以内のドリンクサービスでした。
ビールなら350mm缶を頂けますよん。
おつまみは、akko特選干物MIX[ぴかぴか(新しい)]

それにしても、アルコールメニューまで豊富なのですね...

アルコールメニューも豊富

ここは居酒屋か!?


--- つづく ---



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

北八ヶ岳最高峰へ【1】 [100名山制覇してみる?]

お正月休み、八ヶ岳まで雪山登山へ行って来ました。
今回は北八ヶ岳最高峰、天狗岳を目指します[ダッシュ(走り出すさま)]


[1月2日]

朝8時頃に明石を出発。
竜王でアウトレット渋滞にはまるも、それ以外はスイスイで、15時前に無事この日のお宿、渋御殿湯 に到着。
武田信玄とその兵士たちの傷を癒したとされる、天下の霊湯ですよ。

渋御殿湯に到着

お宿の前には登山者がいっぱい。
みなさんこの日に下りて来られて、帰りのバス待ちだったようです。
(お宿の前にバス停があるのです。)


お宿の前の道をちょっと上がって行くと登山口があります。

この先が登山口

明日はココからスタートです。


お部屋へ案内してもらって、ちょっと休憩。
お風呂へ行こうと廊下へ出たら...

窓越しの夕日

凍った窓に夕日が当たってキラキラしてました[ぴかぴか(新しい)]

ここはもう既に標高1880m。
下界よりかなり気温が低いのです。


この日は宿泊客が少なく、温泉は貸切でした。
ゆっくり入れて良かったのですが...

廊下も脱衣場も暖房はなく、お風呂も冷めないようにしっかり板が乗せてありまして、寒いのなんの。
急ぐ事など何もなくとも、常に小走りですよ[あせあせ(飛び散る汗)]

でも、しっかり温まったあとは、全く大丈夫[グッド(上向き矢印)]
さすが、天下の霊湯[いい気分(温泉)]


夕飯は食堂で。

夕飯

この日のメニューは、大根なます、こごみの塩漬け、魚卵の和え物、鯉の洗い、虹鱒の塩焼き、野菜の天ぷら、蕨のお浸し、豚と野菜の寄せ鍋、でした。
ビールも頂いて、まんぷくー[るんるん]

お客さんは全部で5組ぐらい?
お一人様が多いようです。
登山客は私たちだけみたいな???
既に数日泊まっておられるお一人様も。
温泉入ってぼんやり過ごしに来られる方が多いのかな。


ところでこのお宿、館内のあちこちに剥製が。
特に玄関ロビーと廊下の数カ所に設置された大きなガラスケースには、ぎっしり入ってます。

オコジョの剥製

愛しいオコジョちゃんもいっぱい...
(奥に居る恐ろしい顔をしたのはイタチです。実物はそんなに怖くないのですが、角度が悪かったか、怪獣になってました...)

こちらは狸

狸は基本、何かしら小道具がプラスされてます。
この子はサングラスかけて頭に蛇をのっけてる...
サングラスは狸の必需品みたいで、ほとんど全員かけてました。

どんな趣向や[たらーっ(汗)]


この後また温泉に入って、特にする事もないので早々に就寝。


[1月3日]

ちょっと早起きして、お山の支度。
そして、7時から朝ごはん。

朝ごはん

しっかり完食[るんるん]


8時過ぎ、渋の湯登山口へ。

渋の湯登山口

そんなに雪もなかったので、アイゼンなしでスタートしようと橋を渡ったのですが...
渡ってすぐの石段が結構急だったので、やっぱりすぐに付けました。
安心感[グッド(上向き矢印)]


すぐに一つめの分岐が。

一つ目の分岐

黒百合平方面、右へ進みます。


そんなに雪も多くない

思ってたより雪が少ないような?
今年はどこも雪が遅いのかな。


次の分岐でちょっとティータイム。

栗きんとん

前の日にSAで買った栗きんとん[揺れるハート]
美味しゅうございました。


唐沢鉱泉への分岐

ここは唐沢鉱泉への分岐です。
私たちは左手、黒百合平・天狗岳・中山峠方面へ。
ここからは一本道ですが、途中、唐沢鉱泉へ下りる分岐がもう一ヵ所あります。

唐沢鉱泉への分岐ふたつ目

ここはスルーしてまっすぐ登っていきます。


この日は朝からずっと曇り空だったんですが、ちょっと青空が見えて来ました。

晴れて来た


森を抜けると、いきなり現れました!

黒百合ヒュッテ

黒百合ヒュッテ
今夜のお宿です。

とりあえず受付済まして、ランチだよん[るんるん]


--- つづく ---



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雪の六甲山へ [山活]

話はさかのぼりますが...
年の瀬も押し迫った30日、寒波到来で雪を期待して六甲山へ。

ロックガーデン

なんだかカワイイ声がするので、キョロキョロ...

滝見茶屋のタタミちゃん

植木鉢の後ろから、タタミちゃんが出て来た!
ゴハンの時間だったみたい。^^


寒波なハズが、日差しは強くて、ロックガーデンでは暑くてバテそうでした[あせあせ(飛び散る汗)]
色々脱ぎ捨てて、Tシャツで歩きました。

風吹岩

風吹岩に到着すると...

猫!

猫!
こんなところに?

猫いっぱい

なんだかいっぱい出て来たよ...
この時見たのは全部で4匹。
こんな所に自分たちでは上がって来ないよね?
誰かが捨てに来たのかな。
これからもっと寒くなるから、心配です[たらーっ(汗)]


雨ヶ峠でティータイム。
このあたりから結構冷えて来て、道にも雪が。

途中から雪が

川への下りで軽アイゼンを装着してる人が結構いました。
川を過ぎると、七曲りの途中までは雪は全くなく、一軒茶屋の手前のアスファルトだけ、ちょっとツルツルしててキケンでした。^^;

一軒茶屋に到着
まわりもこんな感じ

真っ白[るんるん]
この日は茶屋はお休みみたいでした。


このあと魚屋道を有馬へ下山。
みなさん普通に下りて行かれてましたが、なんだか嫌な予感がしたので、チェーンスパイクをつけてから下りはじめました。

魚屋道に入ってすぐ、水がしみ出してる所が凍ってました。
そこで1グループ立ち往生してました。
他にも数組、ヨタヨタしてるのを見ました。
しかも、とっても寒そうで足元も危ういトレランスタイルの方多数。
みんな天気予報とか見てないのかな???


有馬へ下山して温泉へ...
と思ったら、すっごい行列[がく~(落胆した顔)]
年末年始の観光の方でエライことになってました。
海外の方が多いのかな?
こんだけ入ったら、温泉も成分変わっちゃうんじゃ? と思うほどの行列で、結局お風呂は断念。
グリル六甲 でランチすることに。

年末大サービスでステーキ丼

いつもよりちょっと奮発してステーキ丼[ぴかぴか(新しい)]
本当はカレーを食べたかったんだけど、売り切れだったのです。^^;


そして、お隣のモンベルでコレを買ってしまいました。

有馬温泉Tシャツ買っちゃった

有馬温泉Tシャツ(長袖)。
遠征の時に着て行って、地元愛を見せつけてやるのだっ[グッド(上向き矢印)]



--- 今回のコース ---

【雪の六甲山へ】
→ ヤマレコの記録はこちら

芦屋川駅 (9:07) 出発 → 高座の滝 → ロックガーデン → 風吹岩 → 雨ヶ峠 → 本庄橋跡 → 一軒茶屋 → かんぽの宿 (13:55) 到着
所用時間 : 約4時間48分 (休憩時間50分含む)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019年もよろしくお願い致します。 [山活]

元日。
毎年恒例、初日の出登山へ。

朝5時前に出発し、須磨から鉄拐山へ。

6時過ぎ、山頂に到着。

鉄拐山山頂到着

まだまだですね。
とりあえず、コーヒー淹れて、持ち寄ったお菓子でお茶会。

ちょっと赤くなってきた

徐々に赤く焼けて来ました。

ちょっと雲が出て来た

ちょっと雲が流れて来た...

出るかな?

そろそろかな?

おっ?

出ました!

出ました!

明けましておめでとうございます[晴れ]
快晴の日の出です。

明けましておめでとうございます。


この後みなさんとモーニング食べて帰宅。
そしてこちらも毎年恒例、氏神様へ初詣。

鳥羽八幡神社

ココへ来ないと一年始まらない感じなのです... ^^;

そして実家へ。

今年も御節は兄が出資してくれて、外注。
ご近所の美味しいお店、旬彩和遊 楠 さんのものです。

御節

とってもおいしゅうございました。
感謝 感謝 [揺れるハート]


良い、一年のはじまりとなりました。
本年も、どうぞよろしくお願い致します。



--- 今回のコース ---

【鉄拐山で2019年初日の出】
→ ヤマレコの記録はこちら

須磨駅 (5:26) 出発 → 鉄拐山 → 旗振山 → 塩屋駅 (8:08) 到着
所用時間 : 約2時間42分 (休憩時間1時間11分含む)



nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カキオコ付き山行で天狗山へ [山活]

先々週の話ですが、岡山の皆様と備前の天狗山へ行って参りました。
寒河駅に集合して、いざっ[ダッシュ(走り出すさま)]


登山口は寒河八幡さまの参道から。

天狗山登山口


お参りしてから、スタートですよ。

寒河八幡さまからスタート


案内もいっぱい出ていて、わかりやすいです。

頂上まで1.2キロ


サンキライの実を発見[るんるん]

サンキライの実

赤くて可愛いね。


6合目通過。

6合目


標高は高くないけど、結構しっかりした登りです。

結構しっかりした登り


前山、小天狗に到着。

小天狗


ちょっと雲多めだけど、海の向こうの島まで見える。

向こうの島まで見える

良い眺めです[グッド(上向き矢印)]


山頂に到着して、楽しくティータイム[喫茶店]

山頂でティータイム


下山は三ツ池の西側をまわって。

三ツ池

上から見ると池の色がとってもキレイでした。


下りはちょっとアドベンチャーな感じ?

