So-net無料ブログ作成
検索選択
行くぞネパール!? ブログトップ
前の10件 | 次の10件

ネパール旅行記 -その6 [行くぞネパール!?]

サガルマータ (エベレスト) 国立公園入口。

サガルマータ国立公園

ここはモンジョと言うところにあります。

モンジョ村

標高2855m。
知らない間に、また結構登って来てた?

ってコトで、IN!

いよいよ本番な感じ

と言っても、そんなに変わらず。
まだしばらくは村が点在している感じで、今までと同じような道が続きます。

で、ランチ休憩。

本日のランチ場所

この日のランチは、ジョサレにあるフレンドシップ・ロッジで。

トゥクパまずはトゥクパ。
ネパールのうどんです。
あっさりしてて食べやすい。
緑の唐辛子ソースをちょっと入れると、ググッと美味しさUPです。

ランチプレート

おかずは、温野菜、ツナ、春巻き。
この春巻き、皮が厚い上に、中の具がチョウメン (焼きそば) です。
炭水化物、ガッツリ!

とか言いつつ、完食しちゃいましたが [あせあせ(飛び散る汗)]


目つきの悪い子猫

強面な子猫に見送られながら、出発。
この先、今夜の宿泊地まで村はありません。
お手洗いも青空で... ^^;


川原をすすむ

川原の道をズンズン進んで行くと、遠くに、有名な、アレが見えて来ましたよ!

吊り橋が見えてきた

見えますか?
2本、吊り橋があるのが。

下の方は以前使っていた橋で、渡った先の道が大変と言う事で、もう一つ上に、渡った先の道をショートカットできるように橋をかけたようです。
(あってる? そんな話だったような記憶が...)

登ります
橋に到着
橋の右側の坂を、橋の高さまで上ります。
結構傾斜が急です。

実はこの橋、今回の旅に出るにあたっての一番の懸案事項でありました。
こういうユラユラする橋とか、ほんと、苦手なのですよ。
下が見えるとか...
なので、「足が縮こまっちゃったらどうしよう!?」 とか、思っていたわけです。

そんな橋に、ついに到着!
ドキドキ...

と、言うか、この時点で既に、そんな事どうでも良いぐらいワクワク感が勝ってしまいまして。

意外と大丈夫

意外とへっちゃら。
ビデオとか撮りながら歩く余裕ぶりでした。^^;

川の音がはげしい

下には川が流れてまして、この下あたりで、2本の川が合流しています。
すっごい水の音です!

川の合流地点

景色がスゴすぎて、高いとか、怖いって感じがどっかに飛んじゃうんでしょうか?

足元スケスケ

足元だってこの通り。
しゃがんで写真撮ったりできちゃってますよ。

akko、やれば出来る子 [グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

橋を渡ればひたすら登り橋を渡ってからは、ひたすら登りです。
標高差600mだったかな?
ずんずん上がるのみです。

この坂がみなさん結構キツかったようです。
が、ゆっくりだったのと、涼しかったのもあって、そんなに辛くなく登れました。
これも六甲山で鬼軍曹 (?) にしごいて頂いたおかげでしょうか。
感謝しなくちゃですね。^^;

で、第一エベレストヴューポイント...

第一エベレストヴューポイント

むむむ
見えません...
真っ白に曇っちゃってますね... [たらーっ(汗)]

しかたなし!
そして、次の展望台へ。

次の展望台の下に近付いた時、上に居た別パーティーの日本人ガイドさんの呼ぶ声が。
「晴れましたよ~! 急いで~!」

高度が高いのも忘れて、思わずダッシュ [ダッシュ(走り出すさま)]

見えた!

見えました!
左がエベレスト、右がローツェです。
おぉぉぉ [ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

はじめまして、エベレスト。
てっぺんだけでも、なんだか存在感があります。


この後雲がかかる事もなく、しばらく眺めていられました。
ここの展望台にはお手洗いもあるので、おやつ食べたり、ちょっと休憩。

そしたらこんな子たちも。

売られていくヤギたち

ヤギさんたち、週末にナムチェ・バザールである市で売るために連れて来られたらしい。
食べられちゃうのかな...???


ナムチェ周辺の林には、ネパールの国鳥であるダフェが生息しています。
結構居るみたい。
そして、「あそこに居る」 と言われて見ても、なかなか見つけられなかったりも。

で、やっと見つけたダフェちゃん。
写真を撮ろうとしたら飛び立ちまして、慌ててシャッターを切ったのですが...

ダフェ

ちっさ [あせあせ(飛び散る汗)]

実物はとってもキレイな色をしていました。
緑とか青とか、色んな色が混じって、キラキラしてました。
キジなんだけど、色はクジャクみたいな感じ?

気になる方はググッてください。^^;


そして、ナムチェの入口 (?) に到着。

ポリス

ここで村に入る手続き (だったかな?) をします。
が、ここから村まで、まだまだ遠い!


遠くにコンデリが見えて来ました。

コンデリ

左側の黒いお山に走ってる白い縦線は氷瀑、氷河です。


後ろを振り返ると、こちらも絶景です。

クスムガングルとピーク43

左から、ピーク43、クスムガングル、クスムガングル西峰です。


そろそろ陽も傾きかけた頃、ナムチェバザールに到着。

ナムチェ・バザール到着

山の斜面にびっしり建物が建っています。
カラフルで、おもちゃみたい。

階段の町です斜面にあるので、基本、こんな感じで通路は階段ばっかりです。
標高が高いので、この階段が結構キツイ!


この町は、この先の山へ向かう人たちが集まって来る所なので、銀行や郵便局、パン屋さん、カフェ、色んなお店があってとっても賑わっています。

今宵のお宿
町のかなり上の方、今夜のお宿に到着です。
シャングリラ・ゲストハウス。
標高3440m です。

私のお部屋
私のお部屋は201号室。
だけど、3階にあります。
もちろん、階段しかなく...
これが結構大変。
息がきれます [あせあせ(飛び散る汗)]

今夜は寝袋+お布団

今夜の寝床。
お布団がある [るんるん]
寝袋 + お布団で、とってもヌクヌクでした。

そして、窓からはヌプラとコンデリが。

窓からコンデリが

明日の朝が楽しみ。
朝焼けでピンクに染まる姿を見てみたい!


薪ストーブ夕飯は、道を挟んだ向かいにある食堂で。
ココには薪ストーブがあるからポカポカ。


今夜のメニューは...

にんにくスープまずはニンニクのスープ。
これ、結構キツイです!
一口目はとっても美味しいけど。
たぶん、翌日の私たちはすっごい臭いを放ってたと思われますっ[あせあせ(飛び散る汗)]

ディナープレート

あとは、水牛のモモ(ネパールの餃子)、チョウメン(焼きそば)、温野菜です。
モモ、おかわりして食べちゃった [るんるん]

で、ついついココでも...

今夜もまた...

一杯だけね。

泡がモコモコだよ~~~



--- つづく ---


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

ネパール旅行記 -その5 [行くぞネパール!?]

【3月9日】

モーニングティーロッジの朝は、お部屋に配達されて来るモーニングティーで始まります。
お部屋が寒いので、コレがとってもありがたい。

身支度用のお湯続いて運ばれて来るのが、身支度用のお湯。
洗面所なんて気のきいた物はないので、これで顔をバシャバシャ洗ってスッキリします。

ちなみに、歯磨きはお手洗いで。
ミネラルウォーターのボトルを片手にチャチャっとやっちゃいます。

昨日は暗くて良くわからなかったけど、窓からお山が見えてました。

窓からお山が

ヌプラの北側に連なってる山... かな?


お宿の前からヌプラロッジの前に出てみました。
昨夜の雨もやんで、爽やかな朝です [ぴかぴか(新しい)]

遠くにヌプラが見えますよ。


朝ごはんはチャパティーの蜂蜜がけに、目玉焼き。

朝ごはん

出発食後のミルクティーを頂き、ポットにお湯を入れてもらって、二日目、出発します [ダッシュ(走り出すさま)]


軒先でお肉をさばいてるのを発見!

肉をさばく人

歩いてると、デッカイ肉の塊 (ヤギ一頭分とか、そのくらいありそうなやつ) を背負って歩いてる人とか、結構見ます。
もしかして、こんな風にお客さんちで切り売りしてるのかな?
なんだかわからないけど、気温もひんやりしてるからか、くるっと布を一枚巻いたぐらいで運んでても、お肉は結構キレイな状態でした。^^


カラスカラス発見!
日本と同じく、カーカー鳴いてます。
ちょっと濁声?
あ゛-あ゛-って感じか?
ちなみに、ネパール語でカラスは 「カーㇰ (カーグ?)」 と言うそうです。

この日もドゥドゥ・コシ沿いを歩いて行きます。

川に沿って進む


朝の通学時間。
制服を着た子供たちと、たくさんすれ違いました。

通学時間です


出発して一時間ぐらい?
最初のおトイレ休憩です。

ロバとゾッキョが鉢合わせ

坂道の下で、ロバとゾッキョが鉢合わせ。
仲良く道の譲り合いでした。^^


なつかれちゃった

門番をしてた犬に、なんだかなつかれてしまいました。
もふもふでカワイイ [揺れるハート]


ここからまたしばらく歩くと...

タムセルクが見えた

タムセルクが見えました [ぴかぴか(新しい)]
カッコイイ!
ちょっと感動。


そしていよいよ...

サガルマータ国立公園入口

サガルマータ (エベレスト) 国立公園の入口に到着です。
銃を担いだ警察官 (?) がウロウロしています。
なんと言うか、ちょっとガラの悪い感じで、ポリスと聞いても聞き返してしまいそうな雰囲気ですが... ^^;

ここで入園 (入山?) 手続きをしてもらって、いよいよ本番!
と言う気分です [グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]



--- つづく ---



ギン太似のネコ途中で会った猫。
なんだかちょっとギン太に似てる。^^
イカ耳だ。
警戒されちゃったかな?




nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

ネパール旅行記 -その4 [行くぞネパール!?]

ルクラの町は、ヒマラヤトレッキングの出発点。
どこに行くにも、ほぼここからスタートなので、人も荷物もいっぱい集まって来る、都会です。
なので...

スタバ

スタバだってあるのですよ。
飲まなかったからメニューはわかんないけど。^^;


そんな都会の銀座通り (?) を北へ。

出発!
正面にはヌプラが

行く手にはヌプラがそびえています。


チョルテン町や村の出入口にはほぼ必ずチョルテン(仏塔)やマニ車があります。
旅の安全を願ってコロコロしながら通り抜けます。

マニ車
マニ車はお経の書いてある駒です。
これを回すとお経を唱えたのと同じご利益があるのです。
一応、回す方向が決まっているようです。
逆に回すとダメみたい。

カラフルなチョルテンルクラの北の出入口付近には、上のチョルテンの他に、もう一棟カラフルなのが。
こっちは通り抜けタイプではなく、中に入ってまわすタイプ。
奥の部屋には大きなマニ車が、手前の前室的なところには、左右に小さなマニ車がありました。

でっかいマニ車
鮮やか
室内の装飾が鮮やかです。

こう言うのって、日本の鳥居みたいに、何かあった時に寄進したりするのかな?
いくつも建ってるところとか、塔は無くて、マニ車だけポツンとある所とか、色々でした。


さて、いよいよ町を出ますよ。
サーダー (シェルパ頭さん) のザンブーさんがツーリストポリスでお山へ入る手続きをしてくれています。

ツーリストポリス


これがルクラの出入口。

ルクラ村の出口

エベレスト街道は、村から村へと歩いて行く感じです。
道は土の道だったり、石畳だったり、色々ですが、これから歩く道程の前半はそんな感じで、その辺の里山の登山道よりもキレイに整備されている道がほとんどです。
村と村の間は、徒歩で約30分ぐらい?
のんびり散策している感じです。


シャクナゲ

こちらは今、ちょうど春を迎えたぐらいです。
シャクナゲも咲き始めていました。
もう少ししたら花盛りみたいですよ。


サクラソウ

サクラソウも、あちこちいっぱい咲いてました。


基本、車やバイクが通れる道はなく、この先の村へ行くには私たちの歩いているこの道だけのようです。
なので、人も荷物もいっぱい行き交います。
重い荷物の運搬は、主にゾッキョ (雄ヤクと牝牛の子) たちがやってくれます。

ゾッキョ

大人しいし、賢いです。
背中に荷物を積んでないので、ルクラへ荷物を取りに行く途中かな?


途中通過する村でお手洗いはお借りできます。
この旅での最大の必須アイテムと言っても過言ではないと思う物、それは、トイレットペーパー。
基本ありません。
そして、水洗であろうがなかろうが、流せません。
でも、自然に返すコトになる場合も多いので、溶けないタイプのペーパーは好ましくないのです。
日本の昔の家屋みたいに、屋外に設置されている場合が多いのですが、壁に隙間がいっぱいあったり、開放感満点な所も多々あります。
意外と気持ち良くできたりします。^^;

と、そんなお手洗いをお借りした所で、建屋の裏にまわると...

ヤギ

ヤギが飼われてました。
不審者を見るような目で見ないでー


子ヤギ

仔ヤギはカメラに興味津々。
カワイイね [るんるん]
でも、この子たちは食糧なのかな???


ネパール、カトマンズもわりと多かったけど、ルクラに着いたら、ほんとに犬が多いです!
人懐っこいし、特に何も悪い事もしないけど、苦手な人だとツライかもってぐらい、犬が多い!
犬が好きなのかな?
縁側 (?) で子犬と戯れるおじさんとかも居ましたよ。^^

子犬と遊ぶおじさん



タルチョこの村はずれには塔はなく、タルチョとマニ車だけみたい。
タルチョ、お日さまの中でヒラヒラして、キレイ [ぴかぴか(新しい)]

実は、ちょっとタルチョが欲しくなったのですが...
うちのベランダでヒラヒラしてるのを想像して、やめました。
なんだろう、全然別物みたいになりますよね。^^;


塔やマニ車と同じように、あちこちにあるのが、お経を刻んだマニ石。

マニ石
マニ石

お経を刻んだプレートを組み合わせた物や、石に直接刻んだ物、色々あります。
崖の岩肌とかに刻んだりもしています。
文字を読めないので何が書いてあるかはさっぱりなんですが、芸術的な物もあったりで、結構楽しめます。


ゾッキョと同じく、荷物を運んでくれてるのがロバたち。

ロバ

ゾッキョより、キレイな装飾を付けてもらってる子が多いような?

ゾッキョやロバは、標高3000mあたりより上になると、高山病になってしまうそうです。
それより上はヤクが活躍しているらしいです。
逆に、ヤクは下におろして来ると、低山病になるのだとか...
そのどっちにも居る人間って、案外強いのか!?


道端に居た鳥。

鳥もカワイイ

サイズはスズメよりちょっと大きいぐらい?
なんだか鳥さんまでカラフルですよ。


犬はいっぱい居るネパールですが、猫はあまり見かけません。
そんな中発見した、第一村猫。

にゃんこ

この家のおチビさんの友達なのかな?

ちなみに、ネパールに居る犬さんはこんな子ばっかり。

私の家来犬

なんて犬種?
黒がほとんどで、たまに茶色の子が居ます。

この子はオヤツ欲しさに寄って来た子。
朝ごはんの残りのゆで卵をあげたけど、家来にはなってくれなかったよ... [たらーっ(汗)]


この日の目的地、パクディン村は、谷間の川沿いにある村です。
ルクラを出てから、下って、下って、上がって、下って...
やっと川に出ました。

ドゥドゥコシ

ドゥドゥ・コシです。
「ドゥドゥ」 はミルク、「コシ」 は川、名前の通り、白濁した水が流れています。


この道には結構吊り橋も多いです。
だいたいこんな感じ。

吊り橋も結構多い
基本、足元スケスケ

こんな感じで、下が丸見え。
そして、人が歩くと結構弾みます。
ぴょんぴょんしそうになる感じ。

だけど...

ロバも平気

ロバもゾッキョもみんな平気で渡って行きます。
そういう私はこう言うのがかなり苦手なのですが...
意外にも、最初っから普通に渡れました。
なぜだろう?
この環境のせいかな?
半日ですっかり馴染んだ???


ランチ休憩はタドコシ村にある、エベレスト・サミッターズ・ロッジにて。
ちなみに、サミッターとは、登頂者のコトで、このロッジのオーナーさんがエベレスト登頂者なのだそうです。

ホットマンゴまずはホットマンゴー。
マンゴージュースを温めるって感覚は無かったけど、この旅で結構頂きました。
意外に美味しいです。

食事は小さ目ラーメンと...

ラーメン
ランチプレート
ミルクティー
トマトとチーズのサンドイッチ、フレンチフライ、温野菜です。
ロッジでの食事は、高山病予防のため、水分をしっかり取るためにスープ物が必ずと言って良いほどつきます。
あと、炭水化物多め。
そして、食後はほぼほぼ、ミルクティーです。


ガート村

ガート村、標高2565m。
ルクラから、約250mほど下りて来たのかな?
パグティン村まではあと2km。
正午ぐらいからちょっと曇って来ました。
にわか雨もパラついたり。
雨女、雨雲呼んじゃった!?


タルチョがキレイ

ここのタルチョもキレイですね。
結構高い位置に張ってある場所もあるんだけど、どうやって設置するのかな...?


マニ石とマニ車この村のマニ石とマニ車、なんだかイイ感じです。
この付近は巨大マニ石が結構ゴロゴロありました。

ここにもチョルテン
階段を登ってチョルテンへ。

歩きながら回せるように、マニ車が足元にぐるっと取り付けてありました。

回しながら歩く
巨大マニ石


歩いてると、時々遠くから鈴の音と一緒に、地響きみたいな蹄の音がして来ます。
そう言う時は急いで脇に避けます。

時々走って来る馬

「馬にひかれるー [あせあせ(飛び散る汗)]」 ってぐらいの勢いで、馬が走って来ます。
急ぎの用?
ボーッとしてたら絶対交通事故が発生します。
ほんと、危険 [ふらふら]

先頭を歩く現地ガイドのアシス・ライさんは、体力ももちろんだけど、耳も良いのか、すっごく早くから察知しているようでした。
まだ何も聞こえてないのに、教えてくれるんですよ。


パグディン村、到着!

パグティン村到着

標高 2625m です。
下がって来たせいか、道が緩やかだったからか、とっても元気 [グッド(上向き矢印)]


今宵のお宿

今宵のお宿はこちら、グリーン・ビレッジ・ゲストハウスです。
なんだか可愛いね [るんるん]

ミルクティーとクッキークッキーとミルクティーでホッと一息。

この後、結構本格的に雨が降り出しました。
濡れずに到着して良かった~


私のお部屋はこんな感じ。

私のお部屋

当たり前ですが、照明はありますがコンセントもテレビも無し。
そして、暖房も無しです。
夜は結構寒いのですよ。

ちなみに、シャワーなども無し。
高山病と風邪予防のため、下山するまで無しです。

とりあえず、暖かい服に着替えて荷物整理。
と言っても、私はかなり荷物を控えて行ったので、整理と言うほどの作業も無く...
部屋に居ても退屈だし、寒いので、必要な物だけ持って薪ストーブのある食堂へ。


皆さん、荷物整理が大変なのか、誰もおらず...
ポツーンです。
たーいーくーつーーー

と思っていたら、頼もしい添乗員のM氏がおつまみ袋を引っ提げて登場 [ぴかぴか(新しい)]

夕飯前なのに仕方ないよね。
外は雨だし、暗いし、退屈だし...

皆さんが夕飯食べに集合して来る頃には、こんな感じで、すっかり2人でくつろいでおりましたとさ。^^;



※ 誤解のないように書いておきますが、 添乗員のM氏はちゃんとした山岳ガイドさんで、ただの酔っ払いではありません。

【注意】
基本的に、高山病が心配な場合は飲酒はダメですよ。
私はとっても元気だったので、自己責任で頂きました。
低酸素トレーニングが効いたかな?
感謝感謝です [るんるん]


夕飯はダルバート。

ダルバート

お豆のスープに、オムレツ、青梗菜、野菜のカレー炒め(カレー煮?)、パーパド (せんべい) です。
あと...

チャンシェルパ族のどぶろく、チャンも頂いてしまいました [あせあせ(飛び散る汗)]
宮原巍さんの本 でも結構登場するので、気になっていたのです。
お米のツブツブが底に沈んでますよ。
香りは老酒のような感じかな。
酸味が強く、アルコール度数は思ったより随分低い?
そんな感じです。


明日も朝から頑張らないといけないので、早めに就寝です。

私の寝床

寝台の上に寝袋。
インナーシーツと湯たんぽを仕込んで、ぬくぬく。
意外と快適に眠れました [眠い(睡眠)]



--- つづく ---


nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

ネパール旅行記 -その3 [行くぞネパール!?]

3月8日(水)

5時すぎにホテルを出発して空港へ!

トリブバン国内線空港

さすがにまだ真っ暗...


チケット

これがルクラまでのチケットです。
紙はしっかりしてるけど、手書き部分とか、適当感満載ですよ~ [あせあせ(飛び散る汗)]
カトマンズからルクラまでは5社ぐらい飛んでるんですが、今回は Tara Air で。


空港内、国内線の待合ロビーってば、狭くて暗い...
そして、ちょっと汚い [あせあせ(飛び散る汗)]

が、腹が減ってはそんな事も言ってられない!

と、ここでホテルで持たせてもらった朝ゴハンを頂く事に [るんるん]

朝ごはん

出発前にちょっと調べたところによると、カトマンズ ⇔ ルクラ便は、1~2時間遅れるのは日常茶飯事らしい。
私たちの便は6:15発。
どうせ遅れるだろうと呑気にゆで卵パクついてる途中で 「もう搭乗開始らしい」 と言う声が。
箱の中身をビニールに移し替え、不要な物をゴミ箱へ投げ込み、ゆで卵を手に持って、荷物担いでバタバタとゲートへ [ダッシュ(走り出すさま)]
飛行機までのバスの車内で続きを頂きました。^^;


コレが私たちの乗る飛行機。

tara air
乗りますよ~

梯子のようなタラップを数段登って、搭乗完了 [グッド(上向き矢印)]
私の予想に反して、ほぼ定刻に飛びました。
おぉ [ぴかぴか(新しい)]


機内はこんな感じです。

M氏と

私は前から二番目。
一緒に写ってるのはM氏です。
そしてその前がもうコクピット。

後ろはこんな感じ。

後ろはこんな感じ

定員20名ちょっとって感じでしょうか?


こんなに小さくても、一応客室乗務員さんが居て...

飴と綿飴と綿を配ってくれます。

この綿は... 耳栓です。
音がスゴイので。^^;


朝日がまぶしい!離陸してすぐ、朝日が。
下に見える山や村が、なんだか絵本のようです。
驚くほど高いところにも村がありますよ。
人ってスゴイね。

行きの飛行機は左側の方が山が見えて人気らしいです。
と言う事で、左側に座ってたオジサマにカメラを託して撮影して頂きました。

左側の窓から

確かに、キレイです!

私の席からコクピットの窓をズーム撮影。

コクピットの窓からも

おぉ!
山ですよ、山!


飛行時間、約40分。
前方の山の斜面に小さな滑走路が見えて来ました。
実はルクラのテンジン・ヒラリー空港は、世界で一番コワイ空港とか言われてるんですよね...
なんだかドキドキしましたよ。^^;

無事到着

私のドキドキなんてそっちのけで、至って普通に、軽々と着陸。


ルックラ、テンジンヒラリー空港1
ルックラ、テンジンヒラリー空港2
ルックラ、テンジンヒラリー空港3
ルックラ、テンジンヒラリー空港4

なんだか山だらけ [るんるん]
こんな景色の中に入ったのは初めてなもんで、ちょっとテンション高く歩いてると、息が切れる~
しかも、寒いっ!

そう、ココはもう、標高2800mなのでした [がく~(落胆した顔)]


ルクラの町

ルクラの村はなんだか建物も可愛くて、キョロキョロしてしまいます。

一旦ココで休憩とりあえず、出発準備と一旦落ち着くために、こちらのロッジで休憩です。

室内は薄暗くて、目が慣れるまでは足元注意。

ロッジの食堂
ミルクティー飲んでほっこり
食堂で荷物をおろして、温かいミルクティーを頂いて、ホッ。
この後、持参した保温ポットにお湯も頂いたり、お手洗いをお借りしたり、しっかり準備を整えて、いざ、出発です [ダッシュ(走り出すさま)]


表に出て、ふと隣の建物を見ると...

流行りのヘアースタイル?

散髪屋さんでした。
こんなヘアースタイルが流行りなのか...
もみあげ辺りの刈り方がスゲーです。

と、私がニヤニヤしてる間にも、シェルパの皆さんはテキパキ作業。

私たちの荷物、お願いします!

私たちの荷物を今宵の宿まで運んでくださる方たち。
ほんとに、すごい力持ち!
よろしくお願いしますよ~っと、見送り、私たちも歩き始めました。


いよいよ出発

この日の目的地はパクディンです。
ここから約8km の道程です。
この高度にカラダを慣らすため、ゆっくり、ゆっくり、歩いて行きます。



--- つづく ---


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

ネパール旅行記 -その2 [行くぞネパール!?]

3月7日(火)

TG319ホテルで朝食を済ませ、車で空港へ。
10:30 バンコク発、TG319便にて、いよいよネパール入りです [ダッシュ(走り出すさま)]

この機内で、偶然隣の席に座ったネパール人青年G君。
最初ちょっと英語で会話をしてたら、いきなり日本語で話しかけて来ました。
え!?
と思ったら、ただ今日本へ留学中で、仙台の専門学校で国際経済学 (だったかな?) を勉強しているそうです。
春休みで久しぶりに帰省する途中だったそうです。
と言うコトで、結構機内でお話をして、facebook でお友達に。
来年は就職活動で、日本でしっかり就職したいそうです。
応援してるよ~ [手(グー)]

そしてこの日のランチも機内食。
chicken or fish ?
と聞かれ、チキンと答えたら...

ファーストクラス機内食

コレが来ました!
なんと、ファーストクラスのランチ [ぴかぴか(新しい)]

チキン人気で無くなっちゃったらしい。
「ラッキーだったね!」 とG君を見たら、悲しげな表情...
シーフード苦手だそうな [あせあせ(飛び散る汗)]
何度も乗務員さんにチキンは無いのかと訊ねてましたが、やはり売り切れ。
仕方なく食べてましたが、食は進まず...

もちろん私はしっかり食べましたが、まぁ、ファーストクラスのお食事でも、やっぱり機内食は機内食ですね。
と、そんなお味でした。^^;


現地時間 12:45、カトマンズのトリブバン国際空港に到着。

カトマンズ到着

入国の手続き、荷物のピックアップを終えて空港を出ると、現地スタッフがお迎えに。
えらいいっぱいスタッフが居るなーって、スーツケースを預けたら、車に到着した途端 「チップ!」 だって。
ココもバリと同じか...[たらーっ(汗)]
もちろん、あげなかったけどね。


空港を出てわりとすぐ、車窓から見えた風景。

移動遊園地1
移動遊園地2

たぶん、移動遊園地?
国際女性Dayのイベント(?)とか言ってたような?

絶対乗りたくないアトラクションだ。^^;


そして、ホテル到着。

マッラホテル

カトマンズでの私たちのお宿は マッラ・ホテル (Malla Hotel)。
もっとボロホテルに泊まるのかと想像していたら、立派でビックリ!
(ヒマラヤ観光開発さん、ゴメンナサイ [あせあせ(飛び散る汗)]

ウェルカムドリンクロビーでウェルカムドリンクを頂き、お部屋へ。

今宵の私のお部屋

広くて快適 [るんるん]
お水が茶色い以外は...
まぁ、これはホテルに関係なく、どこもそうですね。^^;


このあと、みんなで車に乗り込んで、三浦雄一郎さんのお友達のお店 ルートネパールへ。

ルートネパール

街中の雑多な店より多少お値段は高いですが (と言っても安いですが)、品物はしっかりしてるので、お土産とか買うなら安心 [るんるん]

この後は添乗員M氏に連れられて、街中を散策。

これは王宮の正面入口だったかな?

王宮の正面入口

立派だけど、地震で塀のアチコチが崩れて、応急で有刺鉄線をグルグル巻いたりしていました。


カトマンズの町を歩いて一番ビックリなコト。
それは...

見事な電線

電柱、というか、電線。
何がなんだか解んない状態でグルグル巻き。
鳥の巣状態です。
電線もほとんど地面の高さまで垂れているので、接触注意です。
電気来てるのかはナゾですが、念のため。

あと、信号はあるけど動いてないか、動いてても無視 [あせあせ(飛び散る汗)]
車もバイクも人も多いので、大きな交差点は大変!
一応、警察官も立ってたりはするのですが、みんなあんまり見ていないような???
そんな状態でも、なんとなくコツをつかめば四車線道路でもスイスイ渡れるので不思議です。^^;

タメル地区の一角一番の繁華街 (?) タメル地区は、なんだかエネルギーに満ちてました。
混沌としていて、決してキレイではないけど、なんだか元気になる感じです。

もっとウロウロしてみたいけど、山から下りてからのお楽しみってコトで。


ちょっと早めにホテルに戻ったので、ホテルの敷地内にあるバーで、添乗員M氏、H夫妻とともに休憩。

夕飯前の準備運動
エベレストビール
この旅で一番良く飲んだエベレストビール。
シェルパで初めてエベレストに登頂したテンジン・ノルゲイさんがラベルに描かれています。
ネパールでは、エドモンド・ヒラリーよりもテンジンさんの方がヒーローなのです。^^


夕飯はホテルのレストランで。

ホテルでディナー

トマトスープまずはトマトのスープ。

その後は、前に置いた大皿に、色々な物を盛って行ってくれます。

お料理色々

米、豆カレー、ビーツのサラダ、チョウメン (焼きそば)、フライドポテト、温野菜、魚のフライ、です。

チャパティお米も出たけど、チャパティも。
家庭ではナンよりチャパティの方が良く食べると聞いたコトはありましたが、ほんと、チャパティは結構出たけど、ナンは一度も見ませんでした。
ナンは窯が要るから、難しいよね。

チョコケーキデザートはチョコケーキ。
濃いです!


お部屋からの夕陽。

カトマンズ初日の夕陽

明日からはいよいよお山です。
ガンバルゾ!



--- つづく ---


nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

ネパール旅行記 -その1 [行くぞネパール!?]

「行くぞネパール!」 と、勢いよく夢を掲げて山デビューしたのが、昨年4月
本当に行けるのか!?
と、思いながらもコツコツと準備を続け、なんと、本当に行ってしまいましたっ [手(チョキ)]

3月6日~15日まで、10日間の旅の記録を、今日から徐々にUPして行きたいと思います。
長くなりますがお付き合いくださいませ。

-----

3月6日(月)
9時に関空集合と言う事だったので、余裕をもって、8時過ぎに到着するリムジンバスに乗ろうとJR三ノ宮へ。
西口から出ると、交通センタービルの東角あたりまで、バスの券売機からズラーっと長蛇の列です。
なんで?
月曜だから???
仕方がないので最後尾へ並びますが、券売機の操作がイマイチ解らない方が多いのか、なかなか進まず...
その間に関空行きが1本出て行きました。
やっとチケットを買って乗り場へ向かうも、そこもまた行列...
次に来たバスにも乗れず、また待つことに。
結局この後に来たバスに乗って、関空に着いたのは8:55。
集合場所までダッシュです [ダッシュ(走り出すさま)]
出発から想定外すぎる。
なんだか波乱の予感 [あせあせ(飛び散る汗)]

集合場所あたりをキョロキョロ彷徨っていると、「山下さん?」 と、声が。
添乗員のM氏が見つけてくれました。
無事合流。
良かった~

ちなみに、今回の旅は久々のツアーです。
初の海外トレッキング。
その上、始めての国で勝手もあまりわからないし、環境も全然違うし、1人だし...
しかも、泊まりたいホテルも個人ではとれないところだったので、迷いなく、ヒマラヤ観光開発 さんへお願いしました。

関西出発チームは、私の他はH夫妻。
お父さんはうちの父親と同い年。
不束な娘ですが、どうぞよろしくお願いします [るんるん]

この後手続きを済ませ、ゲート前で再び集合。
M氏の手には、さっきは持っていなかった大きな買物袋が...
気になって見ていると、「おつまみ♪」 だって。
なんだか仲良くなれそうな予感。^^;

TG623便でバンコクへ初めてのタイ国際航空。
11時発、TG623便でトランジットの地、バンコクへ向かいます。

この日のランチは機内食。
サーモンの照り焼きと、チキンカレーだったかな?
コードシェア便だったので、サーモンの方が和食だったと思われますが、私は旅気分を盛り上げるために、チキンカレーをチョイス。

ランチは機内食
チキンカレー
美味しいけど...
やっぱり機内食、そんなには美味しくないよね。^^;

おやつに配られたチビスーパーカップ食事とは別に、ミニスーパーカップが出ました。
ミニなのに、スーパー...
美味しかったです [るんるん]


バンコク、スワンナプーム国際空港にて、東京からご参加のT夫妻(お父さんは母親と同い年)、北海道からご参加のF夫妻(新婚さんです [揺れるハート])と合流。
総勢8名揃ったところで、いざ、ホテルへ [車(RV)][ダッシュ(走り出すさま)]

バンコクの夕陽街はもう夕方です。
夕陽がキレイ。

実はakko、タイ初上陸。
車窓から見えるタイは、一見とっても都会だけれど、ビルの谷間に貧しい造りの集落が取り残されていて、なんだか混沌としていました。

ウェルカムドリンクこの日のお宿は ツイン・タワーズ・ホテル(The Twin Towers Hotel)。

ウェルカムドリンクはカクテルに見えますが、とーーーっても甘いトロピカルフルーツジュースでした。

今宵の私のお部屋...

広すぎる...

なんだか広すぎて落ち着かず。^^;
結局使ったのは、テーブルとソファ、ベッド半分ぐらいかな...


夕飯は、全員揃ってホテルのレストランで。

初日のディナー

シンハーの生ビール、うまいっ [グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

メニューは...

ガイ・トート(鶏の唐揚げ)のスイートチリ添え。

ガイ・トード


ゲーン・キョワーン(グリーンカレー)。

ゲーン・キョワーン


カイチオ・ムーサップ(オムレツ)。

カイチオ・ムーサップ


パットパックルアムミット(ミックス野菜炒め)。

パットパックルアムミット


パット・プリアオ・ワーン(揚げ魚の甘酢和え)

パット・プリアオ・ワーン


おなかいっぱい...

でも、ヨーグルトが食べたくて、コンビニへ。

コンビニのお買物ヨーグルトだけ買うつもりが、なんだか妙なくまモン付き、明治の乳酸飲料(?)みたいなのを買ってしまいました。
しかも、店員さんの 「2本買ったら安いよ」 に負けて、2本も [あせあせ(飛び散る汗)]


さて、いよいよ明日はネパール入りです。

ワクワクドキドキな夜は更けて行くのでありました [三日月]



--- つづく ---


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

山を楽しむ会 ‐ 3回目 - [行くぞネパール!?]

日曜日はI氏とOシェフの、三度目のお山のお供をしました。
いつもの yamatomo メンバーより、H氏とyamaさんも参加してくださいました。^^

ロックガーデンはちょっと厳しそうな感じだったので、岡本スタートで、出発です!

登山道のスタート地点(?)、保久良神社の梅林が、ちょうど見ごろでした。

保久良神社の梅林
満開

この梅林もそうでしたが、この日は暖かかったので、どこも人がいっぱいでした。
登山道も一部渋滞してました。^^;

のぼり始めてしばらく行くと、見晴らしの良い休憩所が。

金鳥山近くの休憩所より

金鳥山近くだったのかな?


お昼ごはんは雨ヶ峠でって思ってたんですが...
あまりにも人が多いので、ちょっと場所をずらすコトに。

お弁当は豚汁とおにぎり

雨ヶ峠の少し下、杉林の中でお昼休憩です。
この冬大活躍のスープジャーで、皆さんの分も豚汁を持参しました。
あと、おにぎりと [るんるん]

そして、六甲山頂到着。

六甲山頂より

これはどっち方面かな?
大阪?


前回までは膝がカクカクだったシェフも、この日はサポーターを着けて挑んだ効果か、わりとしっかり歩けていました。
と言う事で、この後の魚屋道もスイスイっと下山。

銀の湯でほっこり

銀の湯でほっこり [いい気分(温泉)]
ですが、女湯は過去最高の混雑っぷりでした。
どこで服を脱ごうかと迷うぐらい [ふらふら]


でもまあ、何とかスッキリ入浴完了。
お決まりのコースですが...

グリル六甲のハイカーセット

グリル六甲 でハイカーセットを。
満足 満足 [るんるん]


そのあと、あんまり寒くなかったので、食べたくなっちゃって...

ジェラートも♪

arima gelateria Stagione へ行って、しっかりジェラートも頂きました。
金柑何とか甘酒と、何とか焼き芋のダブル。
名前ちゃんと憶えて来たら良かった [あせあせ(飛び散る汗)]


電車乗って帰宅して、洗濯して、片付けして、小腹が空いたので...

グリル六甲の焼きドーナツ

グリル六甲で買ったドーナツを試食。
これって、焼きドーナツなんだよね?
しっとりで美味しかったです。
また買っちゃう [揺れるハート]



--- 今回のコース ---

【岡本~六甲山頂~有馬温泉】
ヤマレコの記録はこちら

阪急岡本駅 (9:14) 出発 → 保久良神社 → 金鳥山 → 風吹岩 → 雨ヶ峠 → 本庄橋跡 → 一軒茶屋 → 六甲山頂 → 有馬温泉 (13:14) 到着

所用時間 : 約4時間54分 (休憩時間約25分含む)


nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

いざ、低酸素トレーニングへ [行くぞネパール!?]

金曜日は午後から大阪で打ち合わせ。
で、そのついでに 低酸素トレーニング を受けて来ました。
もちろんそんなの、初体験。
ワクワク [るんるん]

まずは 好日山荘 グランフロント店へ行き、回数券を購入し、アトラストレック 梅田営業所へ移動。
雑居ビルの隅っこの方、こじんまりとした空間ですが、キレイだし、男女別のロッカー付き更衣室もあって、なかなか良い感じです。

着替えを済ませ、説明を聞いて、書類を書いて、いざ開始 [ダッシュ(走り出すさま)]

まずは低酸素室の中へ。

部屋の中は標高3840m

ガラス戸2枚開けるだけで、高度3840mの世界です(≧▽≦)
最初の30分は椅子に座ってのんびり過ごします。

入ってすぐの血中酸素濃度と心拍数。

血中酸素濃度

外に居るのとほぼ同じ。
だけど、なんとなく頭がモワモワっとします。
痛いとかは無いけど。

時間がたつと徐々に血中酸素濃度が低く。
それを下げないような呼吸法を自分で工夫して、どんな呼吸をするのが一番良いのかを自ら探って行きます。


30分経つと、同じ部屋の中のこちらへ移動。

走りませんよ

もちろん、全力で走ったりはしませんよ。^^;
まずは時速1kmから。

歩き出すと急に血中酸素濃度が下がり始めます。
なので、下がらないように、意識して呼吸をします。
この後、徐々に速度を上げて2.5km/h まで。
なんとか自分に合った呼吸法を見つけられたか、最後の方は平地の値とほぼ変わらない状態をキープ出来ました。
頭痛もなく、トレーナーのお兄さんから 「これなら大丈夫ですよ!」 とお墨付きを頂戴しました。
ヤッター [グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]


この後は高酸素室で15分休憩。

仕上げの高酸素室酸素たっぷり30%越えです。
高酸素カプセルとかも、こんな感じなのかな?

さすが高酸素室
血中酸素濃度もぐんぐん上がってました。

が、特に何も実感はなく...
終了。


これ受けてカラダがどうこうって言うのは良く解りませんが、なんとなく、何とかなるなって自信だけはつきそうな感じです。^^;
3回分の回数券を購入したので、あと2回通います [ダッシュ(走り出すさま)]


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

akko母、復活か!? [行くぞネパール!?]

壮行会の翌日は、akko母のお供で再び須磨アルプスへ。
akko母、ちょこちょこ山へ行っていたのですが、膝を傷めて一年ほど(?)休んでおりました。
で、そろそろお医者様の許しも出たので行きたいと言い出したのですが...
お友達は皆さん冬眠中だそうで、私がお供をする事になったわけです。^^;

塩屋出発で、膝の具合をみながら行けるところまでと言う事で、出発 [ダッシュ(走り出すさま)]

気温は低いけど、快晴で、なかなか良い日和でした。

400段の階段を登り切って、栂尾山展望台でティータイム。

栂尾山でティータイム

この日のおやつは、コーヒー&ショートブレッド [るんるん]


途中ヒヤッとする事もありながら...
それでもまぁ、順調に東山までたどり着き、ここで終了して板宿へおりる事に。

この下りの道は、お花が色々咲いてて結構楽しいです。
最近いつもチェックしている桜の木も、もう結構花が開いてました。

板宿へおりる道の桜
何桜?
これ、きっと早くに咲く種類の桜なんですよね?
なんて言う桜かな?


あと、登山道をおりきった所に咲いてるコレ。

梅か桃か
何かな?

とってもキレイなんですけど...
しだれ梅?
いや、桃か???
わかりません...
誰か教えてくださ~い [あせあせ(飛び散る汗)]


ネコも落ちてました。

日向ぼっこしてたネコさん

日向ぼっこ。
舌が出てますよ~


akko母、気が先走るタイプなので、なんだか必死に速く歩こうとしていましたが、パワーが追い付かず...
と言う感じで、ハラハラする場面も何ヵ所かありましたが、なんとか歩けてました。
膝はもう問題ないようなので、春にお友達と歩き始めたら、そのうちしっかり歩けるようになると思われます。
まぁ、もうお歳なので、速さよりも、安全に歩くと言う技も身に着けて欲しいような気もしますが... ^^;



--- 今回のコース ---

【塩屋 ~ 須磨アルプス ~ 板宿】
ヤマレコの記録はこちら

塩屋駅 (9:22) 出発 → 旗振山 → 栂尾山 → 横尾山 → 馬の背 → 東山 → 板宿 (12:50) 到着

所用時間 : 約3時間28分 (休憩時間約17分含む)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

akko壮行会!? [行くぞネパール!?]

土曜日は、akko旅立ち前 (?) の、壮行会と言う事で、朝からお山へ。
いつもとは逆コースで、新長田出発で、塩屋までです。

朝の高取山って初めてだったけど、すっごくニャンコがいっぱい [揺れるハート]

狐様の前で...

狐様とニャンコ

完全無視でした [たらーっ(汗)]


正面から忙しそうに歩いて来たけど...

足早に過ぎてくサビにゃんこ

やっぱり素通り [たらーっ(汗)]


茶トラも呼んでも振り返らず...

茶トラのガン無視にゃんこ


サバ白ちゃんが...

サバ白ぺろりんニャンコ

やっと反応してくれた!
毛繕い中で、ぺろちんちょです [るんるん]


この子は寄って来てくれた子。

声の可愛いニャンコ

渋い顔してますが、声は超カワイイ系です。


あと、足元に居たのに全く気付かなかった...

お地蔵さんのようなニャンコ

お地蔵さんのように動かないニャンコ。

まだまだ居たけど、とりあえず撮れた子だけ。
どんだけ居るんだ [あせあせ(飛び散る汗)]


高取神社前、到着!

高取山より

なんだかどんより... [曇り]

荒熊神社そして、荒熊神社。


yamaさんが後ろから盗撮してた (≧▽≦)


この後ずんずん進んで、東山でおにぎり食べてたら、急に寒くなって霧雨が... [小雨]

なんだかちょっとへこたれそうになりましたが、YMCAのおチビちゃんがいっぱい馬の背に居て、元気に頑張っていたので励まされました。^^;

で、おらが茶屋集会所でティータイム。

おらが茶屋集会所のマスコット初めて気付きました...

こんなマスコットが居たなんて!


レッサーパンダくん
可愛がってあげてネ
いじめないで!!


と、ドラえもんが申しております。



塩屋へ下山後は西明石へ移動し、ユーロバル・オオシマ で壮行会 (飲みの部)。

壮行会してもらっちゃった

シェフがご愛嬌で出してくれた手羽カラが、妙に美味しかった... ^^;

手羽カラ♪


みなさま、どうもありがとうございました & ご馳走さま [揺れるハート]
ちゃんと無事帰って参りますよ~ (^^)/



--- 今回のコース ---

【新長田 ~ 須磨アルプス ~ 塩屋】
ヤマレコの記録はこちら

新長田駅 (9:58) 出発 → 高取山 → 荒熊神社 → 妙法寺 → 東山 → 馬の背 → 横尾山 → 栂尾山 → おらが茶屋 → 旗振山 → 塩屋駅 (15:29) 到着

所用時間 : 約5時間31分 (休憩時間約30分含む)


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | 次の10件 行くぞネパール!? ブログトップ