So-net無料ブログ作成
検索選択
行くぞネパール!? ブログトップ
前の10件 | -

六甲半縦走(前半)にチャレンジ [行くぞネパール!?]

ロハスミーツでカロリーオーバーだった翌日は、須磨浦公園から市ヶ原までの、六甲縦走の前半に初トライしました。
今まで一気に行った事があるのは鵯越駅まで。
その先は一度だけ、鵯越駅スタートで行った事があるくらい。
この一年でだいぶ体力もついて来たけど、どんな感じかな???

山歩きを始めた初日からお世話になってる、yamatomo のF隊長と鬼軍曹に引率をお願いして、いざ出発です [ダッシュ(走り出すさま)]

道中、気持ちに余裕なく、写真は無し [たらーっ(汗)]


とりあえず、高取山まで来てちょっと休憩。

高取山のニャンコ

ココで三時間ぐらいだったかな?
ここから先が大変だ [あせあせ(飛び散る汗)]


...と、途中菊水山の山頂でおにぎり食べて、約6時間半で市ヶ原に到着致しました~ [グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

F隊長と市ヶ原にて、初・半縦走の記念撮影。

F隊長と...

鬼軍曹と
鬼軍曹。

お陰様でそんなにバテバテにもならず、無事に完歩出来ました。
どうもありがとうございました!


で、三ノ宮にて打ち上げ [るんるん]

打ち上げ
お造り盛り

隊長の持ってたクーポンのおかげで、ゴージャスなお造り盛りをお安く頂けました [揺れるハート]



後半も練習したいけど...
これからどんどん暑くなるし、悩むところです [たらーっ(汗)]




--- 今回のコース ---

【六甲半縦走、初トライ】
ヤマレコの記録はこちら

山陽須磨浦公園駅 (7:11) 出発 → 旗振山 → 栂尾山 → 横尾山 → 馬の背 → 東山 → 高取山 → 鵯越駅 → 菊水山 → 鍋蓋山 → 桜茶屋(市ヶ原) → 布引貯水池 → 布引の滝 → JR新神戸駅 (14:03) 到着

所用時間 : 約6時間52分 (休憩時間約33分含む)


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初・大山トレッキング [行くぞネパール!?]

朝6時、支度を整えて、いざ出発 [ダッシュ(走り出すさま)]

出発

もう結構明るいです。

大山寺橋より大山を臨む

大山寺橋の袂より、大山を。
今日は右側の尾根伝いに頂上まで行く予定です。

夏山登山口南光河原駐車場で登山届を出して (出してもらって)、夏山登山口よりスタートです。

ここら辺にも、スミレやミヤマカタバミなんかが可愛く咲いてました。

スタートしてからしばらくは、お寺のような、石の階段が続きます。

最初は石の階段

一合目
一合目。

二合目
二合目。

この辺りから階段が、石ではなく、丸太で土をとめたようなのに変わります。

チラホラ残雪が見え始めます。

雪が残ってる

三合目
三合目。

四合目
四合目。

この辺りから、登山道にも雪がチラホラ現れはじめます。

五合目
五合目。

標高1200m

標高1200m 地点。
登山道の階段が完全に雪に埋もれてます。

毎年この時期にはほぼ雪は無いそうなんですが、今年は雪が多かったので、いっぱい残ってたようです。

六合目
六合目。

雪に埋もれてますね。

ココには避難小屋があります。

避難小屋前あたりから山頂方面を見ると、こんな感じ。

山頂方面を眺める

荒々しい山肌に白い雪が残って、とってもキレイです [ぴかぴか(新しい)]

さて、ここから更に雪が増えますよー
行く手を見上げるとこんな感じ。

雪がすごい

下を見るとこんな感じ。

苦戦してますか?

気合を入れて、ストック調整中。

キックステップがなかなか上手に出来ず、ちょっと疲れました [あせあせ(飛び散る汗)]
が、後半は随分慣れて来て、まあまあ上手に出来たかな?

階段は続く

雪が無いところは、石を金網で固定したような階段、もしくは岩です。
延々続きます。
この辺り、慣れない雪でちょっと体力を消耗したあとと言うのもあって、ちょっとしんどいです。

七合目
七合目。


下を見ると、雪の残る階段をいっぱい登って来てました。
さすがGW。
しかもお天気良いし [晴れ]
大山も大賑わいです。

下を見ると

八合目
八合目。

ここを過ぎると、今度は木道です。


この日の頂上は、なんと風速20m。
すっごい強風です。
油断するとヨタヨタっとなって木道から落ちてしまいそうです。

ここからは木道

木道の両サイドにはダイセンキャラボクがいっぱい茂ってます。

ダイセンキャラボクの中を進む

この辺り、一時登山客に踏み荒らされて、ハゲ山状態になっていたそうです。
そこから緑を復活させるため、木道を整備して、『一木一石運動』 で、崩落した石を登山者がひとつずつ山頂に持ってあがり、浸食溝を埋めたり、植物の苗を植えたりして、徐々にこのような青々した状態に戻して行ったそうです。
今はハゲ山だった頃は想像できません。
人の力も、自然の力も、スゴイね。

九合目
そんな木道の脇に、九合目発見!

山頂が見えてきました

正面に山頂が見えて来ました。

山頂避難小屋

山頂避難小屋の横を通って、弥山山頂 (1,709m) に到着です。

弥山山頂到着

本当の山頂はこの先、剣ヶ峰 (1,729m) ですが、現在は立ち入り禁止。
地震の影響 (だったかな?) で、道が崩落してキケンなのだそうです。

剣ヶ峰は立ち入り禁止

山頂よりの展望
※ 写真をクリックすると、別画面に拡大表示します。

避難小屋へ

強風の中、避難小屋までおりて休憩。
小屋には売店もお手洗いもあります。

ガイドの shin ちゃんがコーヒー淹れてくれました [喫茶店]
気温はそんなに低くないけど、風が強いので、結構体温を奪われてました。
あったかいコーヒーがしみる~

下山

帰りも同じ道を。
途中、残雪のいっぱい残ってる所で、尻スキー(?)とかして楽しみました [るんるん]
お尻冷たかったけど、楽しかった [グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]



宮本旅館お昼すぎに下山して、宮本旅館 でランチ。

みんな揃って、冷やし山かけ蕎麦。

冷やし山かけ蕎麦

この後寿庵さんでお茶して、温泉入ってサッパリして、帰路につきました。




車を停めてた場所まで送ってもらう道中、南側からの大山がキレイに見える所へ連れて行ってもらいました。

南側より見た大山

こっちから見ると、ちょっと富士山っぽいカタチですよね。
見る方向によって、全然違うんですよねー
キレイです [ぴかぴか(新しい)]




 今回お世話になった登山ガイドさんはこちら
  ⇒ 西日本登山ガイドサービス

 諸々要望に応じてコースを組んでもらえますので、興味のある方はぜひ [るんるん]







--- 今回のコース ---

【春の伯耆大山】
ヤマレコの記録はこちら

夏山登山口 (6:16) 出発 → 行者谷分かれ → 六合目避難小屋 → 大山山頂 → 大山山頂避難小屋 → 石室 → 六合目避難小屋 → 行者谷分かれ → 南光河原駐車場 (13:03) 到着

所用時間 : 約6時間47分 (休憩時間約1時間29分含む)


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カタクリを見に♪ [行くぞネパール!?]

ジャージーランドのあとは、西日本登山ガイドサービス さんと合流して、擬宝珠山へ。
今回のお山は、慣れない土地だし、短い時間で最大限楽しみたいと言う事で、登山ガイドさんへ依頼してガイド山行です。

擬宝珠山山頂休暇村奥大山 の駐車場に車を停めて、30分ほど登ると頂上です。

途中、スミレとかの小さなお花を色々見る事が出来ました。
写真撮るのをすっかり忘れてましたが... ^^;

擬宝珠山山頂より.jpg
※ クリックすると、別画面で大きくパノラマ写真を表示します。

見晴らし良いです [ぴかぴか(新しい)]


頂上から下山する道沿いにカタクリが [るんるん]

カタクリ01

上の方はまだ蕾でチラッと咲いてるくらい。
そこから下に下りて行くと、徐々にお花が増えて来ました。

カタクリ02
カタクリ03
カタクリ04

お花の写真って、難しい...
なんだかピンボケな写真ばっかり撮ってしまった [たらーっ(汗)]

でも、見たかったカタクリのお花畑を堪能出来たので、満足 [グッド(上向き矢印)]


下りて来て湿原の中を散策して、この日のトレッキングは終了。

烏ヶ山

湿原より烏ヶ山がキレイに見えました。
(烏ヶ山であってる???)



この後、この日の宿泊場所である ゲストハウス寿庵 さんへ移動。
到着後、とりあえずご近所にある温泉へ。

大山寺の夕方

夕陽がキレイ [揺れるハート]


そして、キッチンをお借りして夕飯準備。
宴会スタートです [ダッシュ(走り出すさま)]

晩餐会

サラダと、チキンのいっぱい入ったトマトソースパスタ。
あと、登山ガイドの Shin ちゃんが自宅裏山で採って来てくれた山菜を天ぷらにして [るんるん]

大宴会

この日のお客さんがどんどん集まって来て、気付けば大宴会。
一期一会。
とっても楽しかったです [ビール]


さて、明日はいよいよ大山山頂(弥山)まで登りますよー




--- つづく ---


寿庵さん、お掃除もキレイにしてあって、お布団も気持ち良くて、とっても快適でした!
男女別ドミトリールームもあるし、ひとりでも安心でおススメです。




nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

森林植物園へ [行くぞネパール!?]

土曜日は、靴を新調したフーミンと靴ならしで 森林植物園 へ。
せっかくなので、山を楽しむ会の皆さんにもアナウンスして、一緒に行って来ました。

布引の滝

新神戸からスタートして、布引の滝へ。
前日の朝に雨が降ったからか、水量多目。
朝日が良い感じでさして、いつもより何だかキレイに見えました。^^


五本松かくれ滝も、ぜんぜん隠れてない!

五本松かくれ滝

水の少ない時は水たまりみたいな滝壺も、キレイな水がたっぷりで、涼しげです。


紅葉茶屋まで行くと、建物手前にネコさんが [るんるん]

紅葉茶屋のネコさん

ネコさんの向こう、ガラス越しにいつもの看板犬と目があいました。
そしたら、「あっ [揺れるハート]」 って感じで出て来てスリスリしてくれました。
ようやく私の顔を覚えてくれたかな??? ^^


トゥエンティクロスを通って、森林植物園方面へ。

河童橋を渡るMさん

河童橋を渡るMさん。


砂防ダムも、水のカーテンがキレイ [ぴかぴか(新しい)]

砂防ダム


東門手前、川を渡る飛び石が、結構水没状態でドキドキでした。
ギリギリ渡れる感じで、何とか公園へ入れました。

ツツジがいっぱい

園内にはツツジがいっぱい咲いてました。


他にもボケや...

ボケ


ヤマブキが。

ヤマブキ


シャクナゲはまだ一割程度の開花かな?

シャクナゲ

ただ、しっかり膨らんだ蕾がぎっしりでした。
GWには結構咲くかも?


ル・ピック 手前の花壇には...

カタクリカタクリが一輪だけ、頑張って咲いてました。


暑くなりそうだったので、お弁当は保冷バッグ&保冷剤で冷たいのを。

お弁当

チーズスプレッドを塗ったレーズンくるみパンで、ベーコンと玉子焼き、キャロットラペを挟んだサンドイッチと、冷たいトマト [るんるん]

ミルクたっぷりカフェオレル・ピックに寄り道して、弓削牧場のミルクたっぷりなカフェ・オレを頂いて、再度山経由で元町方面へおりました。


下山後は、元町駅近くの居酒屋でお疲れさま会 [ビール]

乾杯距離は結構歩いたけど、今回はなだらかな道が多かったからか、皆さんそんなに疲れずに楽しめたようです。
たまにはこう言うのも良いですね。^^



--- 今回のコース ---

【新神戸 ~ 森林植物園 ~ 元町】
ヤマレコの記録はこちら

JR新神戸駅 (9:14) 出発 → 布引の滝 → 桜茶屋 → 天狗道分岐点 → 森林植物園 (ランチ休憩) → 再度山荘 → JR元町駅 (14:15) 到着

所用時間 : 約5時間01分 (休憩時間約17分含む)


nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

高御位山へハイキング [行くぞネパール!?]

先週の金曜日、有休とって、出張で関西へ来ていた Shin ちゃんと高御位山へ。
うちから車ですぐに行けるのに、はじめて行きました。

朝から小雨が降っていたので、どうかなーって感じでしたが、出発前には無事やんで、ちょっと曇ってるけど、暑すぎず、良い感じの気温になりました。^^


阿弥陀新池駐車場に車を停めて、西へてくてく。

鹿島神社と鷹ノ巣山

鹿島神社が見えて来ました。
今回はココから登って東の方へ歩きたいと思います。

でっかい鳥居それにしても、でっかい鳥居です...
チタンで出来てるらしいですよ。


でっかい鳥居のあとは、普通の石の鳥居をくぐって、本堂へ。

本殿でお参り

今日の安全を祈願して、とりあえずお詣り。

本殿横の鳥居が登山口です登山口はこの本殿に向かって左手、赤い鳥居の階段です。

チタンより、こっちの鳥居の方が好き (≧▽≦)


しばし登ると右手へ折れて、岩の道へ。
その先に展望台があります。

展望台


百間岩です。

百間岩

登るのは良いけど、おりるのはちょっとコワそう...


上の方へ行くと、尾根がずっと見渡せます。

尾根が見渡せます


鷹ノ巣山の頂上へ。

鷹ノ巣山から高御位山を

高御位山の方を見ると、これから歩く道がずーっと見えます。


ツツジがキレイ

ツツジが満開で、とってもキレイ [ぴかぴか(新しい)]

この写真じゃちょっと解りにくいけど、斜面も全体にツツジ色です。

斜面がピンク


下には桜並木もキレイに見えます。

ツツジの向こうに桜並木


と、そんな写真を撮る私 [わーい(嬉しい顔)]

桜並木を撮る私.jpg


高御位山の山頂に到着 [るんるん]

山頂到着
高御位神社


歩いて来たところが、グルっと見渡せます。
なんだか面白い [るんるん]

見晴らし良いです


すごい所に見えるかなきゃっほー [揺れるハート]

なんだかスゴイ所に立っているように見えますか???
実はココはそんなに怖くない場所です。
端の方は怖くて立てませんでした [あせあせ(飛び散る汗)]


この日のお弁当は、鮭と昆布のおにぎりに、唐揚げなど。

岩のベンチでお弁当

こんな見晴らしの良い場所でランチ出来るなんて、最高です [グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

近いし、またちょくちょく来てみたいと思います。^^




ところで...

クライマーがおりました。クライミングの練習してました。
めっちゃ見学してしまいました。^^;

楽しそうだけど、やっぱりちょっとコワイかな [ふらふら]



--- 今回のコース ---

【鹿島神社 ~ 高御位山 ~ 長尾登山口】
ヤマレコの記録はこちら

阿弥陀新池駐車場 (10:04) 出発 → 鹿島神社 → 百間岩 → 鷹ノ巣山 → 高御位山 (ランチ休憩) → 長尾登山口 → 阿弥陀新池駐車場 (14:33) 到着

所用時間 : 約4時間29分 (休憩時間約1時間33分含む)


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

春なのに、雪!? [行くぞネパール!?]

日曜日、『山を楽しむ会』 のメンバーで、芦屋川から六甲山頂経由、有馬温泉まで行って来ました。
今回は職場の友で、ゴルフの友でもあるフーミンも参戦です。


朝9時頃、芦屋川を出発。

春。
しかも、お天気の良い日曜日。
ハイキングラッシュで、ロックガーデン辺りは前に進めぬほど渋滞しておりました... [あせあせ(飛び散る汗)]

風吹岩到着。

風吹山の上から

暑いぐらいの陽気です。


が...

椿

須磨辺りではもう終わってる椿が、ちょうど満開。
やっぱり六甲山の方が高い分、少し気温が低いのでしょうか?


と、途中まではすっかり春の気分でしたが、山頂が近付くと...

雪が残ってる

雪が!
どうも前日降ったようです。

一軒茶屋付近はかなり雪が残ってました。

と、ここでランチ休憩。

ポトフ

スープジャーでポトフを持って行っていましたが、コレ食べても、どんどんカラダが冷えて行く...
気温もかなり低かったようで、昼過ぎでも、残った雪は解ける気配なし。
手もすっかりかじかんでしまいました。


この後有馬で温泉に入り、やっと生き返りました [いい気分(温泉)]

そしていつものハイカーセット。

ハイカーセット


初参戦のフーミンでしたが、普通にさっさと歩いておりました。
さすがです!

が... 翌日は筋肉痛だったみたい。うふふ




--- 今回のコース ---

【芦屋川 ~ 六甲山頂 ~ 有馬温泉】
ヤマレコの記録はこちら

芦屋川駅 (9:05) 出発 → 高座の滝 → 風吹岩 → 雨ヶ峠 → 一軒茶屋 → 六甲山頂 → 一軒茶屋 → 有馬温泉 (14:18) 到着

所用時間 : 約5時間13分 (休憩時間約53分含む)


nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

帰国後第一弾は須磨アルプスへ [行くぞネパール!?]

旅行記を先にUPしてたので、一週間ほど前の話になりますが...


帰国後第一回目の山登り。
須磨アルプスへ行って来ました。

前の週に、山友さんに付き合ってお買物へ行ったら、勢い余って靴を買ってしまいまして...

新しい靴モンベルの、タイオガブーツ ナロー です。

私、足幅が狭くって、Cなのです...
でも、普通の靴ってEとかEEなんですよね。
これは幅狭タイプなんだけど、それでもD~E相当だそうです。
ただ、足を入れると、明らかに他のよりフィットしてたので、思わず買ってしまったのでした。^^;

ってコトで、ご近所山友 (飲み友?) のお2人にお付き合い頂き、久々に汗いっぱいかいて歩いて来ました [ダッシュ(走り出すさま)]


旗振山から明石海峡大橋。
ちょっと曇ってる?

旗振山

鉄拐山
鉄拐山に登ったら、なんか、木がいっぱい切られてて、びっくりするぐらい見晴らしが良くなってた!
こんなに切っちゃって、大丈夫なのかな???

鉄拐山より


高倉台の団地を抜けて、歩道橋を渡った突き当りぐらいに、なんだかいっぱい花が咲いてました。

栂尾山の階段手前が満開
何の花かな?

これ、なんの花かな???


栂尾山の見晴らし台でコーヒー休憩

栂尾山の見晴らし台の上で、W氏がコーヒー淹れてくれました。
あと、パンももらって、おやつタイム [るんるん]


この後高取山を越えて新長田へおりました。

屋根の上でプロレスごっこ

高取山の茶店の屋根で、子猫がプロレスごっこしてました [揺れるハート]


シメはいつものたこ焼きで

〆はいつもの、たこ焼き 風風 さんで。


今まで軽々な靴をはいてたので、なんだか足が重かった [あせあせ(飛び散る汗)]
お尻が筋肉痛になりましたよ。
これでヒップアップできるかしら???



--- 今回のコース ---

【須磨アルプス】
ヤマレコの記録はこちら

JR須磨駅 (9:08) 出発 → 須磨浦公園駅 → 旗振山 → 鉄拐山 → おらが茶屋 → 栂尾山 → 馬の背 → 東山 → 妙法寺 → 荒熊神社 → 高取山 → たこ焼き風風 (13:11) 到着

所用時間 : 約4時間03分 (休憩時間約19分含む)


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ネパール旅行記 -その12 (最終回) [行くぞネパール!?]

オプショナルツアー終了後、もともとこの日は別行動だったF夫妻のほか、T夫妻は荷物の片付け、H夫妻はちょっと疲れたので休みますと、みなさまお部屋へ引きこもり...
残った私とM氏は、ノースフェイスでお買物して、プールサイドでリゾートごっこ。

リゾートごっこ

プールの水はそんなに茶色くないような?
こんな立派なプールがあるなら、次に来る機会があったら、水着持って来なきゃね。^^

ココでこうしてのんびりしてると、暇なのか、ホテルのスタッフがやって来て、スパはどうだとか、マッサージするかとか、色々声を掛けて来ます。

で、M氏がふざけて 「ハネムーンだ」 とか言ったらば、その後注文したカプチーノが...

ハート満載カプチーノ

ハートいっぱいになってました (≧▽≦)



この後部屋に帰って、明日のための荷造り。

日が沈むー

日が沈むよー
最後の夜だよー
なんか、あっと言う間だったね。


夕飯はエベレスト・サミッターたちが集まると言うバーへ連れてってもらいました。

ラム・ドゥードゥル

ラム・ドゥードゥルです。

天井からいっぱいぶら下がってる

なんか、天井からいっぱいぶら下がってますね。


サインがいっぱい

店内の壁面には、サミッターたちのサインがいっぱい。
こんなにいっぱい居るのか...
ビックリです。


田部井淳子さん

田部井淳子さんに...


植村直己さん

兵庫県の星 (?)、植村直己さん!

なんか、すごいねー
植村さんもここに来たんだね。


乾杯!

年長者チームはもう疲れたそうで、F夫妻とM氏、私の4人だけですが、とりあえず、今回の旅に乾杯です!


ディナー

ピザもサラダも何となくネパール風?
でも、普通に美味しいです!


ところで...

ココに入れてもらいましょう

天井からぶら下がってるのは、イエティ (雪男) の足型です。
これは、エベレストに登ってなくても、お客さんなら誰だって色々描きこんで、ココに一緒に吊るしてくれるのだとか。

と言う事で...

書いたよ!

私たちも [グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

こんなにいっぱいだから、次に来た時に見つけたりは難しいかな [あせあせ(飛び散る汗)]
でも、なんだかココに混ぜてもらえるのがうれしいね。



【3月14日】

とうとう帰りますよ。
出発の準備をして、ホテルの部屋の窓から外を見てたら、下にあるスパ棟の屋根を勢いよく何かが走って来て、木に飛び乗りました!

リス

リスです!
ちょっと興奮していっぱい写真を撮ってしまいました。^^;


出立します13:55、カトマンズを出立。
約3時間半の空の旅です。

タイへ

夕方、トランジットの地、バンコクへ到着。
日本への便は23時過ぎ。
諸々の手続きをしても、数時間待たなくてはいけません。

...と、言うコトで。

シンハー空港内のタイ料理屋さんで、最後の晩餐 [ビール]
トムヤムクンに、カレーに、サテに、いっぱい食べて、飲んで、大騒ぎ [るんるん]

食べてます!

いやー、楽しかったです。


しっかりデザートも

最後、しっかりデザートまで。
時間いっぱい盛りあがりました。


そしてココで、新千歳行きの便に乗るF夫妻、羽田行きの便に乗るT夫妻とはお別れ。
また一緒に登りましょうとお約束。
きっとまた会えますね。^^


【3月15日】

早朝に関空着。
到着ロビーを出て、H夫妻、M氏とお別れ。



ツアー参加者の皆さま

今回ご一緒させて頂いた皆様。
次の仕事のため、先に山を下りたアシスタントガイドさんと、カメラマンをしてくださった山岳ガイドで添乗員のM氏は写っていませんが...

皆さま、本当にお世話になりました。
おかげさまで楽しい旅となり、本当に感謝致します [揺れるハート]



さて、次はいつ行こうか [exclamation&question]
やっぱりリベンジしなきゃね ^^



nice!(6)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

ネパール旅行記 -その11 [行くぞネパール!?]

【3月13日】

この日は天候不良で下山出来なかった場合の予備日です。
昨日無事下りて来たので、めでたく終日フリーです!

ネパールで行ってみたかった場所。
それは、世界遺産の町、バクタプル!
無事おりて来れたら、この日は1人でもココへ行くぞと決めてました。

T夫妻、H夫妻とも、この日の計画は立てていなかったそうで、じゃあ一緒に行きましょうと言う事で、オプショナルツアーにして頂きました。
バスが若干不安だったので、良かったかも。
しかも、日本語で解説してくれるガイドさん付き [るんるん]


町の東。
Chaymasing と言うバス停のあたりかな?
車から降ろしてもらって、出発です!

バクタプルへ町に入ってまず目に入るのは、地震の被害です。
いたる所が崩れてます。
痛々しい...

崩れてます
工事してます

皆さん修理作業を頑張っておられました。
手作業ですもんね。
そりゃ、時間かかりますね。

バクタプル・ナラ・ロードを西へ進み、Wood Carving Museum へ。

木彫博物館?

木彫博物館?
どう見ても、ただのお土産屋さんですが...

昔はヒンドゥー教の僧院だった建物で、プジャリ・マートと言うらしいです。


孔雀窓のある壁面

この建物の東側の壁面。


孔雀窓

有名な孔雀窓があります。
15世紀頃作られた物で、ネパール工芸美術の最高傑作と言われているそうです。

この壁も地震でかなりの被害があったようですが、ココはもう修復されていました。
幸いこの窓は無傷だったようです。
良かった!


ニワトリで、なぜかこの横の窓に、生きたニワトリが。


でっかい!

なんでそんな高いところに居るの???


博物館の前にあるタチュパル広場には、ダッタトラヤ寺院があります。
15世紀の建物だそうです。

ダッタトラヤ寺院

ヒンドゥー教の神様、ダッタトラヤ (ビシュヌ神の化身?) をお祀りしているらしい。


お供え物なヤギ

前に建ってる石柱の台座に、ヤギが...
お願いを叶えてもらった人からのお供え物だとか。
食べちゃうのかと思ったら、そうでは無いらしいです。
このヤギさんは、この後一体どうなるのでしょう???

なんか、やっぱり食べられちゃうような気がするのは、私だけ? ^^;


バクタプルは煉瓦の生産でも有名な町で、建物だけじゃなく、道もこんな感じです。

煉瓦の道

石畳ならぬ、煉瓦畳?
歩きやすいように見えて、結構歩きにくい。


つっかえ棒だらけ町の中は至る所つっかえ棒だらけ...

しかし、こんな細い棒で大丈夫なのかな?


と、アチコチ傷んではいますが、皆さん普通に暮らしておられます。

魚屋さん
果物屋さん

魚屋さんに、移動果物屋さん。
他にもお店がいっぱい。
活気あふれてます!


タックヒマラ・ロードを南下すると、トゥマディー広場へ。

トゥマディー広場


ここで、ゆっくり歩いて来る年長チームの皆さんを待っていると、何やら生バンドの演奏が聞こえて来ました。

結婚式

音のする方を見ていると、結婚式のパレードがやって来ましたよ。
楽団の後ろの車の中に、新郎新婦が乗っています。


すごい人数

切れ目なく、ゾロゾロとやって来ます。
すごい人数!
一体何人いるの???

手を振ってくれた

バイクでの参列もかなり多い!
お父さんのバイクの後ろに乗せられてる子に手を振ったら、返してくれました [るんるん]


アッと言う間に広場が満員

あっと言う間に、広場が埋まりました...
一通り演奏して、またどこかへ行進して行きました。


この広場にはニャタポラ寺院があります。

ニャタポラ寺院

ネパールで一番高い寺院で、30mあるそうです。
「ニャタポラ」 とは 「五重の屋根」 という意味らしいです。
5段の基壇と、5層の塔。
このガッチリした基壇のおかげで、地震の時も大丈夫だったとか。


山車の準備

お祭りがあるそうで、山車の準備をしていました。
すごい車輪...
どんなデッカイ山車なんでしょうね [あせあせ(飛び散る汗)]


守護神

石段には守護神の石像が。
下から順に、人間の10倍の力を持つ伝説の戦士、ジャヤ・マッラとパッタ・マッラ、象、獅子、グリフィン (鷲 (鷹?) の翼と上半身+ライオンの下半身の、伝説上の生物)、女神です。
石段を一段上がるごとに、パワーが10倍UP?
そんな感じみたいです。
本尊はシッディ・ラクシュミと言う女神様。
すごいパワーの持ち主らしいです。

中は入れませんが、上には上がれます。

登ってみた

ちょっとコワイ [あせあせ(飛び散る汗)]


彫刻

あちこちに細かい彫刻が施してあります。


カフェ・ニャタポラへ移動します

ここから真ん中ちょっと左に見える建物は、カフェ・ニャタポラです。
次はあそこへ移動して、ランチです [るんるん]


見晴らし最高.jpg

3階ぐらいだったかな?
見晴らし良いです!
オープンなのが気持ち良い。

っと、広場を眺めていると...

また結婚式

また結婚式!
お日柄が良かったのでしょうか?


昼飲み最高とりあえず、お決まりのエベレストビール!

ポカポカ陽気のオープンカフェで、昼飲み出来る幸せ... [揺れるハート]
そんな幸せも今日までですよ。 ^^;

フレンチフライ
ビリヤニ

M氏の注文したフライドポテトをおつまみにつまませて頂きながら、食事はビリヤニを注文してみました。
ビリヤニはインドの炊き込みご飯だっけ? 炒飯では無いよね?
ネパールでも良く食べるのかな?
具沢山で美味しかったです!
でも、ほぼ二人前な量で、途中でギブアップ... [たらーっ(汗)]


食事の後はダルバール広場へ。

ダルバール広場


広場にあるパシュパティナート寺院には...

ちょっとエッチな彫刻

良く見ると、ちょっとエッチな彫刻が満載です。
チベット仏教の影響?
現地ガイドさんの話によると、昔は女の人が家の外で誰かとお話しする機会が少なかったので、お詣りに来て、コレ見て勉強したんだとか...
ほんとに???
とりあえず、作った人は大真面目なので、真剣に見学しましょう。^^;


こちらはそのすぐ近く。
ヴァツサラ寺院です。

ヴァツサラ寺院

地震で塔が崩壊したようです。

修復中

おじさんが修復作業中。
これは、かなり時間がかかりそう...


何の花かな?

広場の西、観光案内所の手前に、キレイな花が咲いてました。
何の花かな?


ライオン・ゲートを出てすぐ右手、Jaya Co Refreshing で、バクタプルに来て一番食べたかった物を頂きました [るんるん]

ズーズーダウ

ズーズーダウ。
バクタプルで作られているヨーグルトです。
ヨーグルトの王様らしいです。
陶器の容器で作られています。
容器は使い捨て。
この容器のせいか、ほどよく水分が抜けて、レアチーズケーキのようです。
お店によって味が違うのかな?
ココのは柑橘系の香りと甘み付き。
全くもって、レアチーズケーキです。
うまいっ!


と、満足してバクタプルを去った akko でありました。




--- つづく ---



車に向かう道中の土産物屋で、見覚えのある顔に遭遇。

色あせたドラえもん

なんか、色あせちゃってるね...




nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

ネパール旅行記 -その10 [行くぞネパール!?]

カトマンズに戻って来た3月12日は、ヒンドゥー教の、春の到来をお祝いするホーリー祭の日でした。
朝早くに下りて来たので、最初はそうでもなかったけど、ホテルに帰って来た頃からどんどん騒がしく。

ホテルのお庭が大変な事に

ホテルのお庭もパーティー会場と化しており、ズンチャカ ズンチャカ 大騒ぎですよ [あせあせ(飛び散る汗)]
このお祭りでは、みんなが色粉と水を掛け合うので、この会場でもピンクに青に紫に、色んな煙幕が立ち上ってました。


町に出ると...

ハッピーホーリー
みんなカラフル

ホレ、この通り。
みんなカラフルになってます。
かなり浮かれてますので、「ハッピーホーリー♪」 と挨拶をするだけで、お友達になれますよ。^^

ネパールの人は基本優しいので、観光客とか、明らかに汚されたくないとか、怖がってるみたいな人には寄って来ません。
自ら寄って行くと、ちょっと控え目に、「かけても良い?」 みたいな感じで様子を伺って来ます。
パーティー会場的な場所にズンズン入って行くと、容赦なくやられるみたいですが... ^^;


5日ぶり (だったかな?) にシャワーしてスッキリした後は、みんなで車に乗ってお出かけ。

藤や桃(?)が咲いてます
Sunset View Hotel

Sunset View Hotel です。
花盛り。
藤や桃 (かな?) も咲いてます。

ヒマラヤ蕎麦処今日のお昼ごはんは、ココで。
信州で修行したネパール人大将が、ネパールの蕎麦を使って打ってくれると言う、ヒマラヤ蕎麦処です。

蕎麦屋なのか全然そば屋っぽくないけど...
蕎麦処です。

とりあえずとりあえず、朝の絶景と、無事下山を祝して、乾杯!

おススメの蕎麦定食 (だったかな?) を頂きます。

蕎麦定食

蕎麦に天ぷら、蕎麦がき、蕎麦団子、揚げ蕎麦、蕎麦羊羹。
盛りだくさん [グッド(上向き矢印)]
しかも、どれも美味しい!

あと、ネパールにはお腹いっぱいになるまでおかわりさせてくれる文化があるんですが、こちらでも、茹でたお蕎麦も盛った笊を手に、「おかわりいりますか?」 って、まわって来てくれます。
で、欲しい分だけ追加で入れてもらえます。


この後、ネットで見てちょっと気になってたお店があるので、タメル地区を散策。
よく解らないけど、ウロウロしてみたいと言うT夫妻を伴って、ホーリーで賑わう町をウロウロ。

残念ながら、お目当てのお店はお祭りのため臨時休業。
ちょっと疲れたから先にホテルへ帰ると言うTご主人を見送り、奥様と二人、ちょっとお茶でもしましょうと言う事に。

カフェMITRAお茶するにも、衛生状態の問題もあるので、どこでもOKと言うわけには行きません。
そんな中、akko の野生の勘で見つけたのが、こちらのお店です。

カフェ MITRA さん。

通りに看板は出ていますが、ちょっと奥まった所に店舗はあります。
入って行って覗くと、外国人の客さんが。
と言う事は、問題無さそうです。^^

テラス席お食事のお客さんが、店内のテーブル席に2組ほど居ました。
私たちはお茶だけだし、なんだかお庭も心地よかったので、テラス席にしました。

静かな箱庭お花の手入れもちゃんとしてあって、建物に囲まれた感じが箱庭みたい。
表はホーリーで賑わってるけど、ちょっと奥まってるので、ここは静かでした。

マサラティー

マサラティー。
一杯100円ぐらい。


看板犬ジョージ

時々、お店の看板犬 (?) のジョージが遊びに来ますよ [るんるん]



レストラン一旦ホテルに戻り、夕飯はネパールの伝統舞踊を見ながらお食事出来ると言うレストランへ。


※ お料理の名前とか調べてて解りましたが、このお店は、カトマンズの先住民族、ネワール族のお料理を提供するお店だったようです。
そう言えば、踊りもネワール族の踊りだって言ってたような???

山盛りポップコーン

テーブルには山盛りのポップコーン。
が、この後食事が始まったら撤収されてしまいました。
いっぱい残ってたのに、どうするんだろう???


ロキシ

食前酒。
米や稗から作られた蒸留酒だそうです。
かなり度数高め!
面白い注ぎ方だったので写真撮ったんですが...
暗くてブレブレでした [ふらふら]


ポテトフライまずは、ポテトフライ。
香辛料とハーブがしっかり効いてます。
衣をつけてあるのかな?
表面がかなりクリスピーな感じでした。
ビールに合います [るんるん]

チキンチョエラこれはチキンチョエラと言うそうです。
焼いた鶏肉に、生のネギやにんにく、生姜などを合わせた物。
かなり刺激的な味です。

モモネパールの餃子、モモ。
カレーソースが付いてました。

豆のスープお豆のスープ。
ダルバートのダールとは、また違ってる感じ?

色んな豆入りお豆も色んな種類のミックスでした。
結構あっさりした味付けです。

トマトと唐辛子のアチャールこれは、トマトと唐辛子のアチャール。
アチャールとは、お漬物のような物です。
辛そうだったので、パス。^^;

奈良漬のようなアチャールこちらもアチャール。
奈良漬けのような香りがしました。
ちょっと苦手な感じがしたので、やっぱりパス。^^;

メインはやはり、大皿に色々乗せてくれるスタイルです。

このお皿が欲しい

ごはんに、ジャガイモのカレー、ホウレン草のカレー(クミンの香りがしっかりしてました)、野菜 (味付けなし) です。
どうでも良いけど、このお皿が欲しい!
家でカレー作った時に、これでネパールごっこが出来そう (≧▽≦)


チキンカレーとダール
黒いのが美味しい左がチキンカレー、右がダール (豆カレー。スープって言った方が近い?)。
ダールはネパールの基本食と言っても良いぐらい皆さん食べてるんですけど、この黒いお豆のやつが一番美味しいような気がします。
このお豆、日本でも売ってるのかな?

魚のフライお魚のフライも登場。
もうお腹いっぱい...

ヨーグルトデザートは、フルーツがいっぱい入ったヨーグルト。

食後のマサラティーそして、マサラティーで終了。

食べ過ぎたー

今夜は息苦しさを感じる事もなく、ゆっくり眠れます。
酸素の有難さを実感しつつ、就寝 [眠い(睡眠)]



--- つづく ---

車窓より。

工事

電線工事してるようだけど、どれが何の線とか、絶対わかってないでしょ???




nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 行くぞネパール!? ブログトップ