下りはちょっとアドベンチャー


ジャングルみたいにシダがいっぱい茂ったところや...

ジャングルみたい


岩の道なんかもありました。

岩の斜面も


最後は沢沿いを歩いて、無事下山。
そして、今回一番のお楽しみ?

タマちゃん へ遅めのランチに。

タマちゃん

もう二時半ぐらいなのに、まだまだお客さんいっぱい。
次から次へと入って来ますよ。

私たちも注文を書いてしばし中庭で待機。
3時頃にようやくカキオコにご対面[揺れるハート]

カキおこ

半分ソース、半分岩塩と言うのが定番らしい。
ソースも塩も、いけました!

この後 五味の市 で大量に牡蠣を仕入れて帰宅。


久々に岡山の山友さんたちに会えて、楽しい山行となりました。
またよろしくお願いします[揺れるハート]



--- 今回のコース ---

【備前、天狗山】
→ ヤマレコの記録はこちら

寒河八幡登山口 (10:07) 出発 → 天狗山 → 奥池 → 寒河コミュニティーセンター (14:07) 到着
所用時間 : 約4時間 (休憩時間26分含む)



nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

また伸ばすよ~ [徒然]

大人になってから、ほとんどの年月をショートヘアで過ごしてきました。
が、山登りを初めてからの3年ほどはロングヘアに。
汗や砂ぼこりでバサバサするので、束ねておけてこっちの方が便利なのです。
束ねられたら、山小屋でシャンプーできなくてもへっちゃらだしね。^^;

途中、ヒマラヤ旅行前に15cmほどカットしたのですが、それ以外は全く触らず...
で、おヘソの上ぐらいの長さになってました。
ココまで伸びると、逆にお山での扱いも色々不便な事もあったのですが...
どうせならこの髪を役に立てようと、ちょっとお手入れ頑張って伸ばしてました。

そして先週末、ついにカットしました。

バッサリ

この髪はこちらへ送られます。

NPO法人 JAPAN HAIR DONATION & CHARITY
(通称:JHD&C,ジャーダック)


病気などで頭髪に悩みを抱える子どもたちに、メディカル・ウィッグを完全無償で提供している団体です。

そう。
ヘアドネーションですよ!

ウィッグの材料にするには、31cm以上必要なのです。
私自身も残った髪が束ねられなくなったら不便だし、その分を残せるぐらいの長さになるのを待ってました。
雪山山行の前に、温泉でのドライヤーを考えて、美容院へ相談に。
十分残せますと言われ、切るなら今だ! と、バッサリカットしました。


今回お世話になった美容院は NYNY Mothers パピオス明石店
髪を切るだけじゃなく、送るところまでやってくれるところは無いかと探していたら、見つけました。
以前ずっと大久保店でお世話になっていた事もあり、ココに決まり!
しかも、へアアドネーションカットクーポン もあって、お安かった[グッド(上向き矢印)]


ヘアドネーション、メディカルウィッグの材料にするためには31cm以上必要ですが、その長さに満たなくても寄付出来ます。
その場合はヘアケア剤の開発のための資材や、美容師さんの練習用カットマネキンの材料として転売され、ウィッグ製作費に充てられるそうです。
多少の傷みやパーマ、カラーも問題なし。
もし切られる場合は、ぜひ!


私もまた伸ばしますよ~
美容院行くのが面倒で、「ヘアドネーションです!」 を言い訳にするためじゃありませんよっ
    ↑↑↑
 この言い訳、結構便利。^^;



nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

塩屋でランチ [山活]

軽いハイキング&ランチのリクエストがあったので、お気に入りの塩屋軽々ハイキングへ。

須磨浦道

一の谷から須磨浦道を。
まだちょっと紅葉も残ってました。

ちょっとだけ残ってた

30分ほどで鉄拐山へ到着。

鉄拐山

快晴です[晴れ]

と、ここでオヤツ休憩。
この日のオヤツは懐中しるこ。

おやつは懐中しるこ

パキッと割って、お湯を注いで出来上がり。

パキッと割って


オヤツのあとは旗振り山へ。

こんな看板ついてるの、気付いてなかった…

旗振山を播磨の国方面へ

播磨の国方面へおりますよ。


塩屋の商店街へ下山して、アキラッチ さんでランチ。

ランチ
サングリア
サングリアも飲んじゃった。
ベリーがゴロゴロ入ってて、とってもフルーティー[グッド(上向き矢印)]


そして、いつも会うニャンコさん。
今日は日向ぼっこしてました。

いつものニャンコ

お花屋さんの子らしいです。
お名前はナンデスちゃん。
なんですと!?



--- 今回のコース ---

【鉄拐山~旗振山】
→ ヤマレコの記録はこちら

須磨駅 (9:59) 出発 → 鉄拐山 → 旗振山 → 塩屋商店街 (11:49) 到着
所用時間 : 約1時間50分 (休憩時間15分含む)



nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -