So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

ウクレレ界のレジェンドに会いに!? [徒然]

先週の金曜日、仕事を早退して神戸へ [ダッシュ(走り出すさま)]

大丸でお仲間たちと待ち合わせ。
とりあえず、あいぱく へ。

なんだかちょっと期待外れだったけど...

信玄餅ソフト

とりあえず、桔梗屋さんの 桔梗信玄ソフト+ (500円)を食べてみた。
うーーーむ...
特になんて事はないお味でした。^^;


さて、あいぱくは神戸に出て来るついでに寄っただけで、本題はココからです!
元町から神戸へ移動して、軽く腹ごしらえ。

そして、いざっ!

松方ホール

松方ホールへ [ダッシュ(走り出すさま)]

ジェイクですよ!

この日は ジェイクシマブクロ のライブだったのです。
いつも一緒に頑張っているウクレレメンバー全員集合で乗り込んで来ましたよっ!
頂いた資料には、『ウクレレ界のレジェンド』 なんて書いてありました。
なんだか微妙に恥ずかしいフレーズだ[あせあせ(飛び散る汗)]

7時から約1時間半、ウクレレ壊れるんちゃうか? って感じの熱烈な演奏を聴かせて頂きました。
てか、もはやココまで来たらウクレレでなく、エレキギターとかでも良いのでは???
とか思ってしまうほど激しかったです。^^;
ほんのちょっと、ゆったりしたハワイアン的な曲もやってくださいまして、私としてはそちらの方が感動致しました。

こんな演奏は到底無理ですが、もうちょっとだけ上手になりたいと思った夜でした[るんるん]



nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

北海道はでっかいどー[その4] [100名山制覇してみる?]

[9月23日(日)]

夜中ずっと、えらい嵐でした。
明け方まで風と雨の音が轟々と聞こえてました。

どうせご来光も無理なので、5時前までゆっくり寝ました。
てか、昼寝もしてたのに、良く眠れるもんだ。^^;

朝食

朝ごはんは山菜おこわとカリカリ梅干し。
あと、コーヒー飲んで、甘い物も少し。


まだ雨は降ってるけど、かなり小雨になったし、風もちょっと弱まったので出発準備。
小屋で一緒になった皆さまにご挨拶して、出発!

晴れるかな

太陽が出そうで出ない、微妙な感じ。
そして、一瞬晴れた!

一瞬の青空

青空が広がったのは、これが最初で最後でした... ^^;


でも、風は穏やかで良い感じです。

真っ赤だよ

黒岳からお鉢までの道はなだらかで見晴らしの良い道です。
両側が真っ赤。
チングルマとウラシマツツジがいっぱい。
あと、ツガザクラの緑の葉っぱも混ざってる。
夏にはこの辺り、白やピンクのお花畑になるのかな。
それも見てみたいかも[かわいい]

しばらく歩くと水の音が...

赤石川が見えた

左下に赤石川が見えました。
結構な水量です。


あっ

リスが出てきた!

登山道にリスが出て来ました[グッド(上向き矢印)]

しばし観察...

穴掘りしてた♪

穴掘りしてました。
可愛すぎるーーー[揺れるハート]


お鉢へ出るラストは岩の上り。

お鉢へ出る最後は登り


お鉢平展望台に到着!

お鉢平展望台

って、何も見えない...
微かにお鉢の底の川らしきものが見えるような...???
それに、スゴイ風です!

仕方ないので先に進みましょう。
右手、北鎮岳方面へ。

北鎮岳方面へ

この辺りも風がスゴイのにリスさんが走ってました。
さすがどさんこ、元気だね。


しばらく行くと右手に雪渓が。

右手に雪渓が

これは先日の雪の名残りではなく、万年雪なのかな?


北鎮岳肩の分岐に到着。
標識がぶっ飛んでますよ...

北鎮岳肩の分岐

こんなお天気なので、北海道第二の高峰は諦めて、中岳方面へ。
風のせいか、雪のせいか、浸食されて妙なカタチになった岩がいっぱい。

妙なカタチの岩

歩いていると土の色がコロコロ変わります。
黒、白、黄色...
このあとピンクになったりも。
やっぱり火山なんですねー。

中岳へ

あと、植物の合間に白いウネウネした、枯れ枝のような、ミミズのような物がいっぱい。
時々雪と見間違うくらい。
帰ってから調べたら、ムシゴケと言う高山性の地衣類だったようです。
色々不思議な生物(?)がいますねぇ。


中岳登頂!

中岳

標高、2,113m。
やっぱりガスで何も見えない...

少し先に行くと、中岳分岐が。

中岳分岐

間宮岳、旭岳方面へ。
間宮岳へ行く途中、結構雪が残ってました。

雪が残ってた

ガチガチにはなっておらず、ザクザク歩けます。
スパイクも必要無かったです。


間宮岳、登頂!

間宮岳山頂

って、もうどこの頂きも同じ景色やし...[たらーっ(汗)]
しかも、ココは平で、さらに風がビュービュー。

間宮岳分岐。

間宮岳分岐

旭岳方面へ。

旭岳の上りに入ると、スコリアでザレザレな急登に。
道は無く、ただの斜面...
すっごく歩きにくい!
ただ、ここは風が無かったので助かりました。
ちょうど陰だったみたい。

旭岳東側の雪渓

途中、左側に雪渓が。


大雪山連峰の主峰、旭岳登頂!

旭岳山頂

標高、2,291m。
北海道一、高い山です。

上に出た途端に風!
そして、やっぱり真っ白!
でも、ちょっとお腹が空いたので、ココでオヤツ食べて姿見へ下山。

下山ルートもザレザレです。
東も西も、山肌の感じが富士山に似てます。

下りも景色は全く楽しめず、写真もなしです。^^;

途中から、シュボシュボ大きな音が聞こえてました。
噴気音かな? と思ったけど、ガスで全く様子がつかめず...
ほぼ下りきった所でやっとボンヤリ見えました。

地獄谷の噴気

地獄谷。
噴気が上がってる以外、なんだか良くわからないけど。

そして姿見ノ池。

姿見ノ池

ぼんやりバスクリン色が見える... かな?


旭岳石室までおりました。

旭岳石室

ここまで来たら観光の皆様がいっぱい。
ソープウェイの駅までおりる途中...

姿見の紅葉

すっごい紅葉してました!
ココが一番キレイかも???

ここにもシラタマノキ

ここにもシラタマノキがいっぱい。
白い実がカワイイ[揺れるハート]


ロープウェイの駅に着きました!

ロープウェイの駅
姿見駅

ココはちょっと狭いので、お買物だけして下へ。

ナキウサギを捕獲

私はナキウサギを捕獲しました[グッド(上向き矢印)]


大雪山旭岳ロープウェイ で山麓駅まで下りてランチ。

鴨天そば

鴨天そば。
だけど、実は鶏天そばだった!
美味しかったから良いけど。^^;


この後、回送して頂いていたレンタカーを受取り、旭山温泉でスッキリ汗を流して、千歳へ帰還。
レンタカーをお返しして、お店の方にゲストハウスまで送って頂きました。
感謝 感謝[るんるん]

千歳でお世話になったゲストハウスは Air Hostel Lcc です。
荷物が多い&出発が早朝なので、空港までタクシーで移動出来る場所で探しました。
思ってたよりとっても立派でビックリ。
あと、キッチンが広い!
そして、スタッフの皆さんとっても良い感じです。^^

夕飯はジンギスカンと決めてたんだけど、行きたかったお店が意外と遠かった!
で、お宿のお兄さんにおススメを教えてもらって、いざ夕飯へ[ダッシュ(走り出すさま)]

教えてもらったお店へ行くと満席。
でも、姉妹店でも同じメニューを頂けると言う事で、そちらの席をとって頂きました。

焚火屋

焚火屋 さん。
おしゃれな焼肉屋さんでした。

ジンギスカン♪

念願のジンギスカン[グッド(上向き矢印)]

ジュージュー♪

お手頃価格で、めっちゃ美味しい!
ラム肉もジューシーで臭みも無いです。
実はこの前にラム塩タンも頂いたんですけど、そっちもめちゃウマでした[ぴかぴか(新しい)]



[9月24日(月祝)]

朝6時すぎ、お迎えに来てくれたタクシーに乗って新千歳空港へ。
6:30にカウンターが開くのを待ってチェックイン。
始発の便で、羽田経由で伊丹まで帰還しました。

朝早すぎて空港でもほとんどお買物できず[もうやだ~(悲しい顔)]
大好きな 佐藤水産 もまだ開いてなかったので、せめて朝ごはんだけでも...

朝ごはん

と、空弁 「帆立うにめし」 を買って飛行機の中で頂きました。
やっぱりうまい[揺れるハート]


正午頃、無事関西へ帰還致しました。


今回収穫したお山のバッジ。

バッジ

左:黒岳石室、右:旭岳。


私の百名山バッジコレクション。
左側にやっと一個、入りました~

9個め

これで9座め。
次でやっと二桁突入だよん[るんるん]



--- 完 ---



nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

北海道はでっかいどー[その3] [100名山制覇してみる?]

七合目の森林管理署事務所で登山届を出して、テラスで雨具を着て支度してたら...
足元をシマリスさんが走り抜けてった!
こちらから近付いて行くと、だいたい1mくらいをキープする感じでちょっとずつ離れて行っちゃいますが、知らん顔してる分にはただの障害物扱いのようで、結構足元をウロチョロ通り抜けて行きます。
ホントにカワイイ[揺れるハート]

テラスに荷物をデポさせて頂き、二年ほど前に出来たところだと言う 『黒岳カムイの森のみち』 を散策。

黒岳カムイの森のみち

この道は観光の方でもリフトを上がって来て山の景色を楽しめるようにと作られたようです。
スニーカーでも楽に行けるように、しっかり整備されています。

ゴール地点は、あまりょうの滝が見える展望台。

あまりょうの滝展望台

ここへ出た途端、風がスゴイ!
滝もそこそこに、引き返しました。


事務所まで引き返し、荷物をピックアップして、いざ出発です!

登山道は歩きやすい

黒岳の登山道はよく整備されていて歩きやすいです。
海外からの観光客らしき人は、パンプスっぽい革靴にスプリングコートとデニムで歩いてました。
下山して来る時にすれ違いましたが、雨に降られてコートはビショビショでした。
もうちょっと気温が低いと、かなりキケン。^^;

ナナカマドが所々真っ赤になってました。

所々真っ赤に
所々真っ赤に

今年は8月末に初雪が降ったので、紅葉になる前に傷んでしまった植物が多かったようで、紅葉もイマイチなのだそうです。
確かに、ナナカマドも葉が枯れてしまっている木が多かったような?


8合目手前あたりで、ナキウサギを発見!
すばしっこくて、写真は撮れず...
ちょっと大きなハムスターって感じのサイズ。
お尻がコロッと丸くって、走って行く後ろ姿がなんともキュートでした[揺れるハート]

この辺りを歩いていると、姿は見えないけど茂みの中から声はいっぱい聞こえてました。
ピーピーと、鳥のような高い声です。
残念ながら、今回お会いしたナキウサギさんはこの一匹だけ。
また会いに来たいな...


マネキ岩が見えて来ました。

マネキ岩が見えた!

と思ったら、上からガスが流れて来た...

上からガスが

見えなくなっちゃった[たらーっ(汗)]

真っ白になっちゃった

黒岳登頂!

黒岳山頂

標高、1,984m。
上に出た途端、えらい風です。
皆さんヨタヨタしています。

黒岳石室への案内。

石室への案内

風がスゴイので、とっとと行きましょう!

黒岳石室へ

この下りを歩いていると、何度も風にカラダを持って行かれそうになりました。

日帰りの方かな?
ここを下り初めて、「今日はやめておこう」 と何人か引き返して行かれました。

石室が見えて来ました。

石室が見えて来た!

右手を見ると、ウラシマツツジやチングルマがキレイに紅葉していました。
お天気良ければもっとキレイなんでしょうねー

桂月岳方面

最初は真っ直ぐなガレガレな下りですが、最後はクネクネした岩の階段です。

風がスゴイよー

お昼前、石室に到着!

黒岳石室に到着

左、扉が開いてる所が受付兼売店です。

黒岳石室
美女歓迎!?

美女歓迎!?

この小屋は夏の間だけ管理人さんが常駐していて、飲み物やグッズの販売、シュラフの貸し出しなどをしてくれています。

水場は無いのですが、小屋の右の方にある黄色いタンクに雨水が溜めてあって、必要であればそれを分けて頂けます(煮沸すると飲めます)。
その向こうにある小屋はバイオトイレ。
出発前にオーバーユースで使用不可と聞いていたのですが、直前にメンテが入ったとかで使えるようになっていました。
助かった!

小屋の利用料は、レンタル毛布代、バイオトイレの協力金込で2,000円。
シュラフをお借りする場合にはプラス1,000円必要です。

ちなみに、今年は9月24日で管理人さんの常駐期間は終了だったようで、バイオトイレも閉鎖されたそうです。
避難小屋としては利用できるそうです。


売店ではアルコール飲料やお水、ジュースなどと、グッズが少々売られています。

売店


ここが居室の入口です。

ここがお部屋

内部は土間で、板間が二段になっています。

室内

照明は夕方から20時までは点けてくれます。

受付を済ませると管理人さんがココへ案内してくれて、好きな場所を選ばせて頂けます。
※ 空いてる時のみ。
「ココにします!」 って言うと、毛布を置いてくれます。
毛布は下に敷いても、上からかぶってもOK。

私は出入りしやすいように一階にしたので、下からの冷気対策で下に敷きました。

私の抜け殻

夜にかけて、結構冷えます!
私のシュラフはリミット-2度ですが、上下ダウンにダウンのテントシューズを履いてちょうど良いぐらい。


到着直後から風雨が強くなってきたので、午後の予定はキャンセルに。
のんびりランチタイムしました。

ランチ

カレーメシにとろけるチーズをトッピング[るんるん]
あとは、前日にルタオで買った、チーズクリームがいっぱい乗ったパンに、バナナ。
時間がありあまってるのを良いことに、食べ過ぎた[ふらふら]

そして、お昼寝[眠い(睡眠)]


夕方起きて、売店横の談話スペースへ移動。
管理人さんがストーブつけてくれたので、ぬくぬく晩酌開始[るんるん]

晩酌

最初はビール。
昨日コンビニで買ったチーズや漬物をつまみながら。
そして、焼酎のお湯割りでポカポカ。
〆は ビビンバ
ゆで卵トッピングで[るんるん]


明日は晴れるかなぁ?
とりあえず、風と雨がもうちょっとマシになってくれると良いけど...


--- その4へつづく ---



nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

北海道はでっかいどー[その2] [100名山制覇してみる?]

夕方に層雲峡へ到着。
とりあえず、コレだけは見ておいた方が良い?
と、お宿を通りこして小函へ。
駐車場に車をとめて...

銀河の滝

銀河の滝を見て...


流星の滝

流星の滝を見て...
観光おしまい。
寒いですっ[あせあせ(飛び散る汗)]


今夜のお宿に到着。

ペンション銀河

層雲峡温泉ペンション銀河 です。
オーナーが面白いお宿です。

飲み物などは持ち込みOKなので、明日から必要な諸々を揃えがてらコンビニへビールを買いに[るんるん]

夕飯

北海道へ来たら、やっぱりサッポロ CLASSIC を飲まなきゃね!

夕飯のメニューは、ニジマス、ホタテ、甘海老、鴨、キノコ、山菜...
すっごく美味しかったのに、お腹いっぱいで残しちゃった[ふらふら]


明日からいよいよお山です。
が...
天気予報が微妙。

明日は夕方から雨。
山頂の風速は13m。

明後日は終日曇り。
山頂の風速は8~9m。

層雲峡からの登山道は現在通行禁止らしく、ロープウェイスタートです。
風で動かなければ、ちょっと考えなくてはいけません。

どうなる akko [exclamation&question]

とか言いつつ、朝が早かったので、荷造りしたらコテンと爆睡してました[眠い(睡眠)]


ところで...

荷物前からの懸案事項であったザックのサイズが、ここへ来て笑える事に。

35Lのザックに、シュラフ、防寒着、雨具、着替え、バーナー、食器、念のためのスパイクなどなど、何とか工夫して詰め込んではみたものの、食料があふれまして...

やっぱりもうちょっと余裕のあるサイズのが必要ですね。^^;



[9月22日(土)]

この日はお昼に小屋に着けば問題ないので、スタートはちょっとゆっくりめ。

朝食

朝ごはんも美味しい[るんるん]
豪華じゃないけど、良心的でホントに良いお宿でした。

今回は黒岳~旭岳へ縦走予定なので、あーすワン・ワンの山岳スキップ へ車の回送をお願いしました。
お宿にレンタカーを預けて、いざ出発[ダッシュ(走り出すさま)]


ロープウェイ乗り場のすぐ下、層雲峡ビジターセンター へ寄り道。

層雲峡ビジターセンター

ひえ~[あせあせ(飛び散る汗)]

クマ!入るなりクマが!

このポーズがまたコワイってば[あせあせ(飛び散る汗)]

上では絶対お会いしたくないです...

どうせお会いするなら、こちらのチームの面々とお会いしたい。

小動物たち

奥の部屋に居たエゾシカは、なんだかイケメンでした。

イケメンのエゾシカ


ではでは、ロープウェイに乗りますよ。

大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイ

大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイ、山麓駅です。

ロープウェイ

コレで五合目まで上がります。

五合目到着

五合目の気温は、8度くらい?

ようこそカムイミンタラへ[グッド(上向き矢印)]

カムイミンタラへようこそ!

カムイミンタラとはアイヌ語で、カムイ=神、ミンタラ=庭、だそうです。
大雪山は神様のお庭なんですね。

ロープウェイでご一緒した方々はほぼ観光の方でした。
日帰り登山の方は、もっと早い便で上がられたみたいです。


なんだかお天気もイマイチなので、先を急いで七合目までリフトで上がっちゃう事に。
リフト乗り場へ向かう途中...

エゾオヤマリンドウとシラタマノキ
シラタマノキ

エゾオヤマリンドウの花と、シラタマノキの実を発見。
リンドウはまだ蕾みたいだったけど、葉はちょっと枯れかけ。
先月の寒波にやられちゃったかな?
その足元にはチングルマが紅葉してました。


ペアリフトの乗り場に到着。

ペアリフト乗り場

なんかキレイ。

動いてます

風強めだけど、動いてます。

紅葉してますね。

ゆっくりリフトで七合目まで。
黒岳の山肌が紅葉して、キレイでした。

が、途中から小雨が。
予報より早く雨が降り出しちゃいました...[雨]


七合目に到着。

七合目到着

お天気はイマイチだけど、視界良好[グッド(上向き矢印)]

と、ウロウロしてたら足元に...

エゾシマリス

エゾシマリスです[揺れるハート]
七合目、リスさんいっぱいいました。
可愛すぎます~[ハートたち(複数ハート)]


--- その3へつづく ---



nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

北海道はでっかいどー[その1] [100名山制覇してみる?]

9月のシルバーウィーク、山旅の予定を入れていたのですが諸事情によりキャンセルに...
で、せっかく行く気満々になっていたので、別のお山へ行こうと再考。
連休で日数もあるし、普段なかなか行けない場所へ行こうと言う事で、本州よりも一足早く紅葉真っ盛りな北海道は大雪山へ行く事に。

諸々手配を終えて気分も盛り上がって来た9月6日、北海道胆振東部地震発生。
嵐を呼ぶ女 akko、震災まで引き起こしたか!?
とか言われてちょっとあきらめかけましたが、目的地周辺は停電以外の被害はゼロとの事で、決行決定!

が、今度は出発直前に旭岳初冠雪のニュースが!
更に、宿泊予定の小屋にあるバイオトイレが使用出来なくなったとか、諸々アクシデント発生で、またまた何かしら引き起こしてしまいそうな不安を抱えながらの出立となりました。

嵐 (トラブル?) を呼ぶ女 akko の運命は如何に!?

-----

[9月21日(金)]

ギリギリに決めたので、土曜の便はもう夜しか空きがなく、金曜にお休みを頂いて一日前倒しで出発。
早朝に明石を出て、伊丹で車を預けて空港へ。

ANA

今回は往復ANAで、伊丹⇔新千歳です。
さすがに連休、しかもギリギリにとろうとしたらお値段が高く...
マイルでおさえたら、一番便利な旭川発着便はもう残席が無く、新千歳発着となりました。

搭乗待ちの間に朝ごはん。
お店を覗いたら...

明石、がんばってます!

明石蛸[ひらめき]
明石、頑張ってます。
みなさん、買ってね!


11:00前、無事新千歳着。
たびらいレンタカー から予約していた ホンダレンタカー で車を借りて、いざ出発!

出発して1分、最初の目的地に到着。

ドレモルタオ

ドレモルタオ (Doremo LeTAO) です。
実はレンタカーを予約したら、お菓子引換券を頂いたので[グッド(上向き矢印)]
この旅最初で最後のオシャレスポット(?)です。
ついでにお山で食べるオヤツも仕入れて、今度こそ本当に出発です。[車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]


と思ったけど、もうお昼だからランチしてから出発することに。

レンタカー屋さんでご近所ラーメン屋さんMAPを頂戴したので、その中の気になるお店へ。

iori

イオリ (IORI) です。
明るくおしゃれな内装です。
お店に入るなり、香ばしい美味しそうな香りが。

一番定番らしき味噌ラーメンとチャーハンを注文してみました。

味噌ラーメン

スープがなんだか香ばしい!
味の濃さも良い塩梅です。
麺は黄色い玉子麺で、しっかりしてます。
ちょい硬め。
おろし生姜も良くあいます。
チャーシューは赤身であっさりですが、この下に脂身多目な小さな角切りチャーシューも入れてあって、バランス良いです。
すっごく美味しい!!!


チャーハン

炒飯はあっさりシンプル。
懐かしいお味で、モリモリいける感じ。

お店に入ったのが12時前。
私たちが入ってすぐ満席になって、食べ終わって出る時には並んでました。
わかる!
美味しいもんね。
私も近所にあったら通うわ。


満腹になって、今度こそ本当に出発ですよー[車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]


千歳インターから道央自動車道で旭川北まで。
途中、岩見沢SAで休憩。

北海道ソフトクリームフェア をしていたので、食べてみました。

ベイクド・アルルの生ミルクソフト

岩見沢SAのソフトクリームは、ベイクド・アルル の生ミルクソフトでした。
個人的には輪厚PAのトンデンファームのソフトクリームがとっても気になりましたが...
これもとっても美味しかった!


午後3時、モンベル大雪ひがしかわ店 に到着。

モンベル

飛行機だとバーナーのガスを持ち込めないので、携帯トイレ共々こちらで調達。
ロープウェイの売店でも少し売られてはいるみたいなんですが、ちょっと不安なので。
さすが北海道、スキー用品の品揃えがすごい!
私が良く行くお店には、スキー板とか置いて無かったような???


ここから車で約15分。
前から来てみたかった 旭山動物園 へ寄り道[るんるん]

旭山動物園


西門から入って、まずはぺんぎん館へ。

キングペンギン

地上のプールサイド、キングペンギンが整列してた。
水中トンネルへ移動して、泳いでる姿を観察。

水中トンネルで観察

空飛ぶぺんぎんさんと戯れる私。

戯れる私


すぐ向かいのあざらし館へ移動。

覗かれてる?

ん?
なんだか覗かれてる?


お隣のほっきょくぐま館へ。

今日はプールに飛び込む気分じゃないの

プールにダイブするような気分ではないそうです。

階段上がって、上から覗き見。

上から覗き見

おめめが可愛いねぇ。


そして向かいのもうじゅう館へ。

大きなネコ

でっかいネコ、このちょっと前までヘソ天で寛いでましたよ。


オオカミの森へ行くと、人がいっぱい居る柵のすぐそこに普通にいました。

大きなイヌ

野生を感じないからか、普通に犬っぽい...


エゾシカさんたちはモグモグタイムでした。

モグモグタイム

お尻が[黒ハート]で可愛いのは、普通のシカと変わりませんね。


旭山動物園、こじんまりでなかなか良いです!
満足、満足[るんるん]

では、今宵の宿泊地へ向けてまたしばし走ります。[車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]



--- その2へつづく ---



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

大山キャリーダウンボランティアへ初参戦!(後編) [山活]

この日は寿庵さんの別企画が入っており、ご参加のみなさまが朝から集合。
大山寺阿弥陀堂 へ行かれると言う。
冬季以外は毎月18日に一般公開されているそうですが、それ以外は特別に申請していないと内部は拝見出来ないお堂です。
寿庵さん、住職、イベント関係者の皆様のご厚意で、一緒に阿弥陀堂までお供させて頂ける事に。



9:30頃、傘をさして出発!

佐陀川も濁流に

降り続く雨に、佐陀川もえらい流れになってます。
屋久島を思い出す...


橋を渡って...

夏山登山道

スタートは夏山登山道を。


途中から僧兵コースへ

途中から僧兵コースを進み、阿弥陀堂方面へ。


阿弥陀堂に到着

階段をあがると阿弥陀堂です。

こちら、大山寺に現存する最古の建物だそうです。
創建は平安時代ですが、亨禄2年(1529年)の山津波で倒壊し、天文21年(1552年)に再建されました。
他のお堂の廃材を利用したとかで、柱は丈のわりにとっても太く、ところどころ修繕した跡が。


お堂の中でお話を聞く

中には照明はなく、住職が懐中電灯で照らしながら色々ご説明くださいました。


木造阿弥陀如来坐像及両脇侍

ご本尊の阿弥陀如来坐像。
向かって左は勢至菩薩立像、右は観世音菩薩立像。
大仏師良圓の作です。

お堂も仏像も、国の重要文化財です。



寿庵さんのイベントへご参加の皆様とはココから別行動。
お堂から出ようとしたら、ご住職が声を掛けてくださいました。

  お時間があれば、ちょっと寄り道して行かれませんか?

で、案内して頂いた先は、先ほどの阿弥陀堂から少し下がったところにある 圓流院

圓流院

今は諸事情により一般拝観はしておられません。


中に入ると正面にご本尊の地蔵菩薩さまが。

ご本尊

なんだか衣が鮮やかで、柔らかい印象の仏様です。

そして天井に目をやると...

水木しげる先生の天井画

水木しげる先生の妖怪がいっぱい!
その数110枚。

うち2枚は...

阿弥陀浄土

阿弥陀浄土図と、


補陀落浄土

補陀落浄土図で、残る108枚が妖怪たち。


中心に描かれているのは大山に住んでいると言う烏天狗。

烏天狗


もちろん、鬼太郎やお父さんもいますよー

鬼太郎


私には他人とは思えない猫娘も[揺れるハート]

猫娘



大変お世話になったご住職にお礼を言って別れ、私たちは大山寺の本堂へ。

登山道を進む

登山道だけど、このコースはゆったりしてます。
雨に濡れて緑がキレイです。
お花もいっぱい咲いてました。


オオカニコウモリ

これはオオカニコウモリの花(蕾?)。
カニコウモリって、葉が蟹みたいな、蝙蝠みたいなカタチをしてるんですよね。
葉の写真をしっかり撮ってくれば良かったな。


ヤマジノホトトギス

これはヤマジノホトトギス。


ツリフネソウ

こちらはツリフネソウです。

写真はありませんが、他にもミゾソバやミズヒキ、ソバナなんかが咲いてました。


大神山神社奥宮

大山寺本堂と大神山神社奥宮をまわって、御朱印を頂きました。

大山寺、1300年記念のご朱印こちら、大山寺の御朱印。
右上に 「開山1300年」 の印が入った、開山1300年記念バージョンです。
平成30年11月30日まで頂けるそうです。

大神山神社の御朱印こちらは大神山神社の御朱印。
1300年記念の物は特にないそうです。

とあるサイトに、こちらの神社で御朱印帳を買おうとして、 「御朱印帳を見せて頂けますか?」 とお願いしたところ、「お見せできません」 と言われた... と書いてあるのを見たのですが、ちょうど私の後の方が 「こちらで売られている御朱印帳を拝見できますか?」 とたずねておられました。
答えはやっぱりNO。
なぜかしら???
デザインで決めるなんて罰当たりな事をしてはいけませんと言う事かな。^^;

ちなみに、今現在売られているのは、烏天狗と紅葉の模様の物らしいです。


お寺からもどって、大山館(大山食堂?) でお昼ごはん。

おこわ定食

おこわ定食です。
栗や銀杏がいっぱい入ったおこわとお蕎麦。
お蕎麦は温・冷、選べます。
おこわもお蕎麦も美味しかった!

通常1500円のところ、今なら開山1300年記念価格、1300円ですよ~


と、キャリーダウンが中止になったのは残念でしたが、一泊二日で雨の大山を堪能致しました[グッド(上向き矢印)]


nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

大山キャリーダウンボランティアへ初参戦!(前編) [山活]

大山の山頂(弥山)にある避難小屋には、自然エネルギーで浄化槽を稼働させて浄化、循環する、とってもエコな水洗トイレが設置されています。
ここに溜まった汚泥を運び下ろすため、年に一度 (無い年もあり)『汚泥キャリーダウン』 イベントが実施されており、今年は9月9日に予定されていました。

 第8回大山(だいせん)頂上トイレ汚泥キャリーダウンボランティアについて (鳥取県HP)


今年は大山が開山されてから1300年の記念の年です。
これはもう、参加するしかありません!


と、張り切って岡山の山友の皆さまとキャリーダウンボランティアに応募したのですが...
残念ながら大雨予報で中止に。

新見市より参戦の小学生T君をピックアップするため車を走らせている道中に知らせを受けたのですが、岡山市内より参戦の皆さまももう既に出発済との事。
せっかくだから懇親会だけでもと言う事で、大山に集結致しました。


場所はいつもの ゲストハウス寿庵 さん。

あっ

田中陽希さんのサイン

食堂にアドベンチャーレーサーT氏のサインが!
1枚増えてる...
そういや、先日放送された グレートトラバース3 日本三百名山全山人力踏破5「大縦走!中国山地&六甲山」 に、チラッと寿庵さん映ってましたね。^^


夕方になってかなり涼しく(寒く?)なって来たので、豪円湯院 でしっかりあったまって、寿庵さんのキッチンをお借りして夕飯準備。

すき焼きパーティー

新見に寄ったついでに JAあしん で仕入れて来た千屋牛でスキヤキパーティーです。
お肉美味しい[ぴかぴか(新しい)]

キャリーダウンが中止になった事で、この日の宿泊もキャンセル続出。
ほぼ満員予定が、私たちを含めて7名の宿泊者のみとなりました。
そんなこんなで、みんなでワイワイ遅くまで盛り上がり、翌朝もゆっくり起床。


朝食はマフィンサンド。

朝ごはんはマフィンサンド

具は、ハム、チーズ、ポテサラ&たまごサラダ。
キュウリも用意してたのに、家に忘れて行きました...
昨日のスキヤキで残ってた玉子で玉子焼きも。

コーヒー飲んで、まったり。
さて、今日は何をしましょうか???


--- 後編へつづく ---



食堂に飾ってあったので、購入しました。

復興支援てぬぐいあります!

7月の豪雨で被災した倉敷のゲストハウスを支援するための、復興支援てぬぐい。
スポンサーになった各地のゲストハウスの名称 (ロゴ) が入ってます。
画面じゃなかなか上手に出ないかも知れませんが、とってもキレイな赤色です。
なんだか可愛くないですか? ^^
1枚1800円。
全額、倉敷のゲストハウス再建に使われるそうです。




nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ウクレレ発表会でした。 [徒然]

今年もお世話になっている岡本一門の発表会(夏の部)へ、ウクレレ担いで参加して来ました。


まずは、会場の隅で出店準備。

出店準備中

メンバーのひとり、パティシエールのVさんがお菓子を並べてます。
その横に、akko 作のウクレレストラップもちゃっかり並べてます[るんるん]


今回はトップバッターで頑張りました。

トップバッターでした


と言う事で、開幕30分も経たずにこんな感じ...

ホッとひといき


そしてお昼には豪華弁当を頂いて、ワイワイと...

お弁当

と、飲んで騒いで終了しました。^^;



後日、反省会。

打ち上げしました

反省してるのか!?

性懲りもなく、なんだか色々やらかそうとしている私たち。
頑張って練習せねばっ!




nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

塩屋ランチ [食いしん坊バンザイ -神戸編-]

夏休みの最後、最近お気に入りの塩屋へランチへ行く事に。
塩屋、狭い路地に色々お店が点在してて、面白いのです。

せっかくなので、須磨から少しだけお山を散歩して塩屋を目指しました。


まずは鉄拐山。

鉄拐山

この日は秋のような気候で全然暑くなく、山頂も爽やかでした。


そして旗振山を過ぎて、須磨山上遊園を通って塩屋へ下山。

須磨山上遊園


カレーが良いかな~
オムライスが良いかな~

なんて思いながら歩いてたら、古い集合住宅の1Fになにやら看板が。

こんなところにカフェがこんなところにカフェが!
しかも2Fって、普通の住宅では???


階段をあがって行くと...

TRUNK-DESIGN

ありました。
TRANK DESIGN

ドアを開けると、中は2件くらいぶち抜いてあるのかとっても広々でした。
そして、オシャレ。
外からのイメージと全然違いました。

入ってすぐの2部屋はレジと物販。
食器や調味料、雑貨など。
地元の名産品を中心に、こだわりのアイテムが並んでいます。
色々欲しくなって、キケン。^^;

奥の一番大きな部屋がカフェになっています。
相席の大きなテーブルがドンと中央に置いてあり(8席ほど?)、窓のある壁面にはカウンターとゆっくり座れるソファー(2人用)が2つ。
風が通りぬける、良い感じのスペースです。


壁には大きな黒板があって、おススメなんかが書いてあります。

おススメメニュー


私はパスタセットを頂きました。

パスタランチ

サラダ、パスタ、パン。
どれもとってもシンプルですが、なんだか美味しい。
サラダも塩とオリーブオイルだけみたいだけど、なんだか美味しい。
素材が良いのでしょうね。

飲み物付きドリンクも付いてます。
コーヒーも三種類くらいからお豆を選べます。


黒板に気になる物を見つけたので、お願いしてみました。

味噌ジェラート

味噌ジェラート...

甘じょっぱくて、好きな味でした。
ちょっとチーズっぽい風味がします。


ゆーっくり過ごして外へ出たら、ネコが落ちてました。

商店街のネコ

風通しの良い、どっかの店先。
カギシッポをビビビと振る姿が、とってもキュートでした。
顔はちょっと、鼻クソ顔ですけど... ^^;



--- 今回のコース ---

【須磨~鉄拐山~塩屋】
→ ヤマレコの記録はこちら

須磨駅 (9:58) 出発 → 鉄拐山 → 旗振山 → 塩屋 (11:10) 到着
所用時間 : 約1時間12分 (休憩時間06分含む)


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

おこ女会、第1回遠征企画 『初めての百名山 木曽駒ヶ岳』 後編 [おこ女会]

中岳山頂でゆっくりティータイムして、下山開始[ダッシュ(走り出すさま)]

下山開始


お昼が近付くにつれ、徐々にガスが出て来ました。

ガスが出て来た

ホテル千畳敷がガスの中に薄ら浮かび上がって、ちょっとラピュタっぽいと盛り上がっていましたよ。


ホテルも完全に見えなくなっちゃった

そのうちすっかり見えなくなっちゃった。


無事下山千畳敷へ、無事下山。

ホテルまでの帰りは東側の遊歩道を歩きました。

東側の遊歩道


この道の左右にもお花がいっぱい。

ミヤマセンキュウ

ミヤマセンキュウ


ムカゴトラノオ

ちょっとピンボケですが...
ムカゴトラノオ


エゾシオガマ

エゾシオガマ


カラマツソウ

カラマツソウ
この子好きです[揺れるハート]


ヤマハハコ

ヤマハハコ


そして...

チングルマの綿毛

チングルマのピンクの綿毛。
可愛すぎ[揺れるハート]

すっごいいっぱいたなびいてました。

ピンクの草原越しの極楽平


剣ヶ池まで来ました。

剣ヶ池

またガスが出て来て、ゲゲゲな感じになっちゃった。


ホテルの手前にはシシウドが。

シシウド


そしてナナカマド。

赤いナナカマドの実

この辺りの実は真っ赤になってました。


ホテルに到着する頃には、ガスで真っ白に。

真っ白になっちゃった

お山は見えないけど、何やら復習中の皆さま。


ロープウェイも混雑していないようだし、9分間隔の連続運転中らしいので、せっかくだからホテル千畳敷のレストラン(食堂?)でランチしてから下りる事に。

モツ煮定食
高原ソフト

モツ煮定食と高原ソフトを食べて大満足[グッド(上向き矢印)]


予定変更でちょっとドタバタして、日本一標高の高いホテルへの宿泊も、星空も、ご来光も、山頂もお預けになってしまいましたが、これ以上ないくらいのコンディションで絶景を拝めたので、みなさん大満足な山旅となりました。
今回出来なかった事は、また次回、リベンジと言う事で。
また来る口実が出来て、良かったかな? ^^




--- 今回のコース ---

【木曽駒ヶ岳、千畳敷~中岳】
→ ヤマレコの記録はこちら

千畳敷駅 (9:07) 出発 → 乗越浄土 → 中岳 → 乗越浄土 → 千畳敷駅 (12:42) 到着
所用時間 : 約3時間35分 (休憩時間1時間05分含む)




nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -