So-net無料ブログ作成
検索選択

ミヤマキリシマを求めて -その3 [100名山制覇してみる?]

久住山山頂の岩の陰、風の来ないところでお昼休憩。

おにぎらずが凸凹に

朝みんなで作ったおにぎらず。
荷物に押されて凸凹になってる [あせあせ(飛び散る汗)]

山頂から眺めると、一面ミヤマキリシマ。
コレ全部咲いたらスゴイねー

一面ピンクになるのかな

今はこんな感じ。

今は蕾がいっぱい

蕾も可愛いけどね。


さあ、次は中岳です [ダッシュ(走り出すさま)]

中岳へ


中岳分岐に到着。

登ります!

さあ、登りますよ [グッド(上向き矢印)]

岩が多くて結構急です
ハシゴ
岩がゴツゴツしてて、結構急な登りです。

梯子も一ヵ所設置してありました。


ちょっとした岩登り
岩にロープを設置して、ちょっとした岩登り気分が味わえるヵ所も。

中岳山頂


中岳山頂 (1,791m) 到着!
九州最高峰です [ぴかぴか(新しい)]

山頂より北(北東)側、坊がつる方面を。

坊がつる方面

こんやは坊がつるのちょっと手前に宿泊しますよー
山頂からは西側、御池方向へおりました。

御池の方へおります
御池
御池のふちをまわって

池のまわりをくるっと半周ほどまわって、天狗ヶ城方面へ。

久住分かれ方面へ
見渡すかぎりこんな感じ
※ 写真クリックで別画面に拡大表示します。

久住分かれ手前

久住分かれから北上し、北千里ヶ浜へ。

北千里ヶ浜
硫黄山

左手に硫黄山のモクモクが見えます。

山小屋へおりる途中、ミヤマキリシマがキレイに咲いている場所がありました。

ミヤマキリシマが咲いてた
反対側の岩場にも

この岩はゴマドウ岩と言うところかな???


しばし歩いて、法華院温泉山荘 に到着 [グッド(上向き矢印)]

法華院温泉山荘到着
法華院温泉山荘

手続きがすんだら、とりあえず...

とりあえず、ビール♪
マムートジョッキ
ビールで乾杯!

ジョッキがマムートです。
コレ欲しいっ [揺れるハート]


今夜の宿泊は...

大部屋です

120畳の大部屋です!
120人部屋だそうですが、ミヤマキリシマの季節と言う事で、満員でした。

子供会とかのキャンプを思い出す... ^^;


夕飯前に温泉 [いい気分(温泉)]
石鹸類は使えないので、汗を流すだけですが、窓からお山を眺めながら、ゆ~ったり。
極楽です [揺れるハート]

でも、お客さんが多いので、タイミングが悪いと浴槽がいっぱいになっちゃいます (≧▽≦)
私はちょうどあったまった頃に大勢入って来られたので、入れ違いで退散しました [ダッシュ(走り出すさま)]

お風呂のあとは夕涼み。

山荘にもいっぱい咲いてる
岩の間からも

山荘の下にもいっぱい咲いてます。

山荘の看板下に、「脚下照顧」 と言うデッカイ靴のモニュメントが。
と言う事で、ちょっと失礼して...

く、く、く、靴が重いっ!

「く、く、く、靴が重いっ!」 とか、やってみました。^^;

ちなみに 「脚下照顧」 とは、自分の足元をよくよく見て気付きなさいとか、自分を顧みて反省しなさいとか、そう言うコトなのだそうです。


そして待望の夕飯。

夕飯

すっごい盛りだくさん [るんるん]

と思ったら、まだあった!

まだあった!唐揚げ、蕗の炊いたの、煮豆、野菜とそぼろの煮物、お味噌汁、マカロニサラダ、ゴーヤ...
山荘とは思えぬ品数とボリュームです。
味も悪くないです。
しかも、ハイボールとかもあったりします [るんるん]
500円だったかな?



明日も早いので、早々に就寝。
が...
人が多すぎるのか、暑いっ [あせあせ(飛び散る汗)]

夜中にゴソゴソと、左袖から右袖へと、長袖インナーを脱皮。
半袖一枚になって、ようやく心地よく眠れました。
お布団も気持ち良くて、快適でした [眠い(睡眠)]



--- 今回のコース ---

【牧ノ戸登山口~久住山~中岳~法華院温泉山荘】
ヤマレコの記録はこちら

牧ノ戸峠 (7:42) 出発 → 沓掛山 → 扇ヶ鼻分岐 → 星生山分岐 → 久住分かれ → 久住山 → 中岳分岐 → 中岳 → 久住分かれ → 北千里ヶ浜 → 法華院温泉山荘 (16:39) 到着

所用時間 : 約8時間57分 (休憩時間約1時間56分含む)


nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミヤマキリシマを求めて -その2 [100名山制覇してみる?]

6月29日は朝5時に起きて、山の支度&お弁当(?)を作って出発!
7:30頃、牧ノ戸峠の駐車場へ到着。

牧ノ戸峠駐車場

もう既に車がいっぱい...


今日は牧ノ戸登山口より登ります。

牧ノ戸登山口
トイレ清掃協力金のお願い

登山口にはお手洗いや売店などがありますが、ここから登ると、久住分かれまでお手洗いは無いようです。
しっかり準備して、いざ、出発 [ダッシュ(走り出すさま)]

最初の坂道

最初はダラダラっとした坂道が続きます。
結構長いです。

この坂を登り切ると、第一展望所があります。

第一展望所

見晴らし良いです [グッド(上向き矢印)]
右手の山は三俣山(みまたやま)です。

ここから沓掛山山頂へ向けて登ります。

沓掛山方面

ところどころ、ミヤマキリシマが咲いています。

所々、ミヤマキリシマが咲いてます


沓掛山山頂、到着!

沓掛山山頂
久住山へのルート

久住山へ続く道が見えます。
結構岩な感じの道も多いです。

岩場が結構多いです


扇ヶ鼻分岐、星生山分岐を経て...

扇ヶ鼻分岐
星生山分岐

左手に星生崎、右手に久住山が近付いて来ました。

星生崎と久住山


久住分かれが見えて来ました。

久住分かれの避難小屋が見えて来た

ここでトイレ休憩です。
清掃協力金100円を入れて、お借りします。

久住分かれ
阿蘇山がキレイに見えます

ここからは阿蘇山がキレイに見えました。


左手に硫黄山を眺めながら久住山へ。

硫黄山を眺めながら久住山へ
※ 画像クリックで別画面に拡大表示します。

もくもくしてる

モクモクしてます。


久住山への道は、最初はこんな感じで、ザラザラっとした感じの道ですが...

ザラザラとした道

徐々に岩に。

岩の道に
頂上は大賑わい

山頂付近は人がいっぱいで、スゴイ賑わってます。


久住山山頂到着久住山、山頂到着 [るんるん]

風が強いです~ [あせあせ(飛び散る汗)]




--- つづく ---



【この日の午前中に見れた花】


◆ サラサドウダン

サラサドウダン


◆ ベニバナドウダン

ベニバナドウダン


◆ イワカガミ
  あちこちに、すっごい咲いてました。

イワカガミ


◆ ヒメハギ

ヒメハギ


◆ ハルリンドウ
  この花、好きです [揺れるハート]

ハルリンドウ


◆ スズタケ
  120年に一度しか咲かないとか...

スズタケ


◆ マイズルソウ

マイズルソウ



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミヤマキリシマを求めて -その1 [100名山制覇してみる?]

5月28日~30日の三日間で、大分県にある九重連山へ行って参りました。
初日の28日は移動日。
29日、30日午前はトレッキング。
30日の午後に帰路につくと言う計画で、いざ、出発です [ダッシュ(走り出すさま)]


28日、am4:30、akko号にて明石を出発、岡山にてご一緒させて頂く登山ガイドのしんちゃんと、お客さん4名と合流。
あちらの大きな車に乗せて頂き、目指すは大分県です。


往路は四国経由で海の旅です。

瀬戸大橋

瀬戸大橋を渡り、八幡浜へ。

八幡浜フェリー乗り場

10:15発の 宇和島運輸フェリー にて、別府を目指します。

別府を目指して
船内のおやつ
とっても快晴 [晴れ]

別府までは約3時間。
オヤツ食べて、昼寝して、デッキを散歩して...
そんな感じでユルユル過ごしました。


別府へ到着して、とりあえずお昼。
よく解らなかったので、現在地から食べログで検索して、とよ常 さんへ行ってみました。

海鮮ちらし

昼の部限定、海鮮ちらし(920円)。
美味しかったけど...
なんと、帰って来てから知ったのですが、ここの名物は “とよ常 名物 特上天丼(750円)” だったそうです。
しまった!
次行く事はもう無いかも知れないけど、覚えてたら天丼食べよ。^^;


お腹もいっぱいになったし、あとは今夜の宿泊地に向かうだけなので、ちょっと観光もしてみる事に。

まずは、別府温泉 海地獄へ。

海地獄へ
もくもくしてます

もくもくしてます。
周囲を歩くと、噴出した水飛沫が風に乗ってパラパラと降って来ます。

バスクリンだね

キレイなバスクリン色です。
涼しげに見えるけど、やっぱり熱いのかな [あせあせ(飛び散る汗)]


温泉に浸かるだけの時間はないけど、足だけでも入りたい [るんるん]

足湯を堪能

かなりイイ湯です。
ちょっと浸けてるだけで、全身ぽかぽか [いい気分(温泉)]

見られてる?しっかりあったまったので、ソフトクリーム(ヨーグルト味)でクールダウン。


...あれ?
めっちゃ見られてる???


そして湯布院へ。

由布岳

由布岳(1,583m)です。
緑がキレイ [ぴかぴか(新しい)]
ココにも登ってみたいなー


大分川の源流のひとつで、有名な観光地である金鱗湖へ。

金鱗湖

水の中を覗くと...
ティラピアしか居ませんでした [あせあせ(飛び散る汗)]
観光客でいっぱいですが、ほぼ、海外からのお客さんのようで、観光バスに貼ってあるプレートも、ハングルとかが多かったです。
なんだかゴチャゴチャになってました [ふらふら]


で、夕方。

久住高原荘

久住高原荘 へ到着。
今日はこのログハウス一棟を借りて、みなさんとワイワイ宿泊ですよ。

akko、旅の準備中から料理長を任命されておりまして...
みなさんに喜んで頂けるよう、キッチンで頑張ってみましたよ~

宴なりー

写真はありませんが、メニューは...
サラダ、焼き枝豆、フライドチキン&フライドポテト&フライドズッキーニ、牛スジと夏野菜のカレー、です。

九州のガイドさんもお2人、いっぱい差し入れ持って遊びに来てくださいました。
食べて飲んで、いっぱい笑って、とっても楽しい夜でした。


さてさて、明日はいよいよお山ですよ。
楽しみ~ [揺れるハート]



--- つづく ---


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

Myウクレレ、バージョンUP その後③ [てしごと]

ウクレレのペグのハンドル、3本だけ塗って、そのまま放置してました...

 ⇒ Myウクレレ、バージョンUP その後①

もう10ヶ月ほど経つのですね [あせあせ(飛び散る汗)]


と言う事で、残り一本をやっと塗りました。

残り一本塗りました。

深い紫に、ラメとラインストーンでキラキラに [ぴかぴか(新しい)]

ちょっとキラキラすぎたかな???


完成!

とりあえず、完成 [グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

こんなコトしてる間に、練習しなきゃいけないんですが...
マイペースで、ガンバリマス (^^;;




nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

六甲半縦走(前半)にチャレンジ [山活]

ロハスミーツでカロリーオーバーだった翌日は、須磨浦公園から市ヶ原までの、六甲縦走の前半に初トライしました。
今まで一気に行った事があるのは鵯越駅まで。
その先は一度だけ、鵯越駅スタートで行った事があるくらい。
この一年でだいぶ体力もついて来たけど、どんな感じかな???

山歩きを始めた初日からお世話になってる、yamatomo のF隊長と鬼軍曹に引率をお願いして、いざ出発です [ダッシュ(走り出すさま)]

道中、気持ちに余裕なく、写真は無し [たらーっ(汗)]


とりあえず、高取山まで来てちょっと休憩。

高取山のニャンコ

ココで三時間ぐらいだったかな?
ここから先が大変だ [あせあせ(飛び散る汗)]


...と、途中菊水山の山頂でおにぎり食べて、約6時間半で市ヶ原に到着致しました~ [グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

F隊長と市ヶ原にて、初・半縦走の記念撮影。

F隊長と...

鬼軍曹と
鬼軍曹。

お陰様でそんなにバテバテにもならず、無事に完歩出来ました。
どうもありがとうございました!


で、三ノ宮にて打ち上げ [るんるん]

打ち上げ
お造り盛り

隊長の持ってたクーポンのおかげで、ゴージャスなお造り盛りをお安く頂けました [揺れるハート]



後半も練習したいけど...
これからどんどん暑くなるし、悩むところです [たらーっ(汗)]




--- 今回のコース ---

【六甲半縦走、初トライ】
ヤマレコの記録はこちら

山陽須磨浦公園駅 (7:11) 出発 → 旗振山 → 栂尾山 → 横尾山 → 馬の背 → 東山 → 高取山 → 鵯越駅 → 菊水山 → 鍋蓋山 → 桜茶屋(市ヶ原) → 布引貯水池 → 布引の滝 → JR新神戸駅 (14:03) 到着

所用時間 : 約6時間52分 (休憩時間約33分含む)


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ロハスミーツで女子会 [明石のあれこれ]

5月3日は、大山へ行ったのと同じメンバーで、ロハスミーツ明石へ行きました。
10:30に明石駅で集合して、いざ、明石公園へ。

ロハスミーツ明石.jpg

さすがにまだ空いてて、木陰の良い場所をキープ出来ました。
その後は、それぞれ食べたい物を求めてウロウロ。

私のお目当てはこちら。

前田屋さんの屋台
念願のハンバーガー

前田屋さん のハンバーガー [ぴかぴか(新しい)]
ちょっと高いけど、絶対食べたかったのです~

あとは、燻製おつまみの盛り合わせとか、ローズマリー風味なローストポテトなんかを仕入れてみました。


ビール持参で♪

と言う事で、まだ昼にもなってないのに、乾杯 [ビール]

ちなみに、ビールは現地で買うと高いので、クーラーバッグに入れて引っ提げて行きました(≧▽≦)

ホルモン焼きそばとか、ステーキとか、ハーブソーセージとか...
なんだかお肉系な屋台が多くて、すっかり肉祭りになってしまいました [あせあせ(飛び散る汗)]


お腹もいっぱいになったので、お昼寝したり、出店を見ながらウロウロしたり。
で、こんなのしちゃいました。

ボディペイントボディーペイントです。
始めてやってみました!

好きな模様を選んだら、型紙 (シールになってます) をペタッと貼って、エアブラシでシューっと着色。
この染料はボディーペイント専用らしいです。
色々売られてるんですねー。

ボディペイント完成と、感心してる間に完成。
そのまま何もせずに置いておいたら、一週間くらいもつとの事。
すぐに落としたい場合はお化粧用のクレンジングで簡単に落ちるのだそうです。


ちなみに、私のこの模様は...

保湿クリーム塗ったら、はげてしまいました [ふらふら]


この後は、ポテトをつまみに、ダラダラ飲み。

ロングポテト

ロングポテトなんてものがありました。
潰したポテトを絞り出して揚げてあるみたいで、ポテトと言うよりは、ポテトコロッケっぽい感じでした。


のんびり優雅な一日でした [晴れ]



nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

初・大山トレッキング [100名山制覇してみる?]

朝6時、支度を整えて、いざ出発 [ダッシュ(走り出すさま)]

出発

もう結構明るいです。

大山寺橋より大山を臨む

大山寺橋の袂より、大山を。
今日は右側の尾根伝いに頂上まで行く予定です。

夏山登山口南光河原駐車場で登山届を出して (出してもらって)、夏山登山口よりスタートです。

ここら辺にも、スミレやミヤマカタバミなんかが可愛く咲いてました。

スタートしてからしばらくは、お寺のような、石の階段が続きます。

最初は石の階段

一合目
一合目。

二合目
二合目。

この辺りから階段が、石ではなく、丸太で土をとめたようなのに変わります。

チラホラ残雪が見え始めます。

雪が残ってる

三合目
三合目。

四合目
四合目。

この辺りから、登山道にも雪がチラホラ現れはじめます。

五合目
五合目。

標高1200m

標高1200m 地点。
登山道の階段が完全に雪に埋もれてます。

毎年この時期にはほぼ雪は無いそうなんですが、今年は雪が多かったので、いっぱい残ってたようです。

六合目
六合目。

雪に埋もれてますね。

ココには避難小屋があります。

避難小屋前あたりから山頂方面を見ると、こんな感じ。

山頂方面を眺める

荒々しい山肌に白い雪が残って、とってもキレイです [ぴかぴか(新しい)]

さて、ここから更に雪が増えますよー
行く手を見上げるとこんな感じ。

雪がすごい

下を見るとこんな感じ。

苦戦してますか?

気合を入れて、ストック調整中。

キックステップがなかなか上手に出来ず、ちょっと疲れました [あせあせ(飛び散る汗)]
が、後半は随分慣れて来て、まあまあ上手に出来たかな?

階段は続く

雪が無いところは、石を金網で固定したような階段、もしくは岩です。
延々続きます。
この辺り、慣れない雪でちょっと体力を消耗したあとと言うのもあって、ちょっとしんどいです。

七合目
七合目。


下を見ると、雪の残る階段をいっぱい登って来てました。
さすがGW。
しかもお天気良いし [晴れ]
大山も大賑わいです。

下を見ると

八合目
八合目。

ここを過ぎると、今度は木道です。


この日の頂上は、なんと風速20m。
すっごい強風です。
油断するとヨタヨタっとなって木道から落ちてしまいそうです。

ここからは木道

木道の両サイドにはダイセンキャラボクがいっぱい茂ってます。

ダイセンキャラボクの中を進む

この辺り、一時登山客に踏み荒らされて、ハゲ山状態になっていたそうです。
そこから緑を復活させるため、木道を整備して、『一木一石運動』 で、崩落した石を登山者がひとつずつ山頂に持ってあがり、浸食溝を埋めたり、植物の苗を植えたりして、徐々にこのような青々した状態に戻して行ったそうです。
今はハゲ山だった頃は想像できません。
人の力も、自然の力も、スゴイね。

九合目
そんな木道の脇に、九合目発見!

山頂が見えてきました

正面に山頂が見えて来ました。

山頂避難小屋

山頂避難小屋の横を通って、弥山山頂 (1,709m) に到着です。

弥山山頂到着

本当の山頂はこの先、剣ヶ峰 (1,729m) ですが、現在は立ち入り禁止。
地震の影響 (だったかな?) で、道が崩落してキケンなのだそうです。

剣ヶ峰は立ち入り禁止

山頂よりの展望
※ 写真をクリックすると、別画面に拡大表示します。

避難小屋へ

強風の中、避難小屋までおりて休憩。
小屋には売店もお手洗いもあります。

ガイドの shin ちゃんがコーヒー淹れてくれました [喫茶店]
気温はそんなに低くないけど、風が強いので、結構体温を奪われてました。
あったかいコーヒーがしみる~

下山

帰りも同じ道を。
途中、残雪のいっぱい残ってる所で、尻スキー(?)とかして楽しみました [るんるん]
お尻冷たかったけど、楽しかった [グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]



宮本旅館お昼すぎに下山して、宮本旅館 でランチ。

みんな揃って、冷やし山かけ蕎麦。

冷やし山かけ蕎麦

この後寿庵さんでお茶して、温泉入ってサッパリして、帰路につきました。




車を停めてた場所まで送ってもらう道中、南側からの大山がキレイに見える所へ連れて行ってもらいました。

南側より見た大山

こっちから見ると、ちょっと富士山っぽいカタチですよね。
見る方向によって、全然違うんですよねー
キレイです [ぴかぴか(新しい)]




 今回お世話になった登山ガイドさんはこちら
  ⇒ 西日本登山ガイドサービス

 諸々要望に応じてコースを組んでもらえますので、興味のある方はぜひ [るんるん]







--- 今回のコース ---

【春の伯耆大山】
ヤマレコの記録はこちら

夏山登山口 (6:16) 出発 → 行者谷分かれ → 六合目避難小屋 → 大山山頂 → 大山山頂避難小屋 → 石室 → 六合目避難小屋 → 行者谷分かれ → 南光河原駐車場 (13:03) 到着

所用時間 : 約6時間47分 (休憩時間約1時間29分含む)


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カタクリを見に♪ [100名山制覇してみる?]

ジャージーランドのあとは、西日本登山ガイドサービス さんと合流して、擬宝珠山へ。
今回のお山は、慣れない土地だし、短い時間で最大限楽しみたいと言う事で、登山ガイドさんへ依頼してガイド山行です。

擬宝珠山山頂休暇村奥大山 の駐車場に車を停めて、30分ほど登ると頂上です。

途中、スミレとかの小さなお花を色々見る事が出来ました。
写真撮るのをすっかり忘れてましたが... ^^;

擬宝珠山山頂より.jpg
※ クリックすると、別画面で大きくパノラマ写真を表示します。

見晴らし良いです [ぴかぴか(新しい)]


頂上から下山する道沿いにカタクリが [るんるん]

カタクリ01

上の方はまだ蕾でチラッと咲いてるくらい。
そこから下に下りて行くと、徐々にお花が増えて来ました。

カタクリ02
カタクリ03
カタクリ04

お花の写真って、難しい...
なんだかピンボケな写真ばっかり撮ってしまった [たらーっ(汗)]

でも、見たかったカタクリのお花畑を堪能出来たので、満足 [グッド(上向き矢印)]


下りて来て湿原の中を散策して、この日のトレッキングは終了。

烏ヶ山

湿原より烏ヶ山がキレイに見えました。
(烏ヶ山であってる???)



この後、この日の宿泊場所である ゲストハウス寿庵 さんへ移動。
到着後、とりあえずご近所にある温泉へ。

大山寺の夕方

夕陽がキレイ [揺れるハート]


そして、キッチンをお借りして夕飯準備。
宴会スタートです [ダッシュ(走り出すさま)]

晩餐会

サラダと、チキンのいっぱい入ったトマトソースパスタ。
あと、登山ガイドの Shin ちゃんが自宅裏山で採って来てくれた山菜を天ぷらにして [るんるん]

大宴会

この日のお客さんがどんどん集まって来て、気付けば大宴会。
一期一会。
とっても楽しかったです [ビール]


さて、明日はいよいよ大山山頂(弥山)まで登りますよー




--- つづく ---


寿庵さん、お掃除もキレイにしてあって、お布団も気持ち良くて、とっても快適でした!
男女別ドミトリールームもあるし、ひとりでも安心でおススメです。




nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

GW初日はジャージー牛を堪能 [100名山制覇してみる?]

今ごろGWの話...


初日の4/29~30、yamaさん、フーミンと一緒に、一泊で大山へ行って来ました。

朝明石を出て、まずは蒜山へ。
ひるぜんジャージーランド で腹ごしらえです。

ジャージーランドより岡山の西の方を臨む

BBQコーナーより南側を臨む。
ちょっとどんより?

ランチはジャージー牛のBBQです。

ジャージー牛BBQ

写真は美味しそうでイイ感じですが...
この日は強風 [台風]
油断すると、お肉が入ったまま紙皿を持ってかれてしまいます [あせあせ(飛び散る汗)]
全く落ち着かず、お肉の味も良くわからないまま、終了... [バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]

GW初日と言う事もあって、スタッフの数は多いものの、ただ並んで立ってるだけの若者ばっかりで、皿が飛ぼうが何が起ころうが、我関せずと言った感じでした [たらーっ(汗)]
てか、こんなに風が強い日は、風上のカーテンは閉めるんだよーーー
ベテランさん、ちゃんとバイト君に教えてあげて~ [もうやだ~(悲しい顔)]

と言うわけで、BBQ小屋の中は風がビュービュー吹き抜けて、あっちもこっちも皿が飛びまくっておりました。

まあ、お互いお皿を必死に押さえて食べる姿がかなり笑えたので、それはそれで面白かったけど (≧▽≦)


食後は建屋の裏はまわり、放牧されているジャージーちゃんたちのもとへ。

蒜山

お山も牧草地(?)もキレイ [ぴかぴか(新しい)]


桜かな

このシュッとした木も桜なのかな?
緑とピンクのコントラストが春っぽくてイイ感じ [るんるん]


yamaさんが牛さんに何か話しかけてますね。

お食事中の牛さんたちと

「さっきジャージー牛を食べて来たよ。」

..... [がく~(落胆した顔)]


カメラ目線がコワイ

カメラをガン見!
怒ってますか? ^^;


と、そんな中、数日前のニュースで紹介されていたラブリーちゃんを発見!

ラブリーちゃん発見
人気者

おでこに白い[ハート]模様があるので、“愛の伝道師” とか言われちゃってます。
ラブリーちゃんが歩いて来た途端、周囲に居たみなさまから歓声があがって、大人気。

なんか、写真で見たのより[ハート]が...
ちょっと白がグレーになってるような?
ま、そんな事、当のラブリーちゃんにはどうでも良いコトかな。^^;



--- つづく ---


nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

森林植物園へ [山活]

土曜日は、靴を新調したフーミンと靴ならしで 森林植物園 へ。
せっかくなので、山を楽しむ会の皆さんにもアナウンスして、一緒に行って来ました。

布引の滝

新神戸からスタートして、布引の滝へ。
前日の朝に雨が降ったからか、水量多目。
朝日が良い感じでさして、いつもより何だかキレイに見えました。^^


五本松かくれ滝も、ぜんぜん隠れてない!

五本松かくれ滝

水の少ない時は水たまりみたいな滝壺も、キレイな水がたっぷりで、涼しげです。


紅葉茶屋まで行くと、建物手前にネコさんが [るんるん]

紅葉茶屋のネコさん

ネコさんの向こう、ガラス越しにいつもの看板犬と目があいました。
そしたら、「あっ [揺れるハート]」 って感じで出て来てスリスリしてくれました。
ようやく私の顔を覚えてくれたかな??? ^^


トゥエンティクロスを通って、森林植物園方面へ。

河童橋を渡るMさん

河童橋を渡るMさん。


砂防ダムも、水のカーテンがキレイ [ぴかぴか(新しい)]

砂防ダム


東門手前、川を渡る飛び石が、結構水没状態でドキドキでした。
ギリギリ渡れる感じで、何とか公園へ入れました。

ツツジがいっぱい

園内にはツツジがいっぱい咲いてました。


他にもボケや...

ボケ


ヤマブキが。

ヤマブキ


シャクナゲはまだ一割程度の開花かな?

シャクナゲ

ただ、しっかり膨らんだ蕾がぎっしりでした。
GWには結構咲くかも?


ル・ピック 手前の花壇には...

カタクリカタクリが一輪だけ、頑張って咲いてました。


暑くなりそうだったので、お弁当は保冷バッグ&保冷剤で冷たいのを。

お弁当

チーズスプレッドを塗ったレーズンくるみパンで、ベーコンと玉子焼き、キャロットラペを挟んだサンドイッチと、冷たいトマト [るんるん]

ミルクたっぷりカフェオレル・ピックに寄り道して、弓削牧場のミルクたっぷりなカフェ・オレを頂いて、再度山経由で元町方面へおりました。


下山後は、元町駅近くの居酒屋でお疲れさま会 [ビール]

乾杯距離は結構歩いたけど、今回はなだらかな道が多かったからか、皆さんそんなに疲れずに楽しめたようです。
たまにはこう言うのも良いですね。^^



--- 今回のコース ---

【新神戸 ~ 森林植物園 ~ 元町】
ヤマレコの記録はこちら

JR新神戸駅 (9:14) 出発 → 布引の滝 → 桜茶屋 → 天狗道分岐点 → 森林植物園 (ランチ休憩) → 再度山荘 → JR元町駅 (14:15) 到着

所用時間 : 約5時間01分 (休憩時間約17分含む)


nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー