So-net無料ブログ作成
検索選択

初・裏(東?)六甲へ [山活]

日曜日、蓬莱峡へ行ってみようと、朝早めの時間にJR生瀬駅に集合して、出発しました [ダッシュ(走り出すさま)]
駅から西へ進み、川沿いの宝塚唐櫃線を歩きます。

JR生瀬駅からの道中

川沿いの道で、こんな堤もあります。
が、歩道らしい歩道が無い場所が多く、車も結構な勢いで走るので、ちょっとキケン [あせあせ(飛び散る汗)]

知るべ岩バス停知るべ岩バス停です。
生瀬駅からバスで来る場合は、ここで下車です。
でも、バスは一時間に一本くらいしかありません。^^;

バス停を過ぎ、登山道の入口を過ぎ、少し進むと、現場駐車場のような広場が。
その奥に、蓬莱峡への入口があります。

門番がいる!

なんだろう。
モアイ?
門番が居ますよ。

門番の向こう、右手には、狛犬 (?) みたいな像も。

神社か何かあった?

階段もあるし、昔はここに、神社か祠があったのかな???

この先、ズンズン歩いて行くと、正面上方になぜか回送電車が...

回送電車発見

門番から始まり、不思議な世界です。^^;

電車が見える辺りの左手に、蓬莱峡と屏風岩へ続く道があります。

蓬莱峡、屏風岩、入口


ここから少し下って、川を渡ると...

蓬莱峡01
蓬莱峡02

蓬莱峡です。
岩のカタチが色々あって、面白いです。


そしてその更に奥に進むと...

クライミングの練習場

屏風岩です。
皆さん岩登りのトレーニング中です。

で、なんだかお友達が居そうな予感がして、キョロキョロしてみると...
居ました!

いつもは道場でトレーニングをしているそうですが、この日はたまたまこっちに居たそうな。
すごい偶然 [グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]


このあと、来た道を登山道まで引き返し、山の中へ。

鎧堰堤

長い橋を歩きながら鎧堰堤を見て、振り返るとなんだか万里の長城風な景色が。

万里の長城風な橋

ちっさいけどね。^^;

ここを過ぎると、急登が続きます。
で、河原みたいな場所に出た。

座頭谷かな?
暑いです

ここは、座頭谷?
直射日光と照り返しで暑いです!

しばらくここを進んで、また林の中へ。
ここからもまたしばし急登が続きます。
暑いし、ちょっと息があがってしまいました [あせあせ(飛び散る汗)]

で、もう廃業しちゃったっぽいはちみつハニー農園へ。
敷地内をお借りして、ランチにしました。
この日のメニューは、冷しうどん [るんるん]

ランチは冷しうどん
具をトッピング

トッピングは揚げ茄子の青じそ風味と、豚しゃぶとインゲンの生姜風味です。


ここからまたしばし登って、六甲全山縦走路へ出て、宝塚へおりました。
塩尾寺を過ぎた下りの坂道の途中、貯水タンクのある所から宝塚駅方面を。

宝塚駅方面を

見晴らし良いです [ぴかぴか(新しい)]

ダラダラ続くアスファルトの坂道にうんざりしながら、無事宝塚駅前の宝来橋まで下りて来ました。

宝塚駅前、宝来橋に到着

宝塚から電車に乗って帰宅しました。
この日は私の都合により、飲みは無し。

実は...

家を出て3分の場所で、自分の不注意により思いっきりコケまして、顎を負傷。
カラダは元気なのでお山には支障なかったのですが、出血もしてたので、やっぱりお酒はやめておこうと言う事で、みなさんに気遣って頂きました。
いやはや、山の事故じゃなくて良かったのかも知れませんが、諸々気をつけなくてはと反省致しました。
ご同行頂いた皆さま、ご心配お掛けして申し訳ありませんでした。
そして、色々とお気遣い頂き、ありがとうございました。
次回は元気に参加したいと思いますので、よろしくお願いしますっ (^^)/



--- 今回のコース ---

【生瀬 ~ 蓬莱峡 ~ 宝塚】
ヤマレコの記録はこちら

JR生瀬駅 (8:50) 出発 → 鎧堰堤 → 座頭谷東滝 → 谷脱出口 → 木下し口 → 太平山 → 大谷乗越 → 譲葉山 → 岩倉山 → 塩尾寺 → 宝塚駅 (14:03) 到着

所用時間 : 約5時間13分 (休憩時間... 不明。^^;)


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ウクレレストラップ、ご注文頂きました♪ [てしごと]

ウクレレ教室のお友達から、ストラップのご注文がありました。
選ばれた柄は、私のの色違い。^^

ウクレレストラップの注文頂きました

カタカタカタ... と縫って、革パーツを作って縫いとめて...

ブルーが鮮やか

完成!

ブルーが鮮やかです [ぴかぴか(新しい)]
このデザインは若干太めの5cnです。
ギターとかにも使えそう?



今度ストラップの販売をする事になりました。
只今せっせと準備中 [あせあせ(飛び散る汗)]
ストラップ以外にも、同じような織リボンを使ったグッズも色々検討中です。
みんな、どんなのが好きなのかな?
「こんなの欲しい!」 とか、ありましたら参考にお聞かせください。^^
ご注文もお待ちしております [るんるん]



nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ドウダンツツジに会いに [山活]

6月10日、岡山県の那岐山へ、ドウダンツツジを見に行きました。

那岐山麓山の駅 で岡山チームと合流し、お手洗いなどを済ませて、蛇渕コースの登山口にある駐車場まで移動して、出発 [ダッシュ(走り出すさま)]


行きは大神岩Cコースを進みます。

大神岩一時間ちょっとで大神岩に到着。

ここでちょっと休憩。
コーヒー淹れてもらって、ドーナッツも頂いて、その他おやつも諸々頂いちゃいました [るんるん]

ティータイム


山頂まで1.1km地点。

山頂まで1.1キロ.jpg
緑のトンネル

緑のトンネルがキレイです [ぴかぴか(新しい)]


山頂手前の小屋の中でランチタイム。

チーズフォンデュでランチ

この日はちょっとリクエストがあったので、チーズフォンデュです。
お山の上で食べると格別ですね!^^


そして、山頂へ。

那岐山山頂


ちょっと霞んでるけど、とっても見晴らしが良いです!

山頂からの眺め


そして下山。
下りは蛇渕コースBを。

菩提寺コース出合


登りもそうですが、ヒノキの国有林がとっても良い感じです。
強い日差しを和らげてくれて、気持ち良く歩けます。

ヒノキの国有林

この国有林は、国が管理している神社仏閣などの修理をするための木材を生産するためのものです。
この日も一部、皮を剥いてある場所がありました。
檜皮葺の改修のために使うようです。


蛇渕コースは川沿いを歩くコースです。

蛇淵コースは水辺を歩くコースです
水辺は涼しい

暑いけど、水辺はちょっと涼しいような?


登り始めの道に合流して、蛇渕コース終了。

蛇渕コースB終了


スタートしてすぐに素通りした蛇渕の滝への入口鳥居をくぐります。

蛇渕の滝へ

階段を下りると滝があります。

蛇渕の滝

夏は沢登りとかも出来るようです。
もちろん、装備と知識と経験があれば... ですが。^^;


滝のもう少し下に、なんだか修行出来そうな場所が。

修行出来そうな場所

暑い時はココで水遊びも気持ちよさそう...


と、駐車場へ下山して、終了。



以下、この日見たお花です。

◆ ドウダンツツジ (サラサドウダン)

ドウダンツツジ
サラサドウダン

ドウダンツツジにも色々種類がありますが、ここはほとんどがサラサドウダンでした。
スズランみたいな形の花が、サクランボみたいに咲いてます。


◆ タニウツギ

タニウツギ
ピンクの花が可愛い

田植えの時期に咲くから、「田植え花」 とも呼ばれるそうです。
ピンク色がキレイ。


◆ コガクウツギ

コガクウツギ

この花が一番たくさん咲いてました。
ヤブデマリとか、似た花が色々あるので、色々調べてやっと判明。
多分あってると思うけど...
どうかな?


◆ ミズタビラコ (水田平子)

ミズタビラコ1
ミズタビラコ2

その名の通り、水辺に咲く花です。
ちっさいので、よくよく見てないと、見落としそうです。
とっても可愛い色とカタチで、私は好きです。^^


◆ タニギキョウ

タニギキョウ

こちらも水辺のお花で、同じくすっごく小さいです。
カメラのマクロモードを上手に使いこなせていない私...
これ以上キレイに撮影できず [たらーっ(汗)]



--- 今回のコース ---

【那岐山】
ヤマレコの記録はこちら

那岐山登山口駐車場 (9:27) 出発 → 大神岩 → 那岐山三角点峰 → 避難小屋 → 那岐山山頂 → A・Bコース分岐 → Bコース・名木ノ城跡分岐 → B・Cコース分岐 → 蛇渕の滝入口 → 登山口駐車場 (15:39) 到着

所用時間 : 約6時間12分 (休憩時間約1時間35分含む)


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

7ヶ月ぶり!? [ワイは猿や!]

今年は山の年だと決めたので、大晦日以来、ゴルフは封印しておりました。
が、しかし。
会社の飲み友のK主幹にお誘い頂き、どうしても断れずに参戦する事に。

サラダオジサマと来る時はなぜだかいつもココ、高室池ゴルフ倶楽部 です。
メンバーお誕生日割引の恩恵を受け、とってもお安くして頂いて、助かりました。^^;

早めに行ったら、早すぎた&お腹が空いちゃったので、ステキな景色を眺めながら、本日2度目の朝ごはん [るんるん]

ホットドッグ

ホットドッグセット、540円。
サラダ、ホットドッグ、コーヒーか紅茶付き。
安い!
しかも、サラダに乗ってるポテサラが超美味しかった [ぴかぴか(新しい)]


と、満足したところで、スタートです [ダッシュ(走り出すさま)]

いざ!


前半終わって、ランチ。

お昼は天ざる

天ざる。
本当はガッツリ中華のセットとかを食べたい気分だったけど、なんだか他の皆さんにあわせてしまった... ^^;
美味しかったけど、後半の後半で腹ペコになりました。
やっぱり、時間が許せばお昼はしっかり食べなきゃですね!


と言う事で、後半も何とか終了。
まぁ、そんなに良い成績ではないけど (当たり前)、そこまで悪くもなく...
7ヶ月ぶりで、しかも数日前に1回練習に行っただけにしては、まぁまぁでした。
ボールもちゃんと前に飛んでたし (≧▽≦)


と言う事で、汗を流して3時のおやつ。

終了してケーキセット

ケーキセット、900円ぐらいだったかな?
8種類ぐらいの中から2種類をチョイス。
ハーフサイズのケーキ2種と、アイスが盛り合わせてあります。
お味も良く、なかなかイイ感じです。


と、ゴルフの話なのに、気付けば食べ物ばっかり...
ココのゴルフ場、ほんっとに美味しいんですよね。^^;


さてさて、次は一体いつかな?
でも、今年はお金も時間もお山がメインなので、なかなかゴルフは難しそうな予感です [あせあせ(飛び散る汗)]




nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:スポーツ

山登り 「安全のための知識と技術」 公開講座へ [山活]

先日、日本山岳ガイド協会 主催、関西山岳ガイド協会 主管の公開講座があったので、ちょっと行ってみました。

公開講座の会場


お題目は、『安全のための知識と技術』 です。

安全のための知識と技術
※ 上の画像をクリックすると、別画面でPDFファイルを開きます。


講師は、前半が国際山岳ガイドの角谷氏 (イッテQ!でイモトのガイドをしてる方のおひとりです)、後半が長野県警山岳遭難救助隊の櫛引隊長でした。

「山に登りたい」 って思ったら、行きたい山に行けるだけの、カラダと道具の準備が必要なんだなと、再認識。
最近ちょっとトレーニングはサボり気味だけど、行きたいお山へ行けるチャンスがあった時に後悔しないよう、日々精進したいと思います。
あと、何があるか解らないので、ちゃんと保険に入っておこうと思いました。^^;
何事も、安全第一ですね!


講座のあとは友達と飲みに行こうかと思ってたんですが...
ガイドさんたちの懇親会に欠員が出たとかで、会費要員としてお誘い頂いたので、乱入してみました [ダッシュ(走り出すさま)]

角谷さんとで、講師で来られてた角谷氏と、ちゃっかりツーショット [揺れるハート]

講座もですが、宴の席でも、普段なかなかお聞き出来ない貴重なお話を伺えて、とっても有意義な時間を過ごせました。
お誘い頂き、感謝感謝です。
また機会がありましたら、どうぞよろしく [揺れるハート]




nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

淡路島、食いしん坊ツアー [食いしん坊バンザイ]

今月はじめ、お友達のリクエストで、久々に淡路島へドライブに [車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]

まずは島の南まで走り、絶景レストラン うずの丘 へ。

うすの丘

いつもいっぱいなので、ドキドキしながら行ったのに、拍子抜けしちゃうぐらい空いてました。^^;

レストランの窓からは徳島が...

徳島が見える

良い天気です [晴れ]

生うに食べたい館内に入るなり、生ウニに誘惑さて、今日こそは、海鮮ウニしゃぶ (3,800円 税抜) を食べてやる!


なんて息巻いていた私ですが...

昼から4,104円をお支払いするだけの勇気がなく、海鮮ひつまぶし (1,728円) を。

結局海鮮ひつまぶし
お出汁をかけて
半分はそのままで、半分はお茶碗に移して、薬味を乗せて、お出汁を注いで頂きました。
生ウニはもちろん美味しいけど、コレはコレで美味しい [るんるん]

あと、厚切りローストビーフをシェアしました。

厚切りローストビーフ

でっかく見えますが、一口サイズの少盛りですよ。
かなりしっかり味が付いてて、タレは不要って感じでした。
美味しいけど... コレは普通かな?

結局、連れて来てくれたお礼にって、お友達がランチ代を出してくれました。
なんだ、それを先に聞いてたらウニにしたのに [猫]うひひ


G.エルムへ食事のあとは福良港へ移動して、G.エルム でデザートを [るんるん]

ジェラートいつ来てもお客さんいっぱい。
ここのジェラートはほんと、めちゃめちゃ美味しいです [ぴかぴか(新しい)]
今回は、しぼりたて牛乳&大人のコーヒーにしてみました。
一緒に食べたらカフェラテ???


このあと、新しく出来たパン屋さんへ寄ってお買物したのですが...
ちょっと味がイマイチだったので、省略。^^;


で、いつもの 樂登窯 さんへ。

樂登窯

なんか、来る度に立派になって行く...

とりあえず、カフェで休憩。

いちごタルト

いちごタルトとアイスコーヒー。
厨房のスタッフの人数も、どんどん増えてってる???

ここに来たらいつも器を買ってしまうんだけど...

器の誘惑に打ち勝つ

今回はこの、右側の大鉢に誘惑されました。
勢い余って 「買うわ!」 とか言ってしまいそうなのをグッとおさえ、なんとか無事、誘惑に打ち勝ちました。
今年は山に行く年と決めたので、器にお金をかけてはいられないのです。^^;


このあと、お肉屋さんへよって、淡路ビーフの切り落としや、メンチカツなんかを購入して帰路につきました。
淡路、やっぱり美味しくて楽しいね~

また行きます[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]



nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

ミヤマキリシマを求めて -その5 [100名山制覇してみる?]

腹ごしらえも済んだので、出発!
最終日は平治岳でミヤマキリシマを見て、長者原へ下山し、帰路につく予定です。


まずは坊ガツルの木道を歩いて、平治岳方面へ。

坊ガツル

写真正面の道を進み、大戸越へ。

大戸越への分岐

1人1石運動をしていたので、石コロ握りしめて上がりました。

1人1石運動に協力しました

木の間を進みます途中の道は、森の中のような、木の間を通って行くような所が多いです。

大戸越、到着。
平治岳方面へ。

大戸越

平治岳が見えましたが...

平治岳

あんまりピンクじゃないね...

ちょっと登って、それらしく [かわいい]

ミヤマキリシマは二分咲きくらい?

全体的には、まだ二分咲き、三分咲きぐらい???

ここから見えてるてっぺんは南峰です。

南峰

南峰より向こうに見えるのが頂上。

南峰より頂上を望む

だけど、今回はココまで。
下山ルートをおりて、下から平治岳を。

平治岳を下から

全体にピンクに染まってるのも見てみたいけど...
部分的でも、キレイですね。^^


と言う事で、来た道を戻って、坊ツガルから長者原を目指します。

坊ガツルより長者原へ
川を渡る

長者原 ⇔ 坊ガツルのルートは、キレイに整備されたとっても歩きやすい道でした。
『長者原自然研究路』 とかって名前が付いてるのかな?

長者原自然研究路1
長者原自然研究路2


長者原へ下山して、長者原ヘルスセンター でゴハン。

長者原ヘルスセンターでゴハン

うどんと鳥天のセットです。
意外といける!


このあと、花山酔 でお風呂に入ってスッキリして、帰路につきました。
ミヤマキリシマもまぁまぁ良い感じで見られて、温泉にも入れて、とっても楽しい、良い旅でした。^^
ご一緒頂いた皆さま & ガイドのしんちゃん、お世話になりましたー
ありがとうございました [揺れるハート]




 今回お世話になった登山ガイドさんはこちら
  ⇒ 西日本登山ガイドサービス

 諸々要望に応じてコースを組んでもらえますので、興味のある方はぜひ [るんるん]






--- 今回のコース ---

【久重山群】
ヤマレコの記録はこちら

法華院温泉山荘 (8:10) 出発 → 坊ガツル → 大戸越 → 坊ガツル → 雨ヶ池越 → 長者原 (15:53) 到着

所用時間 : 約7時間43分 (休憩時間約1時間23分含む)


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミヤマキリシマを求めて -その4 [100名山制覇してみる?]

最終日。
朝5時に起きて、朝ごはん前にミヤマキリシマを見に、お散歩へ。

朝ごはん前の散歩

法華院温泉山荘から南東方面へ。

山の陰はまだ薄暗い

一応、日出の予報時刻は過ぎてますが、山の陰になっている所はまだ薄暗い感じです。

ミヤマキリシマ咲いてます

徐々にミヤマキリシマが増えて来たような?

鉾立峠

鉾立峠に到着。
ここから立中山へ。

立中山へ

この辺りはかなり咲いてます。
もうすぐ頂上、と言う辺りで、山の向こうから陽がさして来ました。

日の出

朝日の中のミヤマキリシマ、キレイです [ぴかぴか(新しい)]

朝日の中のミヤマキリシマ

立中山はほぼ満開でした [かわいい]

鮮やかです。

幻想的なピンクな景色に、感動 [グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]


来た道を引き返し、お宿にて朝ごはん。

山小屋に戻って朝ごはん

冷奴に肉じゃが、生卵、お味噌汁、お漬物です。
夜と同じく、朝もしっかり。
美味しかったです [るんるん]



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミヤマキリシマを求めて -その3 [100名山制覇してみる?]

久住山山頂の岩の陰、風の来ないところでお昼休憩。

おにぎらずが凸凹に

朝みんなで作ったおにぎらず。
荷物に押されて凸凹になってる [あせあせ(飛び散る汗)]

山頂から眺めると、一面ミヤマキリシマ。
コレ全部咲いたらスゴイねー

一面ピンクになるのかな

今はこんな感じ。

今は蕾がいっぱい

蕾も可愛いけどね。


さあ、次は中岳です [ダッシュ(走り出すさま)]

中岳へ


中岳分岐に到着。

登ります!

さあ、登りますよ [グッド(上向き矢印)]

岩が多くて結構急です
ハシゴ
岩がゴツゴツしてて、結構急な登りです。

梯子も一ヵ所設置してありました。


ちょっとした岩登り
岩にロープを設置して、ちょっとした岩登り気分が味わえるヵ所も。

中岳山頂


中岳山頂 (1,791m) 到着!
九州最高峰です [ぴかぴか(新しい)]

山頂より北(北東)側、坊がつる方面を。

坊がつる方面

こんやは坊がつるのちょっと手前に宿泊しますよー
山頂からは西側、御池方向へおりました。

御池の方へおります
御池
御池のふちをまわって

池のまわりをくるっと半周ほどまわって、天狗ヶ城方面へ。

久住分かれ方面へ
見渡すかぎりこんな感じ
※ 写真クリックで別画面に拡大表示します。

久住分かれ手前

久住分かれから北上し、北千里ヶ浜へ。

北千里ヶ浜
硫黄山

左手に硫黄山のモクモクが見えます。

山小屋へおりる途中、ミヤマキリシマがキレイに咲いている場所がありました。

ミヤマキリシマが咲いてた
反対側の岩場にも

この岩はゴマドウ岩と言うところかな???


しばし歩いて、法華院温泉山荘 に到着 [グッド(上向き矢印)]

法華院温泉山荘到着
法華院温泉山荘

手続きがすんだら、とりあえず...

とりあえず、ビール♪
マムートジョッキ
ビールで乾杯!

ジョッキがマムートです。
コレ欲しいっ [揺れるハート]


今夜の宿泊は...

大部屋です

120畳の大部屋です!
120人部屋だそうですが、ミヤマキリシマの季節と言う事で、満員でした。

子供会とかのキャンプを思い出す... ^^;


夕飯前に温泉 [いい気分(温泉)]
石鹸類は使えないので、汗を流すだけですが、窓からお山を眺めながら、ゆ~ったり。
極楽です [揺れるハート]

でも、お客さんが多いので、タイミングが悪いと浴槽がいっぱいになっちゃいます (≧▽≦)
私はちょうどあったまった頃に大勢入って来られたので、入れ違いで退散しました [ダッシュ(走り出すさま)]

お風呂のあとは夕涼み。

山荘にもいっぱい咲いてる
岩の間からも

山荘の下にもいっぱい咲いてます。

山荘の看板下に、「脚下照顧」 と言うデッカイ靴のモニュメントが。
と言う事で、ちょっと失礼して...

く、く、く、靴が重いっ!

「く、く、く、靴が重いっ!」 とか、やってみました。^^;

ちなみに 「脚下照顧」 とは、自分の足元をよくよく見て気付きなさいとか、自分を顧みて反省しなさいとか、そう言うコトなのだそうです。


そして待望の夕飯。

夕飯

すっごい盛りだくさん [るんるん]

と思ったら、まだあった!

まだあった!唐揚げ、蕗の炊いたの、煮豆、野菜とそぼろの煮物、お味噌汁、マカロニサラダ、ゴーヤ...
山荘とは思えぬ品数とボリュームです。
味も悪くないです。
しかも、ハイボールとかもあったりします [るんるん]
500円だったかな?



明日も早いので、早々に就寝。
が...
人が多すぎるのか、暑いっ [あせあせ(飛び散る汗)]

夜中にゴソゴソと、左袖から右袖へと、長袖インナーを脱皮。
半袖一枚になって、ようやく心地よく眠れました。
お布団も気持ち良くて、快適でした [眠い(睡眠)]



--- 今回のコース ---

【牧ノ戸登山口~久住山~中岳~法華院温泉山荘】
ヤマレコの記録はこちら

牧ノ戸峠 (7:42) 出発 → 沓掛山 → 扇ヶ鼻分岐 → 星生山分岐 → 久住分かれ → 久住山 → 中岳分岐 → 中岳 → 久住分かれ → 北千里ヶ浜 → 法華院温泉山荘 (16:39) 到着

所用時間 : 約8時間57分 (休憩時間約1時間56分含む)


nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミヤマキリシマを求めて -その2 [100名山制覇してみる?]

6月29日は朝5時に起きて、山の支度&お弁当(?)を作って出発!
7:30頃、牧ノ戸峠の駐車場へ到着。

牧ノ戸峠駐車場

もう既に車がいっぱい...


今日は牧ノ戸登山口より登ります。

牧ノ戸登山口
トイレ清掃協力金のお願い

登山口にはお手洗いや売店などがありますが、ここから登ると、久住分かれまでお手洗いは無いようです。
しっかり準備して、いざ、出発 [ダッシュ(走り出すさま)]

最初の坂道

最初はダラダラっとした坂道が続きます。
結構長いです。

この坂を登り切ると、第一展望所があります。

第一展望所

見晴らし良いです [グッド(上向き矢印)]
右手の山は三俣山(みまたやま)です。

ここから沓掛山山頂へ向けて登ります。

沓掛山方面

ところどころ、ミヤマキリシマが咲いています。

所々、ミヤマキリシマが咲いてます


沓掛山山頂、到着!

沓掛山山頂
久住山へのルート

久住山へ続く道が見えます。
結構岩な感じの道も多いです。

岩場が結構多いです


扇ヶ鼻分岐、星生山分岐を経て...

扇ヶ鼻分岐
星生山分岐

左手に星生崎、右手に久住山が近付いて来ました。

星生崎と久住山


久住分かれが見えて来ました。

久住分かれの避難小屋が見えて来た

ここでトイレ休憩です。
清掃協力金100円を入れて、お借りします。

久住分かれ
阿蘇山がキレイに見えます

ここからは阿蘇山がキレイに見えました。


左手に硫黄山を眺めながら久住山へ。

硫黄山を眺めながら久住山へ
※ 画像クリックで別画面に拡大表示します。

もくもくしてる

モクモクしてます。


久住山への道は、最初はこんな感じで、ザラザラっとした感じの道ですが...

ザラザラとした道

徐々に岩に。

岩の道に
頂上は大賑わい

山頂付近は人がいっぱいで、スゴイ賑わってます。


久住山山頂到着久住山、山頂到着 [るんるん]

風が強いです~ [あせあせ(飛び散る汗)]




--- つづく ---



【この日の午前中に見れた花】


◆ サラサドウダン

サラサドウダン


◆ ベニバナドウダン

ベニバナドウダン


◆ イワカガミ
  あちこちに、すっごい咲いてました。

イワカガミ


◆ ヒメハギ

ヒメハギ


◆ ハルリンドウ
  この花、好きです [揺れるハート]

ハルリンドウ


◆ スズタケ
  120年に一度しか咲かないとか...

スズタケ


◆ マイズルソウ

マイズルソウ



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー